早鞆の艦歴

 年 月 日:艦歴

T11.01.21:官房機密第88号:給油艦一隻建造の件訓令 T11.02.04:命名:達第18号:特務艦「早鞆」(ハヤトモ) T11.03.14:起工 T11.08.24:類別等級制定:達第155号:種別:特務艦、類別:運送艦 T11.08.24:本籍仮定:内令第283号:佐世保鎮守府 T11.09.29:信号符字點付:達第173号:GQDU T11.12.04:進水 T11.12.04:本籍:内令第440号:佐世保鎮守府 T12.04.01:艤装員長:海軍大佐 近藤 直方 T12.09.01:艤装員長心得:海軍中佐 青木 國太郎 T13.04.01:特務艦長心得:海軍中佐 青木 國太郎 T13.04.26:呉〜広島湾にて公試運転〜04.26呉 T13.05.01:呉〜広島湾にて公試運転〜05.01呉 T13.05.03:呉〜広島湾にて公試運転〜05.03呉 T13.05.17:呉〜広島湾にて公試運転〜05.17呉 T13.05.18:竣工、役務:第一豫備特務艦
T13.05.21:呉〜05.24佐世保
T13.05.25:役務:内令第142号:在役特務艦 T13.05.29:(第1回)佐世保〜06.19桑港 T13.06.--:重油搭載 T13.06.24:桑港〜07.05ホノルル T13.07.08:ホノルル〜07.28徳山 T13.07.--:重油卸方 T13.07.30:徳山〜07.31佐世保 T13.08.28:(第2回)佐世保〜08.28徳山 T13.08.--:重油搭載 T13.08.29:徳山〜08.31舞鶴 T13.--.--:重油卸方 T13.09.01:舞鶴〜09.03徳山 T13.09.--:重油搭載 T13.09.04:徳山〜09.06舞鶴 T13.09.--:重油卸方 T13.09.07:舞鶴〜09.09徳山 T13.09.--:重油搭載 T13.09.11:徳山〜09.13舞鶴 T13.09.--:重油卸方 T13.09.14:舞鶴〜09.16徳山 T13.09.--:大演習用重油満載 T13.09.17:徳山〜09.18佐世保 T13.09.23:佐世保〜09.24呉09.28〜09.30鳥羽10.03〜10.04横須賀 T13.10.06:横須賀〜10.06館山10.09〜10.22横須賀 T13.10.24:横須賀〜10.28佐世保
T13.11.01:役務:内令第277号:第一豫備特務艦 T13.11.07:主機械低圧気筒後面柱艦内修理工事着手(01.31まで) T13.12.01:特務艦長:海軍大佐 大谷 喜四郎 T13.12.19:官房第3827号:大演習期間中洋上給油用蛇管懸吊要具を出師準備品に編入し      佐世保海軍工廠をして保管方訓令 T14.01.19:入渠 T14.01.24:出渠(予定)
T14.02.01:役務:内令第29号:在役特務艦 T14.02.01:(第3回)佐世保〜02.04馬公 T14.02.06:馬公〜02.12タラカン T14.02.--:重油搭載 T14.02.14:タラカン〜02.18マニラ T14.02.21:マニラ〜03.01徳山 T14.03.--:重油卸方 T14.03.02:徳山〜03.03佐世保 T14.03.16:(第4回)佐世保〜04.07サンペドロ(シェル石油桟橋) T14.04.--:重油搭載 T14.04.10:サンペドロ〜04.12桑港 T14.04.16:桑港〜04.27ホノルル(第9桟橋) T14.--.--:第7桟橋に繋留替え T14.05.03:ホノルル〜05.22徳山 T14.05.--:重油卸方 T14.05.24:徳山〜05.25佐世保 T14.05.25:特務艦長:海軍中佐 山口 C七 T14.06.20:(第5回)佐世保〜      〜06.21 1800 主加減バルブ棒切損、修理〜      〜06.22 0400 足摺埼南方40浬にて再切損〜      〜06.22 1300 応急処置完成〜    〜06.24横須賀 T14.06.24:横須賀〜07.09ホノルル(第9桟橋) T14.07.09:淡水190.0t補給 T14.07.10:淡水251.0t、第二種塊炭304.8t補給 T14.07.11:第7桟橋に繋留替え T14.07.13:ホノルル〜07.23サンペドロ(ゼネラル石油桟橋) T14.07.--:重油8,447t搭載 T14.07.23:淡水40t補給 T14.07.28:サンペドロ〜07.30桑港 T14.07.31:第二種塊炭1,150.112t補給 T14.08.01:淡水83.5t補給 T14.08.04:官房第2383号ノ2:復水排除装置新設の件認許 T14.08.04:桑港〜08.31徳山 T14.08.