六甲丸の船歴

 年 月 日:船歴

T11.07.03:起工 T12.02.05:進水、命名:六甲丸 T12.03.10:竣工、船主:日本郵船株式會社、登録総噸数:3,027、登録総噸数:1,821
T12.10.--:中間検査 T12.12.11:上海〜名古屋〜12.16横浜 T12.12.30:上海〜名古屋〜01.04横浜 T13.01.17:上海〜名古屋〜01.23横浜 T13.02.04:上海〜名古屋〜02.09横浜 T13.02.24:上海〜名古屋〜02.28横浜 T13.03.12:上海〜名古屋〜03.17横浜 T13.03.28:上海〜門司〜名古屋〜04.02横浜 T13.04.15:上海〜名古屋〜04.20横浜 T13.05.05:上海〜名古屋〜05.10横浜 T13.05.19:上海〜名古屋〜05.27横浜 T13.06.08:上海〜名古屋〜06.12横浜 T13.06.25:上海〜四日市〜名古屋〜06.30横浜 T13.07.14:上海〜名古屋〜07.19横浜 T13.08.01:上海〜名古屋〜08.05横浜 T13.08.19:上海〜名古屋〜08.24横浜 T13.09.05:上海〜四日市〜名古屋〜09.10横浜 T13.09.23:上海〜名古屋〜四日市〜09.29横浜 T13.10.--:中間検査 T13.10.12:上海〜名古屋〜清水〜10.19横浜 T13.11.11:上海〜名古屋〜11.16横浜 T13.11.29:上海〜大阪〜名古屋〜12.04横浜 T13.12.17:上海〜名古屋〜四日市〜12.22横浜 T14.01.04:上海〜名古屋〜四日市〜01.09横浜 T14.01.22:上海〜名古屋〜01.27横浜 T14.02.09:上海〜名古屋〜02.14横浜 T14.02.28:上海〜名古屋〜03.04横浜 T14.03.18:上海〜名古屋〜03.22横浜 T14.11.--:中間検査 T15.--.--:登録総噸数:3,038、登録総噸数:1,817に変更 T15.11.--:中間検査 02.11.--:中間検査 03.12.--:横濱にて定期検査 04.07.--:中間検査 05.07.--:中間検査 06.02.--:中間検査 07.02.--:中間検査 08.03.--:横濱にて定期検査 09.03.--:中間検査 10.09.--:中間検査 11.09.--:中間検査 12.11.--:大阪にて定期検査
--.--.--:徴傭:陸軍病院船 14.08.23:宇品〜08.24門司08.24〜08.26呉淞08.31〜08.31上海08.31〜09.02門司09.02〜09.03宇品  14.09.01:船主:東亞海運株式會社に変更 14.09.03:宇品〜09.07上海09.07〜09.13宇品 14.09.16:宇品〜09.19大連 14.09.21:患者199名収容 14.09.21:大連〜09.24門司 14.09.24:患者揚陸 14.09.24:門司〜09.25宇品 14.09.27:宇品〜10.01呉淞10.01〜10.02上海10.02〜10.05門司10.05〜10.06宇品 14.10.10:宇品〜上海〜宇品 14.10.--:宇品〜10.20青島 14.10.27:宇品〜10.31大連 14.11.05:患者72名収容 14.11.05:大連〜11.09大阪〜11.12宇品 14.11.12:廣島〜11.13宇品11.13〜11.14門司11.14〜11.16上海11.18〜11.19南京11.19〜11.21安慶 14.11.21:安慶〜11.23九江 14.11.24:患者218名収容 14.11.24:九江〜11.26南京 14.11.26:患者揚陸 14.11.29:南京〜11.29安慶 14.11.30:患者210名収容 14.11.30:安慶〜12.01南京 14.12.01:骨折患者のみ揚陸 14.12.01:南京〜12.03上海(DKK桟橋) 14.12.03:患者揚陸 14.12.03:上海〜12.09南京 14.12.--:患者収容 14.12.10:南京〜12.13上海12.14〜12.17門司12.17〜12.18宇品 14.12.23:宇品〜12.27秦皇島 14.12.28;患者60名収容 14.12.28:秦皇島〜12.31門司 14.12.31:患者揚陸 14.12.31:門司〜01.01宇品 15.01.05:宇品〜01.06門司01.06〜01.10秦皇島 15.01.10:患者収容 15.01.10:秦皇島〜01.13門司01.13〜01.14宇品 15.01.17:宇品〜01.22大連 15.01.22:患者収容 15.01.22:大連〜01.25門司 15.01.25:患者揚陸 15.01.25:門司〜01.26宇品 15.01.29:宇品〜01.30門司01.30〜02.02秦皇島 15.02.03:患者収容 15.02.03:秦皇島〜02.07門司 15.02.07:患者揚陸 15.02.07:門司〜02.08大阪 15.03.