第五朝洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 12.10.--:進水、命名:第五朝洋丸 --.--.--:竣工、船主:株式會社林兼商店
15.10.31:徴傭 15.11.01:入籍:内令第777号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
15.11.01:掃海艇長:海軍豫備中尉 朝木 壽夫 15.11.--:呉〜11.05神戸 15.11.05:三菱重工業株式會社神戸造船所にて艤装工事開始 15.11.15:特設掃海隊編制:内令第838号:第二十五掃海隊 15.11.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊第二十五掃海隊 15.11.23:艤装工事完了 16.01.14:横鎮機密第91号の3:略称制定:第253号掃海艇 16.01.15:特設掃海隊編制:内令第30号:第二十五掃海隊 16.05.15:特設掃海隊編制:内令第524号:第二十五掃海隊より削る
16.05.22:除籍:内令第573号 16.05.22:解傭
16.11.29:徴傭 16.12.06:入籍:内令第1601号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
16.--.--:静浦造船にて艤装工事開始 16.12.28:艤装工事完了 16.12.31:内令第1780号:第六防備隊所属 16.12.31:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第六防備隊 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第六防備隊附属特設監視隊(15) 16.12.31:呼称番号制定:第十五號監視艇 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊タロア陸上防備部隊 17.01.27:横須賀〜 17.01.31:父島〜02.06サイパン02.11〜02.15トラック02.18〜02.21ポナペ02.24〜      〜02.28クエゼリン 17.03.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第18号:ヤルート海面防備部隊 17.03.03:1600 クエゼリン船艇錨地にて転錨の際、触礁し浸水の為、附近に任意座洲      左舷船底幅20cm、長さ6m擦過傷、主機械発電機水浸し 17.03.04:「浦上丸」工作部の協力にて応急修理作業開始、復旧に1ヶ月を要する見込み 17.04.--:艦隊区分:第六根據地隊第六防備隊附属特設監視艇(15)
17.04.10:内令第658号:第六十二警備隊所属 17.07.--:艦隊区分:第六根據地隊第六十二警備隊(12)特設監視艇(203) 17.11.20:内令第2141号:佐世保鎮守府所管に変更 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:ヤルート海面防備部隊 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.05.16:クエゼリン〜 18.07.06:対潜掃蕩 18.07.07:対潜戦闘:射撃、爆雷2個投下〜ジャボール 18.07.16:クエゼリン〜 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:ヤルート防備部隊
19.01.30:沈没 20.11.20:除籍 20.11.20:解傭
喪失場所:ヤルート環礁内 喪失原因:空爆

同型船

 第三朝洋丸

兵装

 要調査

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る