--:重油卸方 T14.09.03:徳山〜09.04佐世保 T14.10.25:(第6回)佐世保〜11.04バリクパパン T14.11.05:第三新桟橋に横付け、重油8,312t搭載 T14.11.06:バリクパパン〜11.12マニラ T14.11.14:マニラ〜11.21徳山 T14.11.--:重油卸方 T14.11.--:重油8,000t搭載、旭石油打上油槽へ輸送 T14.11.25:徳山〜11.26佐世保 T14.12.01:特務艦長:海軍中佐 寺本 武治 T15.01.10:佐世保〜01.17マニラ T15.01.20:マニラ〜01.24タラカン T15.01.--:重油8,290.73t搭載 T15.01.25:タラカン〜02.07徳山 T15.02.--:重油卸方 T15.02.08:徳山〜02.09佐世保 T15.02.15:佐世保〜タラカン (02.27   :タラカン在泊中) T15.02.--:重油搭載 T15.02.27:タラカン〜徳山 (03.12   :徳山在泊中) T15.03.--:重油卸方 T15.03.12:徳山〜佐世保 (03.15-03.31:佐世保在泊中)
T15.03.15:役務:内令第46号:第一豫備特務艦 T15.04.01:特務艦長:海軍大佐 牧 瑛 T15.04.15:役務:内令第92号:第四豫備特務艦 T15.05.20:特務艦長:海軍大佐 緒方 三郎 T15.09.01:役務:内令第192号:第一豫備特務艦 T15.11.01:特務艦長:海軍中佐 坪井 丈左衛門
T15.11.01:役務:内令第226号:在役特務艦 T15.11.04:(第1回)佐世保〜11.14タラカン(リンカス新桟橋) T15.11.14:1330 重油8,038.99t搭載開始 T15.11.15:0915 重油8,038.99t搭載終了 T15.11.16:タラカン〜11.21マニラ(ヒューロン浮標) T15.11.24:マニラ〜12.01徳山(燃料廠桟橋) T15.12.01:1835 重油8,038.99t卸方開始 T15.12.02:1115 重油8,038.99t卸方終了       1235 重油8,077t搭載開始 T15.12.03:0345 重油8,077t搭載終了 T15.12.03:徳山〜12.04佐世保
T15.11.29:類別等級制定:内令第239号:種別:特務艦、類別:運送艦、艦型:隠戸型 T15.12.01:特務艦長:海軍大佐 坪井 丈左衛門 02.05.01:特務艦長:海軍大佐 兒山 八郎 02.05.05:佐世保〜 02.06.27:0830 繋留替え 02.06.30:佐世保〜 02.09.10:官房第2965号:重油吸入管改造の件訓令 02.09.27:出渠 02.11.01:特務艦長:海軍中佐 日暮 豐年 02.12.01:特務艦長:海軍大佐 日暮 豐年 02.12.02:官房第3831号:真水庫補強新設の件訓令 02.12.26:官房第4063号:重油取入口新設の件認許 03.08.01:特務艦長:海軍中佐 糟谷 宗一 03.09.15:役務:内令第259号:第一豫備特務艦 03.11.01:内令第307号:大禮特別観艦式参列艦 03.11.30:役務:内令第332号:第一豫備特務艦 03.12.04:特務艦長:海軍中佐 川名 彪雄 03.12.10:特務艦長:海軍大佐 川名 彪雄 04.05.01:特務艦長:海軍中佐 牧 兼幸      〜08.06佐世保 04.08.15:0930 繋留替え 04.--.--:佐世保〜11.09佐世保 04.11.12:入渠 04.11.15:特務艦長:海軍中佐 原 精太郎 05.03.10:役務:内令第40号:第三豫備特務艦 05.07.10:役務:内令第159号:第一豫備特務艦 05.07.26:特務艦長:海軍中佐 高橋 頴雄
05.08.01:役務:内令第167号:在役特務艦 05.11.10:特務艦長:海軍中佐 星野 倉吉 06.04.05:特務艦長:海軍中佐 コ重 佐一郎 06.08.15:特務艦長:海軍大佐 三川 軍一 06.12.01:特務艦長:海軍中佐 飯倉 克已 07.01.25:特務艦長:海軍大佐 中山 道源 07.12.01:役務:内令第375号:第三豫備特務艦 07.12.01:特務艦長:海軍中佐 實吉 敏郎 08.04.01:役務:内令第120号:第一豫備特務艦
