旺洋丸・い號旺洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.07.27:起工 T10.07.25:進水、命名:旺洋丸 T10.09.23:竣工、登録総噸数:5,670、登録純噸数:3,468
05.09.--:繋船中 06.--.--:登録総噸数:5,458、登録純噸数:3,323に変更
16.09.26:徴傭:陸軍 16.09.26:宇品〜10.02壼盧島10.17〜10.24高雄 16.10.24:高雄〜
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第一輸送船隊第四分隊(船番号:24) 16.12.18:(第一輸送船隊)高雄〜      〜12.19 0530 第二護衛隊が合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.22:0500 揚陸開始       0545 第四十八師団主力を揚陸 16.12.25:特設砲艦大興丸」と接触 16.12.--:リンガエン〜12.30高雄 16.12.30:高雄〜12.31香港〜カムラン
17.02.01:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:4) 17.02.09:(あ号L作戦先遣隊)カムラン〜      〜02.09 1920 ホンカット灯台の58度7分にて驅逐艦「吹雪」が敵潜を探知攻撃〜      〜02.10 1005 陸軍徴傭船あらすか丸」が機関故障し列外に出る〜      〜02.10 1130 陸軍徴傭船「あらすか丸」が機関復旧し列に入る〜      〜02.12 1200(N04.45-E107.10)第一掃海隊、「第七號驅潜艇」「第八號驅潜艇」が合同             第十一驅逐隊、驅逐艦「朝霧」が燃料補給の為、分離〜      〜02.12 1720(N04.00-E106.56)巡洋艦「由良」が合同〜      〜02.12 2000 巡洋艦「川内」、同「由良」が分離〜      〜02.14 1020(S00.15-E105.10)巡洋艦「川内」及び驅逐艦「初雪」、同「白雪」が合同〜      〜02.14 1115 サマ島南東10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14 1245 サマ島南10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14ムントク 17.02.15:0100 ムントク泊地に入泊      0220 第三十八師団先遣隊上陸成功 17.02.15:ムントク〜      〜02.15 1600 陸軍徴傭船但馬丸」被爆、炎上、同船はムントクに引返す〜      〜02.15ムーシ河口 17.02.--:ムーシ河口〜02.20パレンバン03.05〜03.19リンガエン 17.06.11:大阪〜07.04海防07.05〜07.09西貢07.10〜07.15昭南 17.07.16:昭南〜07.21南京08.07〜08.08昭南 17.08.11:昭南〜08.26西貢08.27〜08.30昭南 17.09.02:昭南〜09.03西貢09.11〜09.19昭南 17.09.19:昭南〜10.01蘭貢10.03〜10.08昭南 17.10.11:昭南〜10.15蘭貢10.17〜10.24昭南 17.10.25:昭南〜11.01バタビア11.03〜11.14香港 17.12.03:香港〜12.19ラバウル 18.01.13:ラバウル〜01.24エレベンタ02.01〜02.14ラバウル 18.02.15:ラバウル〜02.24パラオ03.03〜03.10マニラ 18.03.11:マニラ〜03.29サンフェルナンド 18.04.16:サンフェルナンド〜 18.04.20:解傭
18.06.12:第8次海軍指定船 18.12.11:(第226船団)高雄〜      〜12.14 2300 一般徴傭船延壽丸」が機関故障〜      〜12.15 0400 一般徴傭船「延壽丸」は中城湾に避泊のため船団から分離〜      〜12.16 1332 「第三十六號哨戒艇」が敵潜望鏡発見攻撃に向かう〜      〜12.17 0010 「第三十六號哨戒艇」が鹿児島湾口にて船団に合同〜      〜12.17 1302 「第三十六號哨戒艇」が野母埼沖にて護衛を止め船団と分離〜      〜12.17門司 19.02.07:(モタ02船団)門司〜      〜02.08 1045 黄島東方にて「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜02.08 2240(N31.08-E129.35)陸軍徴傭船「りま丸」、同「白根山丸」被雷〜      〜02.08 2254(N31.05-E129.37)陸軍徴傭船「りま丸」沈没〜      〜02.08 2320 護衛艦は対潜掃蕩、船団は鹿児島へ避航〜      〜02.09鹿児島 19.02.12:(モタ02船団)鹿児島〜02.17高雄 19.02.26:基隆〜03.08高雄03.16〜03.24楡林03.31〜04.05高雄 19.04.13:高雄〜04.21大阪04.25〜05.07神戸 19.05.04:徴傭発令:       授受地:~戸       授受年月日:昭和19年5月7日 19.05.07:指定解除
