ろんどん丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T10.09.03:進水、命名:ろんどん丸 T11.02.21:竣工
T12.08.--:中間検査 T12.12.31:Bremen〜漢堡〜安土府〜坡土西〜新嘉坡〜香港〜上海〜神戸〜03.14横浜 T13.07.21:漢堡〜Rotterdam〜安土府〜坡土西〜蘇士〜新嘉坡〜香港〜上海〜大連〜神戸〜大阪〜09.26横浜 T13.10.--:中間検査 T14.10.--:中間検査 T15.11.--:長崎にて定期検査 02.12.--:中間検査 03.07.--:中間検査 04.07.--:中間検査 05.06.--:玉にて定期検査 06.05.--:中間検査 07.04.--:中間検査 08.04.--:中間検査 09.05.--:玉にて定期検査 10.06.--:中間検査 11.05.--:中間検査 12.04.--:中間検査 13.05.--:神戸にて定期検査 14.03.--:中間検査 15.05.--:中間検査
16.10.07:徴傭:陸軍 16.10.07:名古屋〜10.17海口10.27〜10.28呉淞 16.11.--:中間検査 16.11.23:呉淞〜11.27虎門11.27〜11.28カムラン11.28〜11.30虎門12.09〜カムラン 16.12.12:陸軍工作船おれごん丸」によりデリックブームを修理 16.12.--:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:7) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 1800 巡洋艦「川内」が分離〜      〜12.16シンゴラ 16.12.16:第五師団主力揚陸開始 16.12.22:揚陸完了 16.12.22:シンゴラ〜12.26カムラン12.26〜12.30虎門12.31〜01.11海口01.13〜01.18シンゴラ 17.01.26:陸軍工作船「おれごん丸」による修理(01.27まで) 17.01.28:シンゴラ〜02.02西貢 17.02.03:西貢〜02.09基隆02.19〜02.23神戸 17.02.26:宇品〜02.30高雄 17.03.27:高雄〜04.01カムラン04.01〜04.08蘭貢04.15〜04.21昭南 17.05.13:昭南〜05.19蘭貢05.23〜05.28昭南 17.06.06:昭南〜06.09西貢 17.06.24:西貢〜06.29昭南 17.07.03:昭南〜07.18宇品 17.07.26:解傭
17.--.--:徴傭:船舶運營會 17.09.09:定期検査完了 17.10.21:雷撃損傷 18.01.--:陸軍配當船として運航 18.04.26:第1次海軍指定船 18.06.--:陸軍配當船として運航終了 18.07.--:陸軍配當船として運航 18.10.--:陸軍配當船として運航終了 18.11.--:中間検査 18.11.--:陸軍配當船として運航(最期まで) 18.12.04:潮岬通過西航 19.04.19:(シサ17船団)昭南〜04.22聖雀 19.04.22:1945 空爆を受ける      1955 船尾上甲板が海中に没入 19.04.23:0005 船首が沈下      0050 全没
19.04.23:沈没
喪失場所:聖雀 喪失原因:米陸軍第14航空隊のB-24による空爆

同型船

 ぱりい丸。

兵装

 野砲、爆雷40個。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年5月号「日本商船隊の懐古 No.130」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.62)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.49)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.129)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 小樽市博物館所蔵(145-6)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る