南京丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T03.08.--:進水、命名:南京丸 T03.09.29:竣工、船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、登録総噸数:3,222、登録純噸数:1,997、      登録長:305.9尺、登録幅:42.7尺、登録深さ:24.8尺
T04.--.--:登録総噸数:2,980、登録純噸数:1,885、      登録長:305.3呎、登録幅:43.7呎、登録深さ:27.2呎に変更 T07.--.--:登録総噸数:3,001、登録純噸数:1,871に変更 T08.--.--:登録総噸数:3,001、登録純噸数:2,153に変更 T13.03.01:高雄〜基隆〜03.12横浜 T13.05.08:Chiristmas Island〜基隆〜大阪〜05.31横浜 T13.07.23:Chiristmas Island〜基隆〜若松〜08.22横浜 T14.01.22:高雄〜基隆〜長崎〜門司〜神戸〜大阪〜名古屋〜02.07横浜 T15.--.--:登録総噸数:3,004、登録純噸数:1,865に変更 08.05.01:船主:北日本汽船株式會社、船籍港:京都府府中、      登録総噸数:3,005、登録純噸数:1,866に変更 11.--.--:登録純噸数:1,863に変更 13.--.--:登録純噸数:1,855に変更
16.03.06:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府配属 16.05.09:解傭
16.11.25:徴傭:陸軍 16.11.25:宇品〜12.31釜山01.02〜01.07宇品 17.01.13:宇品〜01.15釜山01.15〜01.17宇品 17.01.18:宇品〜01.20釜山01.20〜01.22宇品 17.01.23:宇品〜01.24呉淞02.08〜02.08宇品 17.02.10:門司〜02.14呉淞02.15〜02.18宇品 17.02.19:門司〜02.24呉淞〜02.28南京03.04〜03.10神戸 17.03.13:宇品〜03.18呉淞03.19〜03.23大阪 17.03.25:宇品〜03.27釜山03.27〜03.29宇品 17.03.30:宇品〜03.30大連03.31〜04.01釜山04.01〜04.01大連04.02〜04.03宇品 17.04.05:宇品〜04.09上海04.13〜04.17宇品 17.04.20:門司〜04.23釜山04.23〜04.25宇品 17.04.28:宇品〜05.02大連05.04〜05.10神戸 17.05.15:宇品〜05.17釜山05.17〜05.20宇品 17.05.22:船舶輸送司令部参電第2439号其の1、2:       上海向け第七十師団兵其の他の輸送左の通実施致すに付護衛に関し何分の配慮あり度       南京丸800名9節、宇品丸800名9節、六甲丸660名10節、百合丸1,800名10節、幸喜丸1,600名9節、       すらばや丸870名10節計6,600名、船団速力9節以上5月23日宇品乗船25日門司出港の予定 17.05.23:宇品〜門司05.25〜05.25唐津湾05.25〜05.28上海 17.06.01:上海〜06.05宇品 17.06.16:宇品〜06.21大連06.22〜07.03大阪 17.3Q :船籍港:東京に変更 17.12.10:宇品〜01.03ラバウル 18.01.05:ラバウル〜01.14パラオ 18.03.04:パラオ〜03.10マニラ03.13〜03.16レガスピー03.31マニラ 18.04.01:マニラ〜04.05高雄 x18.04.06:高雄〜04.15神戸 18.04.17:上根機密第171630番電:      1.支第五船団(礦石載貨噸数)        東泰丸4450、金嶺丸7920、若松丸3620、大冶丸3650以上八幡行        南京丸8000鶴見行、美崎丸6950広畑行、幸成丸佐世保行、謙譲丸函館行      2.護衛艦 峯風        17日1600呉淞発大瀬崎直航、19日1830富江湾沖着、古志岐島附近にて解列、20日1200神戸着の予定        船団速力八節      3.正午位置        18日東経124度17分北緯31度34分        19日東経127度54分北緯32度24分 18.04.17:(支第五船団)ベルブイ〜      〜04.19 1730 黄島附近に於て驅逐艦「峯風」が護衛を終了〜      〜鶴見 18.06.19:解傭
