くらいど丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.10.29:起工 T09.04.16:進水、命名:くらいど丸 T09.05.18:竣工、船主:國際汽船株式會社、船籍港:横濱、登録総噸数:5,467、登録純噸数:3,409
T10.--.--:船籍港:~戸に変更 T12.12.09:大泊〜小樽〜12.15横浜 T13.02.23:Port Alvania〜03.29横浜 T13.10.16:Pressott〜館山〜11.19横浜 T14.02.10:Grays Harbour〜03.04横浜 07.02.02:船主:石原合名會社、船籍港:京都府府中、登録総噸数:5,490、登録純噸数:3,419に変更      運航:石原産業海運合資會社 09.04.07:船主:石原産業海運株式會社、登録総噸数:5,497、登録純噸数:3,424に変更 10.09.20:船主:南洋海運株式會社に変更 13.--.--:船籍港:東京に変更
16.11.--:徴傭:陸軍 16.11.21:軍隊区分:機密G攻略部隊命令作第1号:護衛集団輸送船第一分隊(船番号:1)      〜11.29母島 16.12.01:母島〜各種運動訓練、上陸演習、泊地進入訓練〜12.02母島 16.12.04:(G攻略作戦:輸送船第一分隊)母島〜      〜12.08 1400 輸送船隊第三分隊解列〜      〜12.09 1005 解列〜      〜12.09グァム島沖 16.12.10:塚本支隊揚陸 16.12.10:グァム沖〜12.10大宮島油港(=アプラ港) 16.12.12:大宮島〜12.12サイパン
17.01.05:軍隊区分:機密南洋部隊命令作第7号:R攻略部隊 17.01.06:軍隊区分:機密R攻略部隊命令作第1号:本隊第一部隊輸送船第一分隊(船番号:I/2) 17.01.14:(R攻略作戦:輸送船第一分隊)大宮島〜      〜01.14 1500 港外にて敷設艦津輕」と合同〜      〜01.17 0300 驅逐艦「睦月」、同「望月」解列〜      〜01.17 0940 メレヨン島西方海面にて第六水雷戦隊及び第四部隊に合同〜      〜01.17 1315 驅逐艦「睦月」、同「望月」復帰〜      〜01.17 1515 驅逐艦「望月」解列〜      〜01.18 0430 驅逐艦「睦月」解列〜      〜01.18 0739 特設運送船第二號海城丸」が合同〜      〜01.19 1700 驅逐艦「睦月」復帰〜      〜01.20 1737 驅逐艦「夕凪」解列〜      〜01.22 1000 驅逐艦「夕凪」復帰〜      〜01.22ラバウル港外 17.01.23:部隊揚陸  17.02.05:ラバウル〜02.28パラオ 17.03.01:パラオ〜03.17ガルアングル03.24〜03.31パラオ 17.05.10:パラオ〜05.17ラバウル 17.06.10:ラバウル〜06.23宇品 17.06.24:宇品〜06.28マニラ 17.06.30:マニラ〜ダバオ〜08.07パラオ 17.--.--:パラオ〜09.23ラバウル 17.09.23:ラバウル〜09.24ショートランド09.27〜10.21ラバウル 17.10.24:ラバウル〜11.11高雄11.12〜11.15黄埔〜12.12ラバウル 18.01.05:ラバウル〜01.07ニューギニア01.08〜01.10ラバウル 18.01.11:ラバウル〜01.16パラオ 18.03.04:パラオ〜03.09宇品 18.05.10:大阪〜06.10ラバウル 18.06.29:ラバウル〜07.06パラオ 18.07.16:パラオ〜07.22マニラ 18.07.23:マニラ〜サンタクルーズ〜07.31高雄 18.08.01:高雄〜08.04門司 18.09.01:宇品〜09.19パラオ 18.10.13:パラオ〜10.22宇品 18.10.24:宇品〜12.03ラバウル 18.12.15:ラバウル〜01.07宇品 19.01.09:宇品〜02.16パラオ 19.03.06:パラオ〜04.11大阪 19.05.23:大阪〜07.05ハルマヘラ 19.07.11:ワシレ〜07.14ビートン 19.07.--:ビートン〜マニラ 19.08.16:マニラ〜08.16基隆 19.08.17:基隆〜08.24鹿児島 19.09.--:塩を搭載 19.09.27:(タモ26船団)高雄〜      〜09.28 0205 「第一號海防艦」が合同し護衛開始〜      〜09.28基隆 19.10.01:(タモ26船団)基隆〜      〜10.01 0900 「第一號海防艦」が合同し護衛開始〜      〜10.01 ---- 特設砲艦長白山丸」が主冷却水管破損修理の為、船団から分離し基隆に向かう〜      〜10.03 ---- 一番船が船団から分離し長崎へ先行〜      〜10.05 0600 特務艦波勝」が船団から分離し先行〜      〜10.06 0300 荒天の為「洋興丸」は的山大島に避泊〜      〜10.06 1130 特設電線敷設船王星丸」は福岡湾に避泊〜      〜10.06門司 19.10.29:大阪〜門司 19.11.30:(ミ29船団)門司〜12.06高雄 19.12.07:高雄〜12.08鹿児島 20.01.02:(タモ34船団)基隆〜      〜01.08 2250 福岡湾仮泊〜      〜01.09 0700 仮泊地発〜      〜01.09六連 20.01.22:(モタ33船団)六連〜      〜01.29 0655(N25.19-E120.53)被雷〜      〜01.29 0720 「第四十六號海防艦」は船団を指揮し先航、             「第十六號海防艦」と「第十四號海防艦」が附近の掃蕩〜      〜01.29 1000 「第十六號海防艦」を警戒艦とし「第十四號海防艦」が人員救助開始〜      〜01.29 1100 「第十六號海防艦」が人員救助開始
20.01.29:沈没 20.01.29:解傭
喪失場所:N25.20-E121.06 基隆北西65km附近 喪失原因:米潜水艦Picuda(SS-382)の雷撃

同型船

(淺野造船所B型標準船)
 第一吉田丸彌生丸櫨山丸武洋丸、呉羽丸、朝洋丸、まるた丸、加洲丸ぼすとん丸、
 甲春丸、ウラル山丸りい丸はあぶる丸みらん丸美洋丸、明洋丸、明元丸、コ洋丸、
 wm丸麗洋丸旺洋丸巴洋丸、壽洋丸、香洋丸

兵装

 野砲、高射砲。

写真資料

 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.214)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る