19.05.07:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、佐世保鎮守府所管、海軍省配属 19.05.--:曳船、救命艇搭載 19.05.09:神戸〜05.10今治05.11〜05.11呉 19.05.--:曳船、救命艇陸揚、設営隊資材搭載 19.05.18:呉〜05.19若松 19.05.--:人員、糧食搭載 19.05.31:若松〜06.01六連島 19.06.02:六連島〜06.02唐津06.03〜06.03蓋島06.04〜06.08淡水港沖06.09〜06.10基隆 19.06.--:燃料炭、飲料水、糧食補給 19.06.11:基隆〜06.13高雄 19.06.18:高雄〜06.23マニラ 19.06.24:航空機材、治療品搭載(06.25まで) 19.06.26:マニラ〜06.28セブ 19.06.29:糧食品搭載 19.06.30:セブ〜07.03ダバオ 19.07.04:設営隊、隧道隊資材その他陸揚(07.14まで) 19.07.15:警戒警報発令によりダバオ東北方約30浬の地点に避難 19.07.16:警報解除によりダバオに引返す 19.07.17:資材陸揚完了 19.07.18:麻搭載(07.20まで) 19.07.21:航空機材搭載(07.24まで) 19.07.25:(Z258船団)ダバオ〜      〜07.25 1452 哨戒機が右140度陸岸近くに爆弾投下、           「第四十九號驅潜艇」「第五十八號驅潜艇」が攻撃に向う〜      〜07.25 1600 「第百二十七號特設輸送艦」、一般徴傭船柳河丸」、特設驅潜艇第二鶚丸」、           特設捕獲網艇第一號東光丸」が船団より分離サランガニ湾に向う〜      〜07.27 0055(N05.20-E121.43)米潜水艦"Dace"(SS-247)の雷撃を受け           特設運送船第二共榮丸」が損傷後沈没〜      〜07.27ザンボアンガ 19.07.28:航空機材陸揚、コプラ搭載 19.07.29:ザンボアンガ〜07.31セブ 19.08.01:セメント、燃料炭搭載 19.08.02:港外に転錨 19.08.03:セブ〜08.03カタインガン湾08.04〜08.05キャプラン08.06〜08.06マニラ 19.08.07:麻、コプラ、セメント、航空機材その他陸揚(08.11)まで 19.08.13:(マサ10船団)マニラ〜      〜08.13 ---- 特設驅潜艇春日丸」が船団より離脱、護衛任務を解かれる〜      〜08.14バターン(ルカニン) 19.08.14:(マサ10船団護衛)バターン〜      〜08.15 ---- 特設驅潜艇布引丸」、英風丸」が後落〜      〜08.16 ---- 特設驅潜艇芙蓉丸」が後落、護衛任務を解かれる〜      〜08.20カムラン湾 19.08.21:清水、糧食補給、待機(08.24まで) 19.08.21:(マサ10船団)カムラン湾〜      〜08.21 0953 陸軍配當船「だあばん丸」被雷〜      〜08.21 1200 陸軍配當船「だあばん丸」遭難現場着〜      〜08.21 1300 陸軍配當船「だあばん丸」の曳航を試みるが3回に亘り曳索切断〜      〜08.21 1359 陸軍配當船「だあばん丸」沈没〜      〜08.21カムラン湾 19.08.25:(マサ10船団)カムラン湾〜08.26西貢 19.08.27:精米、雑貨搭載(08.30まで) 19.08.31:燃料炭、清水、糧食補給 19.09.01:船艙に漏水があり荷役中止 19.09.02:船艙修理(09.05まで) 19.09.06:精米搭載(09.07まで) 19.09.08:甲板、機関部整備(09.11まで) 19.10.01:西貢〜10.01聖雀 19.10.03:(サマ13船団)聖雀〜      〜10.03 2154 驟雨の為、ブリットバンクに座礁〜      〜10.04 離礁、敷設艇由利島」の護衛で聖雀に向かう〜      〜聖雀 19.10.05:聖雀〜10.05西貢 19.10.06:船底漏水箇所修理(10.12まで) 19.10.13:西貢〜10.13聖雀 19.10.16:(サマ13船団)聖雀〜      〜10.20 0328(N04.45-E113.30)陸軍徴傭船羽後丸」被雷沈没、             「第十七號掃海艇」「第十八號掃海艇」が対潜掃蕩〜      〜10.20 0437(N04.40-E113.25)被雷沈没
19.10.20:沈没  19.11.30:解傭
喪失場所:N04.40-E113.25 ミリ北西70km附近 喪失原因:米潜水艦Hammerhead(SS-364)の雷撃

同型船

(淺野造船所B型標準船)
 第一吉田丸彌生丸櫨山丸武洋丸、呉羽丸、朝洋丸、まるた丸、加洲丸ぼすとん丸、
 甲春丸、ウラル山丸りい丸くらいど丸はあぶる丸みらん丸美洋丸、明洋丸、
 明元丸、コ洋丸、wm丸麗洋丸巴洋丸、壽洋丸、香洋丸

兵装

 野砲。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 "City of Vancouver Archives", Reference code: AM1506-S3-2-: CVA 447-2856

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る