山東丸の船歴

 年 月 日:船歴

05.11.01:起工 06.04.15:進水、命名:山東丸 06.05.31:竣工、登録総噸数:3,234、登録純噸数:1,820
06.07.--:香港〜07.14大連 09.--.--:登録総噸数:3,266、登録純噸数:1,872に変更
12.12.24:徴傭 12.12.24:内令第972号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管と仮定 12.12.24:臨時監督官:海軍大佐 圓山 英勅 12.12.30:入籍:内令第985号:横須賀鎮守府所管
13.01.03:佐世保〜北支方面〜01.16佐世保 13.01.20:佐世保〜中支方面〜02.02佐世保 13.02.01:監督官:海軍大佐 阪本 敏 13.02.07:佐世保〜02.13芝罘02.13〜02.14旅順02.17〜北支方面〜02.25済州島
13.02.26:除籍:内令第135号 13.03.05:解傭
16.07.25:艤装員事務所を藤永田造船所内に設置
16.08.17:徴傭 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設砲艦、舞鶴鎮守府所管
16.09.05:内令第1026号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.09.05:砲艦長:海軍大佐 江原 収治 16.10.14:艤装員事務所を撤去 16.10.--:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備戦隊 16.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第6号:海面防備部隊 16.12.08:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第3号:第一部隊(1)一番艦(1) 16.12.16:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第4号:第一部隊(1)第一小隊一番艦(1) 16.12.20:機密舞鶴防備戦隊命令作第5号:航行取締艦 16.12.25:舞鶴〜教練運転〜12.25舞鶴 17.01.15:訓令:官房機密第520号:測距儀装備 17.01.20:舞鶴〜若狭湾出動訓練〜01.22小浜〜01.23舞鶴 17.01.21:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第7号:第一部隊(1)第一小隊一番艦(1) 17.01.30:舞鶴〜実験用機雷敷設〜01.30舞鶴 17.02.05:舞鶴防備戦隊信令第13号:将旗を一時特設砲艦第一雲洋丸」に掲揚 17.02.05:入渠 17.02.13:出渠 17.02.18:将旗掲揚 17.02.24:舞鶴〜出動訓練〜02.27対空教練射撃〜02.28舞鶴 17.03.16:舞鶴〜若狭湾にて水路嚮導訓練〜03.20舞鶴 17.03.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第9号:第一部隊(1)一番艦(1) 17.03.24:舞鶴〜敷設訓練〜03.24舞鶴 17.04.03:九七式山川燈装備工事完成 17.04.08:舞鶴〜04.09真野湾04.10〜04.11新潟04.13〜04.14七尾04.16〜      〜04.16東岩瀬04.17〜04.18舞鶴 17.04.24:指示:電気兵器新設工事 17.05.06:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第13号:第一部隊(1)一番艦(1) 17.05.12:舞鶴〜05.13舞鶴 17.05.22:舞鶴〜対潜掃蕩訓練〜05.22舞鶴 17.05.23:舞鶴〜教練敷設〜05.26隠岐付近にて飛行機警戒〜05.27舞鶴 17.05.25:将旗を一時特設砲艦香取丸」に掲揚 17.05.29:舞鶴〜T隊作業〜06.04舞鶴 17.06.04:将旗掲揚 17.06.10:将旗を一時特設砲艦「香取丸」に掲揚 17.06.11:将旗掲揚 17.06.12:将旗を一時特設砲艦「香取丸」に掲揚 17.06.10:舞鶴〜06.10舞鶴 17.06.11:舞鶴〜06.11舞鶴 17.06.12:舞鶴〜06.12舞鶴 17.06.15:舞鶴〜06.15舞鶴 17.06.19:将旗掲揚 17.06.26:舞鶴〜教練射撃〜06.26舞鶴(海軍工廠) 17.06.27:将旗を一時特設砲艦「香取丸」に掲揚 17.07.15:繋留替 17.07.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第17号:第一部隊(0) 17.07.24:舞鶴〜確認運転〜07.24舞鶴 17.07.26:将旗掲揚 17.07.27:舞鶴〜投射及び敷設戦技〜07.28舞鶴 17.08.01:舞鶴〜訓練〜08.01舞鶴 17.08.11:舞鶴〜教務〜08.11舞鶴 17.08.12:将旗を防備隊に掲揚 17.08.31:舞鶴〜対潜訓練〜08.31舞鶴 17.09.09:舞鶴〜訓練〜09.09舞鶴