08.04.15:役務:内令第129号:在役特務艦 08.06.21:官房第2946号:缶管整備の件訓令 08.08.22:佐世保〜10.28佐世保 08.09.14:佐廠第291号ノ214:船体一部水防装置新設の件上申 08.10.18:信号符字改正:達第127号:JWID 08.10.19:官房第4611号ノ2:船体一部水防装置新設の件認許 08.10.27:役務:内令第340号:第三豫備特務艦 08.11.15:特務艦長:海軍中佐 中村 季雄 08.12.11:内令第403号:佐世保警備戦隊所属 09.08.25:特務艦長:海軍中佐 大塚 幹 09.11.15:特務艦長:海軍大佐 大塚 幹 10.04.01:役務:内令第126号:第一豫備特務艦
10.05.01:役務:内令第177号:在役特務艦      〜06.03横須賀06.09〜 10.06.15:役務:内令第240号:第三豫備特務艦 10.10.07:特務艦長:海軍中佐 佐藤 慶藏 11.10.07:特務艦長:海軍大佐 水崎 正次郎 11.10.17:役務:内令第378号:第一豫備特務艦 11.10.20:内令第394号:佐世保警備戦隊所属解除
11.10.20:役務:内令第395号:在役特務艦 11.10.--:重油8,000t積荷 11.10.29:徳山〜11.01横須賀(三区外港) 11.11.01:横須賀〜11.01横須賀(内港) 11.11.--:重油8,000t揚荷 11.11.04:横須賀〜11.11高雄 11.11.--:便乗者99名乗艦      爆弾164個、揮発油ドラム694缶、カストル油270箱、      揮発油空ドラム477缶、揮発油955箱、基地物件700個、機銃弾薬150筐積荷 11.11.12:高雄〜11.12馬公 11.11.--:私有託送品286個積荷      爆弾164個、揮発油ドラム694缶、カストル油270箱揚荷 11.11.13:馬公〜11.14基隆 11.11.--:揮発油4,397箱、カストル油1,400箱、爆弾323個、機銃弾薬115筐、基地物件100個積荷      便乗者90名乗艦 11.11.16:基隆〜11.18佐世保 11.11.--:便乗者46名退艦、      揮発油空ドラム477缶、揮発油5,352箱、基地物件800個、機銃弾薬265筐、      私有託送品260個、カストル油1,400箱、爆弾323個揚荷 11.11.21:佐世保〜11.24横須賀 11.11.--:便乗者143名退艦      爆弾10個、機銃弾薬20筐、基地物件100個、私有託送品20個揚荷 11.11.26:横須賀〜徳山 11.11.--:重油8,000t積荷 11.11.30:徳山〜12.01佐世保 11.12.--:重油8,000t揚荷 11.12.01:特務艦長:海軍大佐 水井 靜治 12.07.28:内令第369号:聯合艦隊附属 12.09.25:内令第644号:聯合艦隊附属解除 12.09.30:官房第5003号:重油蛇管用中間片新設の件訓令 12.11.19:特務艦長:海軍中佐 C田 孝彦 12.12.06:1530 驅逐艦芙蓉」が横付け      1545 驅逐艦刈萱」が横付け      1630 驅逐艦「刈萱」横付離す      1635 驅逐艦「芙蓉」横付離す 12.12.07:銅澳島〜 13.06.20:特務艦長:欠員 14.02.10:役務:内令第78号:第三豫備特務艦 14.02.10:特務艦長:海軍大佐 三浦 友三郎 14.09.28:特務艦長:海軍大佐 有賀 武夫 14.11.15:役務:内令第851号:第四豫備特務艦 14.11.15:特務艦長:海軍大佐 近藤 為次郎
15.01.15:内令第20号:在役特務艦 15.10.15:特務艦長:海軍大佐 松良 孝行 16.10.31:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊所属給油艦 16.11.--:軍隊区分:第四急襲隊 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JGJQ 16.12.--:第四急襲隊命令第2号:       第一軍隊区分:第二護衛隊(集合点出撃より概ね泊地入泊まで)       第二軍隊区分:補給隊(概ね泊地入泊後転移)       第三軍隊区分:補給隊(長良、第二十四驅逐隊出港後転移) 16.12.08:パラオ〜12.12レガスピ 16.12.16:1047 ルソン島レガスピ灯台の北東3,500mにて碇泊中、本艦艦首と         「第三十五號哨戒艇」の右舷後部甲板上が接触 16.12.16:「第三十五號哨戒艇」に生糧品補給 16.12.19:レガスピ〜12.24ラモン湾 16.12.24:1730 「第一號哨戒艇」に燃料補給 16.12.28:ラモン湾〜 17.01.17:官房機密第621号:小防雷具装備の件訓令 17.02.07:ダバオ〜      〜02.09 特設砲艦大興丸」の護衛終了〜      〜ホロ
