でらごあ丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.03.19:起工 T08.09.10:進水、命名:でらごあ丸 T08.10.01:竣工
T12.11.03:紐育〜Baltimore〜Norfolk〜Galveston〜Cristobal〜Balboa〜桑港〜01.12横浜 T13.06.07:Liverpool〜坡土西〜新嘉坡〜香港〜上海〜門司〜神戸〜大阪〜08.10横浜 T13.12.06:Glasgow〜New Port〜Swansea〜Glasgow〜Birkenhead〜坡土西〜蘇士〜新嘉坡〜香港〜上海〜     〜神戸〜大阪〜03.04横浜
13.07.16:徴傭:陸軍 14.01.15:解傭
16.07.13:徴傭:陸軍 16.10.10:釜山〜11.15上海〜カムラン湾~ 16.12.--:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:1) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 1800 巡洋艦「川内」が分離〜      〜12.16シンゴラ 16.12.16:第五師団主力揚陸開始 16.12.22:揚陸完了 16.12.22:シンゴラ〜12.23海口12.28〜12.31虎門 16.12.31:虎門〜01.01海口01.03〜01.18シンゴラ01.19〜01.25基隆 17.02.08:基隆〜02.12門司 17.02.26:坂出〜03.02高雄 17.03.07:高雄〜03.15カムラン03.22〜03.30パレンバン04.09〜04.11昭南 17.04.22:昭南〜04.28蘭貢05.05〜05.11昭南 17.05.12:昭南〜05.18高雄 17.05.21:高雄〜05.25大阪 17.07.12:大阪〜07.29馬公 17.07.31:馬公〜08.12西貢 17.08.13:西貢〜08.22昭南 17.08.23:昭南〜08.25聖雀09.24〜10.01神戸 17.10.21:大阪〜11.21西貢11.25〜11.28昭南 17.11.30:昭南〜12.03スラバヤ12.08〜12.22ラバウル 18.01.16:ラバウル〜01.22パラオ 18.02.10:パラオ〜02.20スラバヤ 18.02.27:スラバヤ〜03.04ジャカルタ 18.03.14:ジャカルタ〜03.20昭南 18.03.22:昭南〜03.25聖雀03.27〜04.02高雄 18.04.04:高雄〜04.09門司 18.05.05:宇品〜05.07釜山05.08〜05.09神戸 18.05.25:門司〜06.02パラオ 18.06.30:パラオ〜07.06門司 18.10.31:(オ112船団)佐伯〜パラオ向け航行
18.11.02:沈没 18.11.02:解傭
喪失場所:N28.20-E135.20 都井岬南東540km附近 喪失原因:米潜水艦Trigger(SS-237)の雷撃

同型船

 あらすか丸だあばん丸あとらす丸だかあ丸

兵装

 野砲、山砲、戦車砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1989年9月号「日本商船隊の懐古 No.122」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.175)
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.263)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.56)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.388)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.185)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る