--:中間検査 15.11.--:第34病院船衛生員乗船 15.11.22:患者218名収容 15.11.22:上海〜門司 15.11.24:患者39名揚陸 15.11.--:門司〜宇品 15.11.26:患者179名揚陸 15.--.--:宇品〜南京 15.12.06:患者215名収容 15.12.--:南京〜門司 15.12.10:患者25名揚陸 15.12.--:門司〜宇品 15.12.11:患者190名揚陸 16.01.--:宇品〜秦皇島 16.01.27:患者190名収容 16.01.--:秦皇島〜門司 16.01.30:患者19名揚陸 16.01.--:門司〜宇品 16.01.31:患者171名揚陸 16.06.06:大阪にて定期検査完了
16.09.19:徴傭:陸軍 16.09.--:第210病院船衛生員乗船 16.09.19:宇品〜09.26上海 16.09.27:患者208名収容 16.09.28:上海〜10.01福江10.02〜10.03門司 16.10.03:患者54名揚陸 16.10.--:門司〜10.04宇品 16.10.04:患者154名揚陸 16.10.--:第210病院船衛生員退船
16.--.--:病院船衛生第五七班(曉第六七八〇部隊)乗船 16.10.11:宇品〜10.17基隆10.21〜10.22高雄 16.10.22:高雄〜10.24大連 16.10.25:患者199名収容 16.10.25:大連〜門司 16.10.28:患者37名揚陸 16.10.--:門司〜宇品 16.10.29:患者162名揚陸 16.11.01:宇品〜11.06南京 16.11.07:患者193名収容 16.11.07:南京〜門司 16.11.11:患者40名揚陸 16.11.--:門司〜11.12宇品 16.11.12:患者153名揚陸 16.--.--:病院船衛生第五七班(曉第六七八〇部隊)退船
16.11.18:門司〜11.22秦皇島11.22〜11.24門司 16.12.10:宇品〜12.12釜山12.15〜12.15宇品 16.12.15:宇品〜12.16釜山12.17〜12.18宇品 16.12.18:宇品〜12.19那覇12.19〜12.21古仁屋〜12.25門司 16.12.27:宇品〜12.29釜山12.29〜12.31宇品 17.01.14:宇品〜01.16釜山01.16〜01.18宇品 17.01.19:宇品〜01.21釜山01.21〜01.23宇品 17.01.24:宇品〜01.26釜山01.26〜01.28宇品 17.01.29:宇品〜01.30釜山01.31〜01.31大阪 17.02.07:門司〜02.11上海02.15〜02.17宇品 17.02.21:宇品〜02.22釜山02.23〜02.25宇品 17.03.06:宇品〜03.07釜山03.08〜03.08門司 17.03.15:坂出〜03.19上海03.20〜03.23宇品 17.03.27:宇品〜03.30釜山03.30〜03.31門司 17.04.02:門司〜04.02釜山04.03〜04.03門司 17.04.05:宇品〜04.07釜山04.07〜04.09宇品 17.04.16:宇品〜04.20大連04.20〜04.22門司 17.04.28:宇品〜05.01釜山05.01〜05.08宇品 17.05.12:宇品〜05.14釜山05.14〜05.15群山05.17〜05.21宇品 17.05.22:船舶輸送司令部参電第2439号其の1、2:       上海向け第七十師団兵其の他の輸送左の通実施致すに付護衛に関し何分の配慮あり度       南京丸800名9節、宇品丸800名9節、六甲丸660名10節、百合丸1,800名10節、幸喜丸1,600名9節、       すらばや丸870名10節計6,600名、船団速力9節以上5月23日宇品乗船25日門司出港の予定 17.05.23:宇品〜門司05.25〜05.25唐津湾05.25〜05.28上海 x17.05.26:上海〜05.26南京05.27〜05.29宇品 17.07.06:中間検査完了 17.07.07:博多〜07.15釜山07.15〜07.17宇品 17.07.18:宇品〜07.20釜山07.21〜07.22宇品 17.07.26:佐世保鎮守府信電令作第79号:       左記に依り陸軍輸送船団五隻(上海行軍隊輸送)の護衛を実施すべし      1.