17.02.06:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第4号:輸送部隊 17.02.12:巡洋艦「那珂」、第二驅逐隊に燃料補給 17.02.19:ホロ(パタ泊地)〜      〜02.21 0243 タラカン沖にて特設運送船乾隆丸」が合同、             「蛭子丸」の護衛を「第三十四號哨戒艇」に引継ぐ〜      〜02.22 0730 驅逐艦「夏雲」、「第二十號掃海艇」がアルバンク(Aroebank)に先行〜      〜02.22 0945 マカッサルに向け「ス」作戦輸送船隊から分離〜      〜02.22 1400 1EG機密第297番電によりバリクパパンに引返す〜      〜02.23 1100 トゥナン河口(Sapoenang of Toenan)沖(バリクパパン南西約13浬)に仮泊 17.02.23:巡洋艦「那珂」、第二驅逐隊、驅逐艦「海風」、同「朝雲」、同「峯雲」、同「夏雲」に補給      第二十一驅潜隊に真水及びL1補給      敷設艦「若鷹」、掃海隊に補給 17.02.23:1130 特設運送船興安丸」、淀川丸」入港 17.02.24:トゥナン河口沖〜マカッサル 17.02.25:第二水雷戦隊に補給
17.03.10:戦時編制:聯合艦隊第二南遣艦隊所属給油艦      〜03.24アンボン 17.03.25:「第一號哨戒艇」に燃料補給 17.--.--:アンボン〜ガネ湾 17.04.05:「第一號哨戒艇」に燃料補給
17.04.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第二南遣艦隊所属給油艦 17.04.--:ガネ湾〜マノクワリ 17.04.13:「第一號哨戒艇」に燃料補給 17.04.22:「第一號哨戒艇」に燃料補給 17.11.--:特設砲艦長沙丸」が護衛に就く〜11.05昭南(軍港) 17.05.15:特務艦長:海軍大佐 中尾 八郎 17.08.25:戦時編制:聯合艦隊所属給油艦 17.08.29:アンボン〜特設運送船西安丸」が曳航〜ケンダリー 18.04.15:特務艦長:海軍大佐 松野 俊郎 18.05.20:特務艦長:海軍大佐 近藤 脩三 18.08.17:特務艦長:海軍大佐 長谷部 喜藏 18.10.09:(N05.09-E119.18)シビツ水道にて米潜水艦"Kingfish"(SS-234)の雷撃を受け損傷 18.12.17:官房艦機密第6258号:運送艦迷彩塗装の件訓令:二號色 19.05.31:リンガ泊地〜雑役船來島丸」が曳航〜06.01昭南 19.07.12:昭南〜雑役船「來島丸」が曳航〜07.14リンガ泊地 19.10.01:特設運送船北上丸」から生糧品を補給 20.02.01:(現在)軍隊区分:南西部隊附属西方部隊附属補給部隊 20.02.01:昭南軍港 20.02.01:二号缶開放検査(02.15まで) 20.02.16:二号缶復旧、水圧試験施行 20.02.25:三号缶開放検査(02.26まで) 20.02.27:三号缶復旧 20.04.01:役務:内令第273号:第四豫備特務艦
20.08.15:残存 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 22.05.03:除籍:複二第327号

同型艦

 隠戸鳴戸

兵装

 五十口径三年式十四糎砲2門、四十口径三年式八糎高角砲2門。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1977年8月号増刊「日本軍艦史2.大正編」
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.34「特務艦」
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房1975年4月号 「日本の小艦艇(続)」(P.109)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.112)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2714-2716)
 「日本海軍艦艇写真集 巡洋艦」ダイヤモンド社 H17.08 呉市海事歴史科学館(P.188)

前の艦へ ← 運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る