留萌丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T09.03.20:進水、命名:留萌丸 T09.03.--:竣工、船主:共同漁業株式會社、船籍港:広島県土生町、登録純噸数:82、登録幅:6.7
T09.04.27:汽船トロール漁業許可       許可番号:第二六號       名義:共同漁業株式會社       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、博多港       許可期間:許可の日より十箇年 T10.--.--:船籍港:下關に変更 T11.--.--:登録純噸数:81に変更 04.05.15:汽船トロール漁業許可証書換       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、戸畑港に変更 05.03.24:船籍港:戸畑に変更 05.04.16:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和05年04月27日より起算し十箇年 06.06.08:汽船トロール漁業取締規則により東海及黄海に於ける汽船トロール漁業の操業を禁止       期間:自昭和06年07月01日 至同年08月31日 09.07.01:汽船トロール漁業許可証書換       名義:豊洋漁業株式會社に変更 09.08.16:汽船トロール漁業許可証書換       名義:共同漁業株式會社に変更 12.05.07:船主:日本水産株式會社、登録幅:6.8に変更 12.06.04:汽船トロール漁業許可証書換       名義:日本水産株式會社に変更 14.--.--:〜09.03江南 14.09.03:入渠
15.10.10:徴傭 15.11.01:入籍:内令第779号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.01.15:内令第49号:馬公防備隊所属 16.07.31:内令第866号:馬公警備隊所属解除 16.07.31:掃海艇長:海軍豫備中尉 出口 正男 16.08.06:馬公〜 16.09.01:内令第1014号:(南遣艦隊) 16.10.15:内令第1253号:第八十一警備隊所属 16.11.20:内令第1494号:第十一特別根據地隊所属      〜12.15西貢 16.12.20:軍隊区分:馬來部隊信電令作第8号:第九根據地隊指揮下 17.01.01:聖雀〜 17.01.20:軍隊区分:第九根據地隊指揮下 17.01.21:軍隊区分:機密馬來部隊第一護衛隊命令作第2号:掃海隊      〜01.22プロコンドル 17.01.23:プロコンドル〜01.26エンドウ冲 17.01.26:0800 泊地掃海開始 17.01.27:エンドウ冲〜01.29アナンバス 17.02.25:軍隊区分:E部隊電令作第151号:第十特別根據地隊指揮下 17.03.--:軍隊区分:昭南根據地部隊護衛隊−T,D,U作戦中 17.03.05:昭南商港啓開水路の小掃海完了 17.03.14:ラブハンルク〜03.17ベラワン 17.05.05:軍隊区分:馬來部隊信電令作第44号:昭南根據地隊部隊 17.05.08:浮標以南マラッカ海峡の掃海浮標を全部撤去、浮流機雷処分(05.11まで) 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.09.10:軍隊区分:機密佛印根據地部隊命令作第3号:海上隊 18.01.--:軍隊区分:佛印根據地部隊カムラン基地部隊 18.01.--:軍隊区分:OB作戦部隊  18.01.--:プロダマ群島、仏スループ(Avisos de 1er Classe)"Marne"と連絡待機 18.01.12:OB作戦打切り 18.01.--:対潜掃蕩 18.01.31:対潜掃蕩打切り 18.03.16:カムラン湾口付近にて待機 18.03.17:カムラン〜西貢 18.03.--:修理 18.03.--:西貢〜03.19カムラン 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.06.--:佛印船渠入渠並びに岸壁横付け修理(07.08まで) 18.07.08:西貢〜07.09プロコンドル 18.07.09:人員及び糧食揚陸 18.07.10:プロコンドル〜07.11西貢 18.07.16:西貢〜07.16聖雀07.17〜07.18カムラン 18.07.24:カムラン〜対潜掃蕩〜07.28カムラン 18.08.