直接護衛       (イ)護衛艦    河北丸       (ロ)護衛指揮官  河北丸艦長       (ハ)輸送船    水戸丸すらばや丸、六甲丸、ぱしふいつく丸咸鏡丸、速力10節       (ニ)集合地    7月30日0900伊万里発       (ホ)出発     1300頃       (ヘ)伊万里より上海迄直航       (ト)呉淞入港予定 8月1日夕刻       (チ)其の他指揮官所定      2.佐世保海軍航空隊司令は適宜飛行機を派遣右護衛に協力すべし 17.07.27:佐鎮機密第62番電:      1.佐世保鎮守府信電令作第79号中の護衛艦にを追加せらる      2.鷗は概ね白瀬灯台より馬鞍群島附近迄の直接護衛に任ぜしめられ度 17.07.27:宇品〜伊万里 17.07.30:(輸送船団)伊万里〜08.01上海 17.08.01:上海〜08.03宇品 17.08.22:宇品〜08.26上海08.27〜08.31宇品 17.10.18:門司〜10.26上海10.26〜10.28門司 17.11.07:宇品〜11.08釜山11.09〜11.15高雄 17.11.21:高雄〜11.24マニラ 17.11.25:マニラ〜バコロド〜12.10西貢12.13〜12.18昭南 17.12.20:昭南〜キジャン〜12.22昭南 17.12.25:昭南〜12.31高雄 18.01.16:高雄〜01.21宇品 18.02.12:門司〜02.13黄埔 18.02.13:黄埔〜02.14九龍02.14〜02.15上海03.06〜03.10宇品 18.03.11:宇品〜門司 18.03.14:佐世保鎮守府信電令作第19号:       佐世保防備戦隊司令官は一艇を派遣し第一海上護衛隊の船団護衛(護衛艦:第三十六號哨戒艇)に       協力せしむべし      1.第一三七船団六隻松江丸、六甲丸、日美丸北光丸華陽丸松江丸(陸軍兵員2,700名乗船速力        9節)      2.3月15日1100門司発高雄行      3.護衛協力区域 大瀬崎北方より北緯30度30分東経134度30分附近迄 18.03.15:(第137船団)門司〜03.20高雄 18.03.--:高雄〜03.29昭南 18.04.03:昭南〜04.08ジャカルタ04.09〜04.11パレンバン04.16〜04.22昭南 18.04.26:昭南〜04.29ジャカルタ04.30〜05.11高雄 18.05.17:高雄〜05.21門司 18.06.03:門司〜06.03伊万里湾 18.06.03:伊萬里湾集合地管理官機密第031328番電:      1.シ第三一〇船団10隻(黄島沖合同の雲仙丸、第二號興東丸を含む)        3日0700伊万里湾発、5日1400ベルブイ着の予定、速力八節、        航路 相崎瀬戸、三〇一三、S六一より余山に向う        曉天丸JBFS、山百合丸JYYL以上陸軍及自動車、歴山丸JFUB陸軍、軍需品、六甲丸JABB陸軍、        關西丸JJOC以上上海、大冶丸JOIB、鳴尾丸JBGP以上蕪湖、東泰丸JHTA馬鞍山      2.正午位置        3日相崎瀬戸        4日北緯32度30分東経125度50分      3.護衛艦 鷹島及雲仙丸JDTR雑貨、船客上海、第二號興東丸JEXG軍需品及便乗者578名香港(三亞)        3日1700黄島の南4浬にて会合す      4.南下船ベルブイにて分離大陸接岸、8日1800香港着の予定        正午位置        6日北緯27度55分東経121度54分        7日北緯25度13分東経120度06分        8日北緯22度23分東経115度33分 18.06.04:(シ第三一〇船団)伊万里湾〜      〜06.04 1100 敷設艇鷹島」が護衛、有川発〜      〜06.06 0930 シ第三一〇船団余山沖着〜      〜06.07上海 18.06.14:上海〜06.22西貢06.30〜07.03昭南 18.07.09:昭南〜07.11パレンバン07.31〜08.03聖雀08.06〜08.12高雄 18.08.12:高雄〜08.14馬公08.18〜08.23門司 18.09.17:門司〜09.25高雄 18.09.28:高雄〜10.03マニラ 18.10.10:マニラ〜10.12イロイロ10.12〜10.13セブ10.20〜10.21ザンボアンガ10.21〜10.24ダバオ11.02〜      〜11.04ザンボアンガ11.04〜11.07セブ11.08〜11.10マニラ 18.11.19:マニラ〜11.24高雄 18.11.26:高雄〜12.03門司 18.12.