はあぶる丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.11.10:起工 T09.05.01:進水、命名:はあぶる丸 T09.05.29:竣工、船主:國際汽船株式會社、船籍港:横浜、登録総噸数:4,994
T10.--.--:船籍港:~戸、登録総噸数:5,467に変更 T13.04.17:大連〜清水〜05.03横浜 T13.11.01:Coos Bay〜11.29横浜 T14.01.23:Grays Harbour〜02.15横浜 07.06.09:船主:石原合名會社、船籍港:京都府府中に変更 07.06.09:傭船主:石原産業海運合資會社 09.05.04:船主:石原産業海運株式會社に変更 13.11.13:彦島にて定期検査完了 14.11.--:中間検査 16.04.--:中間検査
16.09.07:徴傭:陸軍、船番号:606 16.09.07:門司〜09.17西貢〜10.08黄埔 16.10.11:黄埔〜10.21宇品 16.10.21:基隆〜10.22壼盧島10.23〜高雄
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:1) 16.12.18:(第一輸送船隊)高雄〜      〜12.19 0530 第二護衛隊が合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.22:0500 揚陸開始      0545 第四十八師団主力を揚陸 16.12.--:リンガエン〜01.05宇品 17.01.13:佐世保鎮守府機密第757番電:      1.陸軍徴傭船高岡丸、はあぶる丸(挺身隊乗船)、亞丁丸宮殿丸山菊丸乾瑞丸(補充交代兵        乗船)1月15日0800門司発魚山群島(17日2300頃)を経て支那沿岸を南下し19日2200頃高雄入港        以後カムラン方面回航の予定      2.六隻編隊本府担任区域内平島、燕にて直接護衛を行う、速力九節 17.01.13:門司〜六連 17.01.15:六連〜      〜01.16 1900 敷設艇」、平島」が護衛を終了〜      〜01.19高雄 17.02.05:高雄〜02.08カムラン02.10〜03.01エレタン03.04〜03.10昭南 17.03.19:昭南〜03.26蘭貢04.01〜04.11昭南 17.04.12:昭南〜04.16大連05.15〜05.21宇品 17.05.22:神戸〜05.23木浦 17.06.08:中間検査 17.06.15:木浦〜06.20大阪 17.06.27:大阪〜07.14高雄07.20〜07.24基隆07.25〜07.27門司 17.08.12:宇品〜08.15馬公08.27〜09.06昭南 17.09.07:昭南〜09.10バタビヤ09.20〜09.22スラバヤ10.04〜10.06ラバウル 17.10.21:ラバウル〜11.06マニラ 17.11.07:マニラ〜11.11高雄 17.11.12:高雄〜11.18香港11.24〜11.25九龍 18.2Q :船主:日本海運株式會社に変更 18.05.02:(第32船団)九龍〜泗礁山 18.05.03:燕機密第031630番電:       支第十一船団(香港第三二船団)3隻3日1600泗礁山発、黄島通過迄直接護衛、速力八節、航路直行、       はあぶる丸、曉天丸、宇品行、日久丸、八幡行、       正午位置 4日北緯31度30分東経125度30分            5日北緯32度30分東経129度00分            6日0600六連島着の予定 18.05.03:(支第一一船団)泗礁山〜      〜05.05 0530 黄島通過、敷設艇」が護衛を終了〜      〜05.06六連 18.05.--:六連〜05.07宇品 18.3Q :船主:石原汽船株式會社、船籍港:東京に変更 18.07.24:門司〜08.03ラバウル 18.08.05:ラバウル〜08.14パラオ 18.08.24:パラオ〜09.07門司 18.09.21:門司〜10.05パラオ 18.10.13:パラオ〜10.22宇品 18.10.25:宇品〜11.22パラオ 18.11.30:パラオ〜12.11宇品 18.12.19:宇品〜01.15昭南 19.01.27:昭南〜03.12パラオ 19.03.24:パラオ〜04.26彦島 19.06.02:門司〜06.13マニラ 19.06.27:マニラ〜06.29セブ06.30〜07.05ハルマヘラ 19.07.15:ハルマヘラ〜07.16ビートン07.21〜07.26セブ07.28〜07.30マニラ 19.08.15:(H33船団)マニラ〜08.17セブ08.18〜08.21ザンボアンガ08.21〜08.24ホロ08.27〜ビートン 19.10.04:解傭
19.10.19:空爆損傷 19.10.30:沈没
喪失場所:ホロ港 喪失原因:空爆

同型船

(淺野造船所B型標準船)
 第一吉田丸彌生丸櫨山丸武洋丸、呉羽丸、朝洋丸、まるた丸、加洲丸ぼすとん丸、
 甲春丸、ウラル山丸りい丸くらいど丸みらん丸美洋丸、明洋丸、明元丸、コ洋丸、
 wm丸麗洋丸旺洋丸巴洋丸、壽洋丸、香洋丸

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1999年8月号「日本商船隊の懐古 No.241」山田早苗
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.82)
 「創業弐拾年史」 S16.03 石原産業海運株式會社
 小樽市博物館所蔵(82-9)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る