宮殿丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.05.27:進水、命名:War Kestrel T07.07.--:竣工、船主:The Shipping Controller、船籍港:London、船舶番号:142474、       登録総噸数:5,214、登録純噸数:3,194、      登録長:400.1呎、登録幅:52.3呎、登録深さ:28.5呎、      運航:Harris and Dixon, Limited
T07.07.15:徴傭:給炭船 T07.11.21:解傭
T07.11.22:カナダからの小麦輸送(T08.05.04まで) T08.05.05:カナダから遠征軍用品輸送(06.23まで) T08.--.--:改名:Argalia、      船主:Donaldson Line, Limited、船籍港:Glasgow、      運航:Donaldson Brothers, Limitedに変更 02.07.07:改名:宮殿丸、      船主:辰馬汽船株式會社、船籍港:西宮、船舶番号:32655、      登録総噸数:5,190、登録純噸数:3,194、      登録長:400.0呎、登録幅:52.0呎、登録深さ:31.0呎に変更 09.--.--:登録純噸数:3,198に変更 12.--.--:登録総噸数:5,196、登録純噸数:3,197に変更
16.09.21:徴傭:陸軍 16.09.21:宇品〜09.29壼盧島10.03〜10.12広東10.13〜10.21宇品
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第二輸送船隊第七分隊(船番号:17) 16.12.18:(第二輸送船隊)馬公〜      〜12.19 0530 第一護衛隊に合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.22:部隊揚陸 17.01.13:佐世保鎮守府機密第757番電:      1.陸軍徴傭船高岡丸はあぶる丸(挺身隊乗船)、亞丁丸、宮殿丸、山菊丸乾瑞丸(補充交代兵        乗船)1月15日0800門司発魚山群島(17日2300頃)を経て支那沿岸を南下し19日2200頃高雄入港        以後カムラン方面回航の予定      2.六隻編隊本府担任区域内平島、燕にて直接護衛を行う、速力九節 17.01.15:六連〜      〜01.16 1900 敷設艇」、平島」が護衛を終了〜      〜01.19高雄
17.02.06:輸送船隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第4号:輸送部隊第六分隊(船番号:61) 17.02.08:(西部ジャワ攻略作戦:ス作戦輸送船隊)リンガエン湾(ダモルチス泊地)〜      〜02.09 陸軍徴傭船薩摩丸」が船団から落伍〜      〜02.10 0845 驅逐艦「夕立」が陸軍徴傭船「薩摩丸」の状況調査に向かう〜      〜02.10 0930 巡洋艦「球磨」が護衛を終了〜      〜02.10 1325 「第十六號驅潜艇」、「第十七號驅潜艇」が合同〜      〜02.10 1800 第五十三驅潜隊(第十一京丸第二京丸興嶺丸)が護衛を終了〜      〜02.11 1230 「第十八號驅潜艇」が合同〜      〜02.11 日没 驅逐艦「五月雨」が目標艇となるため先行〜      〜02.12 0716 驅逐艦「春雨」が陸軍徴傭船「薩摩丸」の護衛に向かう〜      〜02.12 1545 ホロ(パタ泊地) 17.02.19:(西部ジャワ攻略作戦:ス作戦輸送船隊)ホロ(パタ泊地)〜      〜02.21 0243 タラカン沖にて特設運送船乾隆丸」が合同、             「蛭子丸」の護衛を「第三十四號哨戒艇」に引継ぐ〜      〜02.22 0730 驅逐艦「夏雲」、「第二十號掃海艇」がアルバンク(Aroebank)に先行〜      〜02.22 0945 運送艦早鞆」がマカッサルに向け分離〜      〜02.22 1200 陸軍徴傭船愛媛丸」、ばぷうる丸」が合同〜      〜02.22 1220 アルバンク通過〜      〜02.22 1410 反転、バリクパパンに向かう〜       〜02.22 1730 第三十掃海隊(第十七號第十八號)、「第二十號掃海艇」解列、先行〜      〜02.22 2200 トゥナン河口(Sapoenang of Toenan)沖(バリクパパン南西約13浬)に仮泊〜      〜02.23 1100 運送艦「早鞆」入港〜      〜02.23 1130 特設運送船興安丸」、淀川丸」入港〜      〜02.24 0717 運送艦「早鞆」、特設運送船「興安丸」、同「淀川丸」出港〜      〜02.24 0800 バリクパパン沖発〜      〜02.24 1140 驅逐艦「峯雲」を分派〜      〜02.24 1600頃 驅逐艦「峯雲」、陸軍徴傭船帝龍丸」、日照丸」が合同〜      〜02.24 2300 コタバルの100度36浬に仮泊〜      〜02.25 0730 仮泊地発〜      〜02.27 1315 西方に避退〜      〜02.27 2015 輸送船隊反転〜      〜03.01 0130 陸軍徴傭船浄寶縷丸」が四番艙に被弾、ガソリン缶に引火〜      〜03.01 0145 陸軍徴傭船コ島丸」が至近弾を受け浸水〜      〜03.01 0235 クラガン投錨 17.03.01:0400 第四十八師団第一次上陸成功 17.03.06:輸送船隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第8号:第三分隊(船番号:31) 17.03.08:クラガン〜      〜03.10 0825 第十一掃海隊(第十五號第十六號)、「第二十號掃海艇」が解列〜      〜03.10 1400 巡洋艦「那珂」が護衛を止めて反転〜      〜03.13昭南
17.12.08:宇品〜12.11釜山12.14〜12.28ラバウル 18.01.01:ラバウル〜01.08パラオ 18.01.09:パラオ〜ダバオ〜セブ〜01.21マニラ 18.02.--:マニラ〜02.18ラバウル 18.03.09:ラバウル〜03.11エレベンタ03.13〜03.15ラバウル 18.03.23:ラバウル〜03.25エレベンタ03.26〜03.29ラバウル 18.04.18:ラバウル〜04.25パラオ04.30〜05.06マニラ 18.05.23:マニラ〜05.29パラオ 18.06.14:パラオ〜ラバウル向け航行〜      〜06.19 1514 被雷〜      〜06.19 1530 総員退船発令〜      〜06.19 味方の砲撃で処分
18.06.19:沈没 18.06.19:解傭
喪失場所:N01.52-E148.03 ロスネグロス島北方350km附近 喪失原因:米潜水艦Growler(SS-215)の雷撃