--:中間検査 18.12.30:神戸〜門司 19.01.07:第十三船団運航指揮官機密第071503番電:      1.一二七船団八隻(佐世保一隻)刈萱7日1500六連発13日未明高雄着の予定速力九節      2.C豐國丸JRLR(十三班乗船)雑貨(楡林)、C金嶺丸JGOR鉄材、木材(八所)、        B生田川丸JXBY便乗者200名、軍需品、器材(バリックパパン)、C月洋丸JGFS肥料(高雄)、        A六甲丸JABB設営隊1400名、石炭(香港)、A彌彦丸JKJB航空器材(高雄)、        A日紀丸JHKDセメント(マニラ)、A飛鳥丸JYDA便乗者43名、軍需品、爆薬(マニラ)以上高雄行      3.壹岐水道を経て南西諸島西岸臺灣東岸接航      4.8日 北緯32度24.5分東経129度43分        9日 北緯29度13分東経129度10分        10日 北緯26度38分東経126度32分        11日 北緯24度37分東経123度36分        12日 北緯23度00分東経121度31分      5.生田川丸は8日1100北緯32度03分東経129度38分の地点にて合同 19.01.07:(第127船団)門司〜      〜01.10 1230(N27.32-E127.25)陸軍徴傭船飛鳥丸」、同陸軍徴傭船彌彦丸」被雷〜      〜01.10 1239 陸軍徴傭船「飛鳥丸」沈没〜      〜01.10 1454 一海護機密第293番電(第一二七船団は那覇に避難せよ、刈萱は敵潜を撃滅すべし)〜      〜01.11那覇 19.01.12:(第127船団)那覇〜01.18高雄 19.01.--:高雄〜02.03香港 19.02.10:香港〜02.29マニラ 19.03.12:マニラ〜ハルマヘラ 19.04.06:1540「第四號掃海艇」を横付け清水供給 19.04.--:ハルマヘラ〜04.16マノクワリ 19.04.21:マノクワリ〜04.23ボスニック04.25〜05.26ハルマヘラ 19.05.30:ハルマヘラ〜マニラ 19.06.18:(ミ05船団)マニラ〜06.23ミリ 19.06.25:(ミシ03船団)ミリ〜      〜06.29 0225(N00.45-E105.45)水上機母艦能登呂」被雷、陸軍配當船日邦丸」被雷沈没〜      〜06.29昭南 19.07.01:昭南〜08.05タクロバン08.16〜08.18セブ08.20〜08.21パコロット08.26〜08.27セブ08.28〜      〜09.07マニラ 19.09.21:マニラ〜09.26高雄 19.10.05:高雄〜基隆向け航行
19.10.05:沈没 19.10.05:解傭
喪失場所:旗津沖1km附近 喪失原因:B-24による空爆

同型船

 阿蘇丸、筑波丸、天城丸

兵装

 野砲。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.102)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2001年9月号「日本商船隊の懐古 No.266」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.191)
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.451)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.59)
 "Garage cafe のすひろ" 2009年02月25日病院船六甲丸"
 "National Archives of Australia", Barcode 6551598
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.140)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る