崑山丸の船歴

 年 月 日:船歴

04.03.11:起工 04.07.12:進水、命名:崑山丸 04.08.31:竣工 
17.11.23:徴傭発令:兵備三機密第17号の11の28 17.11.24:徴傭:一般徴傭船(給油船)、舞鶴鎮守府所管、海軍省配属      〜11.25舞鶴 17.11.25:機密舞鶴鎮守府命令第151号:徴傭船舶授受の件       授受地:舞鶴軍港、授受期日:11月27日 17.11.27:授受結了 17.12.05:官房機密第14885号:徴傭船を油槽船に改造の件訓令(第二次応急油槽船) 17.12.26:工事完成 17.12.28:舞鶴〜      〜12.28 1700 鳥取沖にて主機械切損、漂流〜      〜特設砲艦山東丸」が曳航〜      〜12.31 舞鶴 18.01.12:修理完成 18.01.13:舞鶴〜01.26ミリ01.31〜02.04昭南 18.02.04:船体修理(03.14まで) 18.02.22:官房艦機密第808号:光学兵器整備の件 18.03.15:昭南〜03.18ミリ〜04.11元山04.15〜04.17舞鶴 18.04.17:船体修理(05.11まで) 18.05.12:舞鶴〜05.31聖雀 18.06.01:(第583船団)聖雀〜06.04セレター 18.06.06:セレター〜06.12ミリ 18.06.12:原油3,873キロリットル搭載 18.06.14:ミリ〜06.18聖雀 18.06.21:(第404船団)聖雀〜06.27高雄 18.06.27:航空揮発油その他157m3搭載、佐建工員25名便乗 18.07.01:(臨時D船団)高雄〜07.06徳山 18.07.06:佐建工員25名下船、廃航油その他揚陸、航空揮発油500缶搭載 18.07.10:(「第二十南油」曳航)徳山〜07.16横須賀 18.07.16:航空揮発油500缶揚陸、雑貨24t搭載 18.07.18:横須賀〜07.18川崎 18.07.18:原油揚陸 18.07.22:川崎〜07.26若松 18.07.26:鋼鈑鋼材等276t搭載 18.07.28:若松〜      〜07.30 第181船団加入〜      〜08.04高雄 18.08.04:鋼鈑鋼材等揚陸、酒保品雑貨75t搭載 18.08.08:(第314船団)高雄〜08.15聖雀 18.08.17:聖雀〜08.21ミリ 18.08.21:原油搭載3,908キロリットル 18.08.22:ミリ〜08.27西貢 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37(08.31附解傭予定) 18.08.27:カボック雑貨類計992m3搭載、兵員1名便乗 18.08.29:西貢〜      〜08.30 第422船団加入〜      〜09.07馬公 18.09.07:セラック綿布等92m3揚陸、便乗者7名乗船 18.09.11:(第203船団)馬公〜09.17下松 18.09.20:解傭
18.09.20:徴傭:船舶運營會海軍配當船、呉鎮守府所管 18.10.07:大湊〜 18.11.01:第19次海軍指定船 18.11.03:1900 潮岬通過東航(予定) 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 19.01.02:(臨時船団)ミリ〜聖雀 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.06.21:兵備三機密第558号:海軍配當船一覧表掲載 19.06.30:基隆〜門司向け航行
19.07.03:沈没  19.09.20:解傭
喪失場所:N32.25-E128.50 五島列島富江南南西16km附近 喪失原因:米潜水艦Tinosa(SS-283)の雷撃

同型船

 天山丸千山丸崙山丸

兵装

 要調査

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る