17.09.10:戦時編制:大海幕機密第574号の36:舞鶴鎮守府部隊 17.09.10:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第27号:舞鶴海面防備部隊 17.09.10:兵力区分:機密舞鶴海面防備部隊命令作第1号:第四部隊(7) 17.09.16:舞鶴〜09.16小浜湾09.17〜09.17舞鶴 17.10.12:舞鶴〜10.13境10.14〜10.15敦賀10.16〜10.16舞鶴 17.11.06:舞鶴〜11.06伊根11.06〜11.06舞鶴 17.11.10:舞鶴〜11.10小浜11.11〜11.11宮津11.12〜11.12舞鶴 17.11.24:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第31号:海面防備部隊から削る 17.11.24:大海指第163号:海軍省配属補給部隊に準じ輸送任務に従事せしむべし 17.11.24:舞鶴〜11.24敦賀11.25〜11.25小浜11.26〜11.26舞鶴 17.12.06:舞鶴〜能登沖にて遭難した横浜航空隊飛行艇の捜索救難〜12.14舞鶴 17.12.18:訓令:官房機密第15557号:特設艦船艤装替 17.12.29:舞鶴〜鳥取沖にて主機械故障の為、漂流中の海軍配當船崑山丸」救難曳航〜      〜12.31舞鶴 18.01.01:大海指第183号:大海指第163号より山東丸を削除
18.01.01:移籍:内令第3号:特設運送艦、舞鶴鎮守府所管
18.01.01:戦時編制:海軍省配属、舞鶴鎮守府所属、特設運送艦(雑用) 18.01.01:特務艦長:海軍大佐 江原 収治 18.02.05:舞鶴〜02.10釧路02.15〜 18.02.17:(第2217A船団)〜02.20東京 18.03.01:横須賀〜05.03トラック 18.05.11:(第7船団)トラック〜      〜05.15 フハエス港口にて解列〜      〜05.18フハエス 18.05.31:(P531船団)パラオ〜06.09佐伯 18.06.01:特務艦長:海軍大佐 lエ 一郎 18.06.--:佐伯〜06.10新居浜〜玉野 18.06.--:三井造船株式會社玉野造船所にて修理 18.07.16:修理完了 18.07.18:玉野〜07.28横須賀 18.07.29:特務艦長:海軍大佐 武田 喜代吾 18.07.31:横浜〜サイパン 18.09.26:(第4926船団)トラック〜 18.09.29:サイパン沖にて米潜水艦"Gudgeon"(SS-212)の雷撃を受け後部に魚雷1本命中、大破〜      〜特設運送船乾隆丸」に曳航される〜09.29サイパン 18.10.03:サイパン〜 19.03.14:(第4313乙船団)サイパン〜03.20父島(特設運送船壽山丸」に曳航される)〜03.25横須賀
19.05.15:移籍:内令第681号2:特設運送船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管
19.05.15:戦時編制:海軍省配属、舞鶴鎮守府所属、特設運送船(乙) 19.--.--:三菱重工業株式會社横浜造船所にて修理 19.07.02:片岡〜07.03温禰古丹島07.06〜07.06片岡 19.07.30:片岡〜08.05片岡 19.08.10:船長:海軍嘱託 久保田 吉雄(部内限り奏任官待遇) 19.09.19:船長:海軍嘱託 小島 盛長(部内限り奏任官待遇) 19.09.--:カムチャッカ方面行動 19.10.15:(ヲ502船団)片岡〜 20.05.24:(ヌ船団)小樽〜      〜05.15 陸軍徴傭船「大昭丸」貨物積載法不良の為、小樽港外に引返す〜      〜05.25小樽 20.05.26:(ヌ船団)小樽〜05.31片岡
20.06.30:除籍:内令第577号 20.06.30:解傭:軍務三機密第610号の14
20.06.30:徴傭:船舶運營會 20.08.15:残存:SCAJAP No. S-016

同型船

 山西丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和6年5月号、昭和6年6月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年2月号「日本商船隊の懐古 No.44」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2006年7月号「回想の日本客船その110」
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻(P.55)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「三井物産株式會社造船部二十年史」S13.12 株式會社玉造船所

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 特設運送艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る