--:カムラン湾口哨戒 18.08.14:カムラン〜対潜戦闘:爆雷6個投下〜08.15カムラン 18.08.15:爆雷積換え 18.08.15:カムラン〜対潜掃蕩〜08.17機関故障〜08.17カムラン 18.08.17:応急修理 18.08.17:カムラン〜対潜掃蕩〜08.19南北水道掃海〜08.19カムラン 18.08.19:補給 18.08.19:カムラン〜08.20カムラン 18.08.27:カムラン〜08.29西貢 18.08.29:補給、修理 18.09.--:西貢 18.10.01:西貢〜10.01カムラン 18.10.03:カムラン〜10.04カムラン 18.10.06:カムラン〜10.07カムラン 18.10.08:カムラン〜10.09カムラン 18.10.10:カムラン〜10.11カムラン 18.10.13:カムラン〜10.14カムラン 18.10.15:カムラン〜10.17カムラン 18.10.24:カムラン〜10.25カムラン 18.10.27:カムラン〜10.28カムラン 18.10.29:カムラン〜10.30カムラン 18.10.31:カムラン〜船団護衛〜11.02カムラン 18.11.04:カムラン〜哨戒及び船団護衛〜11.05カムラン 18.11.07:カムラン〜哨戒及び船団護衛〜11.09カムラン 18.11.12:カムラン〜哨戒及び船団護衛〜11.13カムラン 18.11.24:カムラン〜哨戒及び船団護衛〜 18.11.26:対潜掃蕩 18.11.28:対潜掃蕩 18.12.--:カムラン湾口警戒及び船団護衛 19.01.--:カムラン湾口警戒及び船団護衛 19.01.09:カムラン〜01.09聖雀01.10〜01.10西貢 19.01.--:船体兵器機関修理 19.02.05:西貢〜02.05聖雀02.06〜02.07カムラン 19.02.--:カムラン湾口哨戒及び船団護衛 19.03.--:カムラン湾口防備及び船団護衛 19.04.--:カムラン湾口哨戒及び船団護衛 19.05.--:カムラン湾口防備及び船団護衛 19.06.--:カムラン湾口防備及び船団護衛 19.07.08:対潜戦闘:ホンロン灯台の27度14浬 19.07.--:カムラン湾口防備警戒 19.08.--:カムラン湾口防備警戒及び交通保護 19.08.21:1020 陸軍配當船「だあばん丸」遭難者救助開始 19.09.05:カムラン〜09.07西貢 19.09.10:西貢〜09.15昭南(軍港)09.17〜09.27昭南(商港) 19.09.27:昭南商港第二造船所にて入渠 19.10.04:出渠 19.10.11:昭南〜10.16西貢 19.10.18;西貢〜10.20カムラン湾10.25〜10.25ナトラン湾10.27〜10.27カムラン湾 19.11.--:カムラン湾口泊地警戒及び交通保護 19.11.28:対潜掃蕩 19.12.02:対潜掃蕩 19.12.--:カムラン湾口泊地警戒 19.12.12:応急修理 19.12.16:カムラン湾〜12.23西貢12.28〜昭南 20.01.01:軍隊区分:機密佛印根據地部隊命令作第5号:護衛掃蕩隊 20.01.--:船体機関艤装修理 20.02.--:船体機関艤装修理(02.14まで) 20.02.--:(現在)掃海艇長:海軍大尉 則末 實
20.02.05:戦時編制:聯合艦隊第十方面艦隊第一南遣艦隊第十一特別根據地隊  20.02.15:昭南〜02.21西貢02.23〜02.23聖雀 20.02.23:夜間聖雀泊地付近海面にて敵機による磁気機雷投下監視(03.03まで) 20.03.--:聖雀〜西貢
20.05.01:内令第374号:第十一根據地隊所属 20.08.02:西貢〜プノンペン向けメコン河を遡行
20.08.07:沈没 22.05.03:除籍:復二第327号 20.12.31:解傭
喪失場所:ミト付近 喪失原因:米B24 二機による空爆

同型船

 葉山丸、新高丸、寳永丸、弁天丸、常盤丸、千早丸、陸前丸布引丸音羽丸、若草丸、春日丸吉野丸高雄丸麗水丸園部丸筑紫丸、根室丸、長良丸、嵐山丸

兵装

 (就役時)
 一号短八糎砲1門、爆雷投下台2基、九十五式爆雷8個、
 対艦式掃海具2組、小掃海具2組、水中処分具2組

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (3010)

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る