だあばん丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.07.26:起工 T08.11.10:進水、命名:だあばん丸 T08.12.02:竣工
T12.10.24:グラスゴー〜New Port〜Swansea〜Birkenhead〜坡土西〜蘇士〜新嘉坡〜香港〜      〜上海〜神戸〜大阪〜01.13横浜 T13.05.10:リバプール〜坡土西〜新嘉坡〜香港〜上海〜大沽〜07.12横浜 T13.12.13:漢堡〜坡土西〜蘇士〜新嘉坡〜香港〜呉淞〜上海〜神戸〜大阪〜四日市〜03.11横浜
16.10.12:徴傭:陸軍 16.11.06:六連〜11.16壼盧島12.18〜12.24アチモナン12.24〜12.26高雄 16.12.26:高雄〜12.28基隆12.30〜01.12青島01.14〜01.16宇品 17.01.17:宇品〜01.21青島02.13〜02.17海防02.20〜02.22基隆02.23〜03.01西貢 17.03.02:西貢〜03.05蘭貢03.31〜04.08西貢 17.04.09:西貢〜04.16カムラン04.17〜04.21汕頭04.30〜05.01大連05.03〜05.06神戸 17.05.07:神戸〜05.08大連05.10〜05.12神戸 17.05.23:解傭
17.06.19:徴傭:船舶運營會 17.08.--:陸軍配當船として運航 17.12.--:陸軍配當船として運航終了 17.12.--:陸軍配當船として運航 18.02.--:陸軍配當船として運航終了 18.03.--:陸軍配當船として運航 18.05.26:第1次海軍指定船 18.06.--:陸軍配當船として運航終了 18.08.29:(第297船団)馬公〜      〜08.31 1010(N28.34-E123.05)「國光丸」被雷〜      〜08.31 1013(N28.29-E123.05)「松東丸」被雷〜      〜09.03門司 18.11.--:陸軍配當船として運航 19.03.11:神戸〜03.12門司 19.03.15:門司〜03.22高尾 19.03.24:高雄〜03.29キキュイク03.30〜04.01聖雀 19.04.04:聖雀〜04.17昭南 19.04.26:昭南〜04.26ビンタン島04.30〜05.07昭南 19.05.07:(シミ02船団)昭南〜      〜05.10 2025 「第十八號掃海艇」が爆雷威嚇投射2個〜      〜05.11 1545 キツロング岬仮泊〜      〜05.11 1901 キツロング岬発〜      〜05.12ミリ 19.05.13:(ミマ10船団)ミリ〜05.19マニラ 19.05.21:マニラ〜05.21キャンプキャペン05.24〜05.28高雄 19.05.30:高雄〜06.06門司 19.06.07:門司〜06.08神戸 19.06.11:神戸〜06.14横浜 19.06.--:陸軍配當船として運航終了 19.07.12:横濱〜07.13尾鷲07.14〜07.15部崎07.16〜07.16門司 19.07.16:門司〜07.17三池 19.07.18:三池〜07.19釜山07.21〜07.22門司 19.07.23:門司〜07.24六連 19.07.24:(ミ13船団)六連〜07.24唐津湾07.25〜07.25伊万里湾 19.07.26:(ミ13船団)伊万里湾〜      〜07.27 ---- 特設驅潜艇第三拓南丸」は故障船「ちゃいな丸」を護衛し伊万里に向け変針〜      〜07.29 0930 「松浦丸」が分離し基隆に向かう〜      〜07.30 ---- 「第十八號掃海艇」と海軍配當船第二小倉丸」が船団から分離〜      〜07.31高雄 19.08.04:(ミ13船団)高雄〜      〜08.07 2203(N14.50-E119.57.5)海防艦草垣」被雷沈没〜      〜08.07 2210 「第十八號掃海艇」が爆雷投射〜      〜08.08マニラ 19.08.13:(マサ10船団)マニラ〜      〜08.13 ---- 特設驅潜艇春日丸」が船団より離脱、護衛任務を解かれる〜      〜08.14バターン(ルカニン錨地) 19.08.14:(マサ10船団)バターン〜      〜08.15 ---- 特設驅潜艇布引丸」、英風丸」が後落〜      〜08.16 ---- 特設驅潜艇芙蓉丸」が後落、護衛任務を解かれる〜      〜08.20カムラン湾 19.08.21:(マサ10船団)カムラン湾〜      〜08.21 0953 被雷〜      〜08.21 1020 特設掃海艇音羽丸」、留萌丸」他3隻が遭難者救助開始〜      〜08.21 1200 一般徴傭船旺洋丸」来着〜      〜08.21 1300 「旺洋丸」が曳航を試みるが3回に亘り曳索切断〜      〜08.21 1359 沈没
19.08.21:沈没 19.08.21:指定解除 19.08.21:解傭
喪失場所:N11.40-E109.20 カムラン湾口東方60km附近 喪失原因:米潜水艦Muskallunge(SS-262)の雷撃

同型船

 あらすか丸でらごあ丸あとらす丸だかあ丸

兵装

 野砲、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.176)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.56)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.793)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.185)
 小樽市博物館所蔵(5-18, 11-3)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る