日照丸の船歴

 年 月 日:船歴

T07.10.30:起工 T08.01.05:進水、命名:隆jロ T08.01.19:竣工、船主:國際汽船株式會社、船籍港:~戸
T13.03.16:紐育〜Baca Grande〜Pensacola〜Galveston〜巴奈馬〜05.24横浜
07.--.--:船主:萩布海商株式會社、船籍港:京都府府中に変更 15.08.02:改名:日照丸、      船主:日産汽船株式會社、船籍港:東京に変更
16.09.08:徴傭:陸軍 16.09.08:宇品〜09.23広東10.04〜10.17宇品 16.11.17:門司〜11.25パラオ 16.12.--:パラオ〜ダバオ
17.01.04:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第1号:輸送船隊第一分隊(船番号:3) 17.01.05:マララグ錨地(ダバオ)集合 17.01.07:(タラカン攻略作戦:第一分隊)マララグ湾〜      〜01.07 1100 ダリアオ発〜      〜01.07 1130 巡洋艦「那珂」が合同〜      〜01.07 1830 A点にて第三警戒航行隊形に占位〜       〜01.10 0000 第十一掃海隊、第三十掃海隊、第三十一驅潜隊が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 0700 驅逐艦「朝雲」、同「夏雲」、同「峯雲」が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 1830 泊地進入〜      〜01.10 1900 タラカン(第一泊地) 17.01.10:2130 坂口支隊上陸開始 17.01.11:0000 上陸成功 17.01.11:0030 第二泊地に向け転錨      0220 坂口支隊上陸開始      0300 上陸成功
17.01.18:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第3号:輸送船隊第一分隊(船番号:3) 17.01.21:(バリクパパン攻略作戦:第一分隊)タラカン〜      〜01.22 1800 別動隊(海風、江風、はばな丸漢口丸)が分離先行〜      〜01.23 1615 特設運送船南阿丸」が至近弾を受け損傷〜      〜01.23 1625 特設運送船辰~丸」の後部船倉に小形爆弾一命中、損害軽微〜      〜01.23 1855 特設運送船「南阿丸」総員退船〜      〜01.23 2034 第二驅逐隊(村雨、五月雨)、第十一掃海隊が泊地掃海開始〜      〜01.23 2214 泊地掃海終了〜      〜01.23 2300 バリクパパン投錨(第一泊地) 17.01.24:0035 陸軍徴傭船敦賀丸」被雷      0240 第一次上陸成功      0432 特設急設網艦須磨の浦丸」被雷轟沈      0435 特設運送船「辰~丸」被雷、約30分後沈没      0442 特設運送船球磨川丸」が敵驅逐艦と交戦      0445 陸軍徴傭船呉竹丸」被雷沈没      0521 退避      0630 第二次上陸成功      1910 湾外へ移動 17.01.25:0740 泊地帰投 17.02.05:バリクパパン〜02.08パラオ 17.02.12:パラオ〜02.16ガラスマオ
17.02.22:パラオ〜      〜02.24 ---- 驅逐艦「峯雲」が誘導〜      〜02.24 1600頃 ス作戦輸送船隊に合同〜      〜02.24 2300 コタバルの100度36浬に仮泊〜      〜02.25 0730 仮泊地発〜      〜02.27 1315 西方に避退〜      〜02.27 2015 輸送船隊反転〜      〜03.01 0130 陸軍徴傭船浄寶縷丸」が四番艙に被弾、ガソリン缶に引火〜      〜03.01 0145 陸軍徴傭船コ島丸」が至近弾を受け浸水〜      〜03.01 0235 クラガン投錨 17.03.01:0400 第一次上陸成功 17.03.06:クラガン〜03.07バリクパパン
17.03.08:バリクパパン〜03.31バタビヤ04.01〜04.22昭南 17.04.23:昭南〜05.01蘭貢05.02〜05.07昭南 17.05.08:昭南〜05.11高雄 17.06.04:高雄〜06.10神戸 17.06.14:宇品〜06.24釜山06.24〜06.25宇品 17.06.30:門司〜07.01釜山07.02〜07.03宇品 17.07.09:門司〜07.15大連07.27〜08.01神戸 17.09.16:宇品〜10.06昭南 17.10.07:昭南〜10.12クチン10.15〜10.16ミリ 17.10.18:ミリ〜10.20ゼッセルトン10.20〜10.24昭南 17.10.26:昭南〜11.14香港11.20〜11.20虎門11.21〜11.21黄埔 17.11.24:黄埔〜11.25香港11.26〜12.05パラオ 17.12.06:パラオ〜12.20ラバウル 17.12.28:ラバウル〜パラオ向け航行
17.12.30:沈没 17.12.30:解傭
喪失場所:N00.41-E148.52 ニューハノーバー島西端北西360km附近 喪失原因:米潜水艦Greenling(SS-213)の雷撃

同型船

 (大jロ型)
 第一大jロ、吉田丸、War Queen、War Prince、War Admiral、War Council、War Wolf、War Lion、
 War Tiger、War Hero、War Pilot、ぼるねお丸せれべす丸すまとら丸、~國丸、Eastern Queen、
 Easterner、長門丸、Eastern Sun、永jロ、Eastern Sea、興jロ、East Wind、East Cape、
 Easter Ling、喜jロ豐jロ、來jロ、盛jロ、東jロ慶jロ智jロ、コjロ、
 壽jロ、坡土蘭丸、華盛頓丸晩香坡丸桑港丸、紐育丸、ばぷうる丸ぐらすごう丸新嘉坡丸智利丸伯剌西爾丸、亞爾然丁丸、Eastern Moon、Eastern Ocean、Eastern Planet、Eastern Dawn、
 Eastern Cloud、亞丁丸ねいぷる丸坡土西丸からち丸けいぷたうん丸、蘇格蘭丸、伊太利丸佛蘭西丸英蘭丸、西班牙丸、丁抹丸和蘭丸、瑞典丸、ちゃいな丸諾威丸白耳義丸おはいを丸いんであ丸ていむす丸おれごん丸ぱしふいつく丸、たいん丸、あとらんちつく丸びくとりあ丸

兵装

 野砲。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1999年4月号「思い出の日本貨物船その286」
 小樽市博物館所蔵(75-14)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る