18.06.--:徴傭:船舶運營會 18.06.19:第5次海軍指定船      〜09.09 2230(N40.12-E141.55)雷撃2本を受ける〜 18.11.16:船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪に変更 19.03.25:入渠修理中 19.04.--:雑貨搭載 19.04.09:大阪〜04.10津久見 19.04.--:セメント搭載 19.04.13:津久見〜04.13門司 19.04.--:雑貨搭載 19.04.15:門司〜04.19小樽 19.04.20:小樽〜04.21大泊 19.04.25:大泊〜04.27塔路 19.04.--:石炭搭載 19.04.29:塔路〜05.04伏木 19.05.06:伏木〜05.10塔路 19.05.--:石炭搭載 19.05.13:塔路〜05.18新潟 19.05.22:新潟〜05.26西柵丹 19.05.--:石炭搭載 19.05.28:西柵丹〜06.01直江津 19.06.04:直江津〜06.05新潟 19.06.05:新潟〜06.08塔路 19.06.--:石炭搭載 19.06.10:塔路〜06.13船川 19.06.14:船川〜06.15新潟 19.06.--:新潟〜06.21小樽06.21〜06.23北小澤 19.06.--:石炭搭載 19.06.25:北小澤〜06.27直江津 19.07.06:直江津〜07.08小樽07.11〜07.14北小澤 19.07.--:石炭搭載 19.07.14:北小澤〜07.19敦賀 19.07.--:石炭搭載
19.07.23:臨時配當船:第一次AC船 19.07.23:敦賀〜07.26門司 19.07.27:門司〜07.28釜山07.31〜08.02下関 19.08.--:軍需品搭載 19.08.07:門司〜08.08大阪 19.08.12:入渠、修理(08.22まで) 19.08.--:軍需品搭載 19.08.23:大阪〜08.24宇品 19.09.02:宇品〜09.03若松 19.09.11:(モタ26船団)門司〜09.17高雄 19.10.01:(タマ29船団)高雄〜10.08サンフェルナンド 19.10.--:軍貨、便乗者乗船 19.10.14:サンフェルナンド〜      〜10.14 ---- 敵潜と交戦〜      〜10.14サンフェルナンド 19.10.24:敵機と交戦 19.10.30:サンフェルナンド〜10.30サンタクルーズ 19.11.05:敵機と交戦 19.11.--:鉱石搭載 19.11.08:サンタクルーズ〜11.08マニラ 19.11.--:便乗者乗船 19.11.12:(マタ32船団)マニラ〜      〜11.14 2218(N17.45-E117.45)「第七號海防艦」被雷〜      〜11.14 2225(N17.48-E117.58)海軍配當船第五雲海丸」被雷沈没〜      〜11.15 0025(N17.41-E118.00)運送艦鞍埼」被雷沈没〜      〜11.15 0120 「第七號海防艦」沈没〜      〜11.17高雄 19.11.--:砂糖搭載 19.11.24:高雄〜11.24基隆 19.12.11:基隆〜12.22鹿児島 19.12.--:便乗者退船 19.12.27:鹿児島〜01.01門司 20.01.02:門司〜01.04大阪 20.01.05:日立造船株式會社本社造船所にて修理工事(01.07まで) 20.01.16:大阪〜01.18門司 20.01.19:解傭
20.01.19:徴傭:陸軍 20.01.22:(モタ33船団)六連〜      〜01.29 0655(N25.19-E120.53)陸軍徴傭船くらいど丸」被雷〜      〜01.29 0720 「第十四號海防艦」と「第十六號海防艦」は附近の掃蕩〜      〜01.29基隆 20.02.--:基隆〜02.16宇品 20.02.18:宇品〜03.09基隆 20.03.16:(タモ49船団)基隆〜門司向け航行
20.03.17:沈没 20.03.--:解傭
喪失場所:N25.33-E120.10 福州南東牛山島東方24km附近 喪失原因:米潜水艦Spot(SS-413)の雷撃

同型船

(北京丸型)
 北京丸天正丸廣速丸、明海丸、廣通丸、江崎丸、貴船山丸、東泰丸、第六雲海丸、天祥丸、
 悠紀丸主基丸三池山丸生駒山丸、東裕丸、元山丸、明海丸(2)、淅江丸江蘇丸海jロ、
 明地丸、第二貴船山丸、元山丸(2)、東泰丸(2)、喜美丸、仁昌丸、海丸廣安丸

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1992年9月号「日本商船隊の懐古 No.158」山田早苗
 「北日本汽船株式會社二十五年史」 S14.06 北日本汽船株式會社
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.79)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #: NH 111618
 小樽市博物館所蔵(35-5, 35-21, 116-13, 126-21)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る