崙山丸の船歴

 年 月 日:船歴

04.03.27:起工 04.08.24:進水、命名:崙山丸  04.09.30:竣工 
17.11.28:徴傭発令:兵備三機密第17号の11の28 17.11.28:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 17.12.01:船長:海軍嘱託 菊池 長吉(部内限り奏任官待遇) 17.12.01:三井造船株式會社玉野造船所にて油槽船への改造工事着手(第二次応急油槽船) 17.12.30:油槽船への改造工事竣工 17.12.30:玉野〜12.31呉 18.01.06:呉〜01.07門司01.08〜01.13高雄 18.01.15:酒保物品搭載 18.01.15:高雄〜01.20聖雀01.21〜01.24昭南 18.01.24:酒保物品揚陸、油槽修理 18.01.--:重油搭載 18.01.--:漏油がひどく重油陸揚げ、油槽清掃 18.01.--:昭南第一造船所にて漏油箇所修理 18.03.23:修理完了 18.03.23:昭南〜03.27ミリ 18.03.29:原油搭載 18.03.29:ミリ〜04.02聖雀04.05〜04.12高雄04.16〜04.23下津 18.04.23:原油揚陸 18.05.03:下津〜05.03大阪 18.05.05:(特殊油槽船曳航)大阪〜05.07徳山 18.05.08:重油搭載 18.05.08:徳山〜05.09呉 18.05.09:重油揚陸 18.05.17:軍用貨物搭載 18.05.17:(特殊油槽船曳航)呉〜05.17鹿ノ川05.18〜05.19徳山 18.05.19:徳山〜05.19門司 18.05.20:軍用貨物搭載 18.05.20:門司〜05.25高雄 18.05.27:軍用貨物揚陸 18.05.27:高雄〜05.30マニラ06.08〜06.14ミリ 18.06.14:原油、郵便物1個搭載 18.06.17:ミリ〜06.21聖雀06.21〜06.27高雄 18.06.27:ドラム缶搭載、便乗者25名搭載 18.07.02:高雄〜07.08徳山 18.07.08:原油及びドラム缶、郵便物1個 18.07.13:徳山〜07.13門司 18.07.13:板硝子搭載 18.07.19:門司〜07.24高雄 18.07.24:板硝子揚陸、発動機搭載 18.07.26:高雄〜07.31マニラ 18.07.31:発動機揚陸 18.08.05:マニラ〜08.10ミリ 18.08.10:原油、郵便物1個搭載 18.08.13:ミリ〜08.17昭南08.20〜08.23聖雀 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37 18.08.24:(第421船団)聖雀〜08.30馬公 18.08.30:便乗者24名乗船 18.08.31:解傭
18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船、舞鶴鎮守府所管 18.09.11:菊池船長嘱託を解く 18.09.24:第19次海軍指定船 18.09.25:函館〜09.29大泊 18.10.05:オハ〜柏原沖 18.10.07:2310 台風の為走錨、柏原沖(長崎の南方)に碇泊中の「信濃丸」と接触 18.10.--:柏原沖〜大湊 18.10.17:大湊〜10.24片岡 18.11.09:幌筵〜11.16小樽 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 19.01.12:マニラ〜01.17ミリ 19.01.21:(第3202船団)ミリ〜馬公 19.02.09:(タモ02船団)馬公〜門司向け航行
19.02.12:沈没 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 --.--.--:解傭
喪失場所:N27.44-E128.42 徳之島犬田布岬西方18km附近 喪失原因:米潜水艦Tambor(SS-198)の雷撃

同型船

 天山丸千山丸崑山丸

兵装

 要調査

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻(P.51)

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る