河北丸の船歴

 年 月 日:船歴

05.12.15:起工 06.04.20:進水、命名:河北丸 06.06.30:竣工、船主:大連汽船株式會社、船籍港:大連、船舶番号:關東州413、信号符字:QNCP、      登録総噸数:3,277、登録純噸数:1,875
--.--.--:大連を起点とする不定期船 08.--.--:信号符字:JKUAに変更 10.--.--:大連−新潟線 10.--.--:登録総噸数:3,310、登録純噸数:2,005に変更 14.--.--:〜04.11蕪湖04.12〜 15.01.30:船主:日本海汽船株式會社、船籍港:東京、船舶番号:46807、信号符字:JDJO、      登録総噸数:3,350に変更 15.12.18:新潟〜羅津〜清津
16.09.01:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
16.09.20:内令第1094号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.09.20:砲艦長:海軍大佐 川越 忠光 16.12.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊大島根據地隊 16.--.--:登録総噸数:3,352、登録純噸数:1,998に変更 16.12.08:瀬相〜      〜12.11 暗岩に触礁〜      〜瀬相 17.01.06:瀬相〜01.06瀬相 17.01.09:瀬相〜01.09瀬相
17.01.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊警備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:警備部隊 17.01.18:瀬相〜01.20佐世保 17.01.27:佐世保〜01.30佐世保 17.01.27:佐世保〜01.30佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:警備部隊 17.02.14:佐世保鎮守府信電令作第27号:      1.佐防戦司令官は左に依り陸軍輸送船の直接護衛を実施せしむべし       (イ)第一船団(六隻、速力14節)、護衛艦:平島刈萱          第二船団(七隻、速力10節)、護衛艦:河北丸、冨津丸       (ロ)護衛艦指揮官 佐防司令       (ハ)集合点 六連島北北西海面       (ニ)出発日 第一船団 17日              第二船団 18日       (ホ)護衛区域 六連より馬公迄       (ヘ)航路 馬公へ直航       (ト)其の他 指揮官所定      2.佐空司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし 17.02.15:佐世保〜02.16門司 17.02.18:(第56師団輸送船団第二船団護衛)門司〜02.18唐津02.20〜02.24馬公 17.02.24:佐鎮信電令作第38号:護衛任務解除 17.02.25:機密第254番電:輸送任務に従事し高雄経由成るべく速やかに帰投 17.02.26:馬公〜02.26高雄03.03〜03.07佐世保 17.02.--:軍隊区分:第一部隊(1)第一小隊(1) 17.03.13:佐鎮信電令作第46号:陸軍輸送船団護衛任務 17.03.14:佐世保〜03.15博多湾 17.03.17:(船団護衛)博多湾〜03.21馬公 17.03.21:佐鎮機密第285番電:護衛任務解除 17.03.23:馬公〜03.24基隆03.27〜04.04六連島沖04.05〜04.05門司04.07〜04.08佐世保 17.04.04:佐鎮海面防備部隊電令作第34号:04.06以後女島西方海面対潜掃蕩:第二掃蕩隊 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.04.12:佐鎮海面防備部隊電令作第36号:       女島及びその290度線90浬並びに各点の200度100浬を結ぶ区域掃蕩 17.04.12:佐世保〜04.18佐世保 17.04.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第35号:掃蕩部隊第一掃蕩隊 17.04.19:将旗を一時掲揚 17.04.22:佐鎮海面防備部隊信電令作第2号:04.25より女島西方海面対潜掃蕩:第三掃蕩隊 17.04.25:将旗撤去 17.04.25:佐世保〜05.05佐世保 17.05.09:佐世保〜05.12富江05.15〜05.15福江05.16〜05.16佐世保 17.05.20:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第36号:掃蕩部隊第三掃蕩隊 17.05.26:佐世保〜05.26富江06.01〜06.02佐世保 17.06.04:佐世保〜06.05唐津湾 17.06.05:(南海支隊輸送船団護衛)唐津湾〜(N20-E133)護衛終了〜06.13佐世保 