同型船

(英国第一次大戦B型戦時標準船)
 Alipore、Ballena、Baarn、Balzae、Barracoo(楠山丸)、Bata(打出丸)、Belgian、Benvorlich、
 Bolivier、Boma、Bonheur、Borga、Boswell(のるうえい丸)、Clearton、Dundrum Castle、Gazana、
 Halizones、Harmodius、Harmonides、Kidderpore、Lahore、Langley、Macedonier、Nagpore、Olympier、
 Peterton、Sarthe、Silarus、Siris、Sirsa、Stonewall、Snuevier、Surada、Tiberton、
 War Acorn、War Bat、War Beagle、War Beetle、War Bison、War Bittern、War Bomber(會明丸)、
 War Buffalo、War Bulger(美島丸)、War Bulldog、War Camel、War Carp、War Chamois、War Cobra、
 War Collie、War Condor、War Coney、War Coot、War Coronet、War Crane、War Crow、War Cygnet、
 War Dahlia、War Deer、War Drake、War Driver、War Duck、War Emu、War Ferret、War Finch、
 War Fly、War Fox、War Gannet、War Gazelle、War Genista、War Gnat、War Griffin、War Gull、
 War Hind、War Horse、War Hound、War Jackdaw、War Lapwing、War Lark、
 War Lemur(北泰丸)、War Leopard(桃山丸)、War Linnet、War Llama、War Lupin、War Lurcher、
 War Lynx、War Magpie(甲隆丸)、War Mallard、War Mammoth、War Marten、War Mastiff、War Mavis、
 War Merlin、War Midge、War Miner、War Mole、War Moorhen、War Moose、War Moth、
 War Oriole(山萩丸)、War Ostrich(昭南丸)、War Otter、War Owl、War Panther、War Parrot、
 War Peacock、War Peahen、War Peewit、War Pelican、War Penguin、War Perch、War Pigeon(帝雄丸)、
 War Pike、War Piper、War Plover、War Pointer、War Poplar、War Puffin、War Puma、War Python、
 War Quail、War Raven、War Redcap、War Reynard、War Roach、War Robin、War Roebuck、
 War Sceptre、War Seagull(仁山丸)、War Seal、War Setter、War Shark、War Snake、War Sniper、
 War Spaniel(北光丸)、War Sparrow、War Spider、War Stag、War Stoat、War Swallow、War Swan、
 War Swift、War Tapir、War Terrier、War Thrush、War Tomtit、War Toucan、War Trooper、
 War Unicorn(山菊丸)、War Viper、War Vulture(新京丸)、War Walrus、War Warbler、War Whale、
 War Whippet、War Zebra。

兵装

 野砲、高射砲、機銃2基、爆雷4個。

写真資料

 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.146)
 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.183)
 "Maritime Quest"
 "Paul Johnson-Folders and Galleries"

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る