17.06.25:佐世保〜06.27那覇06.30〜07.02鹿児島07.04〜07.04枕崎07.05〜07.05佐世保 17.07.08:佐世保〜07.08富江07.09〜07.09玉ノ浦07.14〜07.14寺島水道〜07.15佐世保 17.07.25:佐世保〜第2回主砲教練射撃〜07.27佐世保 17.07.26:佐鎮信電令作第79号:陸軍輸送船団5隻を伊万里より上海まで護衛 17.07.29:佐世保〜07.29伊万里 17.07.30:(陸軍船団護衛)伊万里〜08.01呉淞沖08.02〜08.02上海 17.08.06:上海〜08.08佐世保 17.08.13:佐世保〜08.13寺島08.14〜08.14雪浦08.15〜08.15佐世保 17.08.17:佐世保〜08.18玉ノ浦08.19〜08.19富江08.20〜08.20佐世保 17.08.25:佐世保〜08.25雪浦08.26〜08.26寺島08.27〜08.27恵美須湾08.28〜08.28野母崎08.29〜 〜08.29橘湾08.31〜08.31佐世保 17.09.02:佐鎮信電令作第81号:佐世保よりN27-E133まで「しろがね丸」を護衛 17.09.03:佐世保〜      〜09.05特設運送船しろがね丸」の護衛終了〜      〜09.08佐世保 17.09.15:佐世保〜09.15崎戸09.16〜09.16神浦09.16〜09.16志々岐09.17〜09.17名切湾09.18〜      〜09.18富江09.19〜09.19富江09.20〜09.20佐世保 17.09.21:将旗復帰 17.09.23:将旗を一時、特設砲艦第二日正丸」に移揚 17.09.23:佐世保〜09.24佐世保 17.09.24:将旗復帰 17.09.28:佐世保〜10.02佐世保 17.10.08:佐世保〜10.09佐世保 17.10.14:佐世保〜10.17佐世保 17.10.19:将旗を一時、特設砲艦「第二日正丸」に移揚 17.10.24:佐世保海軍工廠にて入渠 17.10.25:将旗復帰 17.10.28:出渠 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊掃蕩部隊 17.11.24:大海指第163号:海軍省配属補給部隊艦船に準じ輸送任務に従事せしむべし 17.11.27:佐世保〜11.27佐世保 17.11.29:佐世保〜11.29佐世保 17.12.--:軍隊区分:掃蕩部隊第四掃蕩隊 17.12.15:佐世保〜12.17青島12.23〜12.25佐世保 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:海軍省配属補給部隊に準じ輸送任務 18.01.01:大海指第183号:大海指第163号より河北丸を削除
18.01.01:除籍:内令第3号 18.01.01:入籍:内令第4号:特設運送艦、佐世保鎮守府所管
18.01.01:戦時編制:海軍省配属佐世保鎮守府所属雑用艦 18.01.01:特務艦長:海軍大佐 川越 忠光 18.01.12:佐世保〜01.15芝浦01.17〜01.17横須賀 18.01.--:第四防空隊乗船 18.01.23:横須賀〜      〜01.24 御蔵島沖にて荒天の為、「第十八號掃海艇」の護衛終了〜      〜02.02トラック 18.02.07:トラック〜02.10カビエン02.10〜02.11ラバウル 18.02.19:ラバウル〜02.21ブイン02.21〜02.21ショートランド 18.02.23:ショートランド〜02.23ブイン02.25〜02.27ラバウル 18.03.02:ラバウル〜03.06トラック 18.03.08:トラック〜03.10サイパン03.19〜03.26横浜03.29〜03.29横須賀 18.04.02:特務艦長:海軍大佐 高橋 榮吉 18.04.14:横須賀〜04.25トラック 18.04.28:(第1282船団)トラック〜05.02ラバウル 18.05.22:ラバウル〜05.31パラオ 18.06.04:パラオ〜06.04アンガウル06.05〜06.05パラオ 18.06.07:(P607船団)パラオ〜 18.06.08:0225 深島向け航行中(N09.08-E134.23)にて右一番船艙附近に被雷      0941 沈没、生存者は「第三十一號哨戒艇」に収容
18.06.08:沈没 18.08.01:除籍:内令第1573号 18.08.01:解傭
喪失場所:N09.30-E134.32 パラオ島コロール北方220km付近 喪失原因:米潜水艦Finback(SS-230)の雷撃

同型船

 河南丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和6年8月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1997年11月号「日本商船隊の懐古 No. 220」山田早苗
 日本海汽船株式会社五十年史(P.18)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 特設運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る