すまとらの船歴

 年 月 日:船歴

T06.08.18:起工 T06.11.27:進水、命名:第十六大jロ T06.12.25:竣工、改名:すまとら丸、船主:大阪商船株式會社、登録総噸数:5,856、登録純噸数:4,257
T07.--.--:登録総噸数:5,862、登録純噸数:4,266に変更 T08.--.--:登録純噸数:4,272に変更 T12.12.15:Melbourne〜Newcastle〜Sydney〜Brisbane〜Manila〜神戸〜大阪〜01.30横浜 T13.04.15:孟買〜新嘉坡〜香港〜神戸〜大阪〜四日市〜名古屋〜05.21横浜 16.--.--:登録総噸数:5,861、登録純噸数:4,267に変更
16.10.10:徴傭:陸軍 16.10.10:門司〜10.23上海11.03〜11.07宇品 16.11.08:宇品〜11.09上海11.13〜11.23西貢 16.11.--:西貢〜カムラン 16.12.--:輸送船隊区分:第四分隊(船番号:20) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 1800 巡洋艦「川内」が分離〜      〜12.16シンゴラ 16.12.16:第五師団主力揚陸開始 16.12.22:揚陸完了 16.12.--:シンゴラ〜12.20聖雀 16.12.--:聖雀〜カムラン〜01.07上海 17.01.07:上海〜01.08南京01.12〜02.03シンゴラ 17.02.07:シンゴラ〜02.18高雄 17.02.18:高雄〜02.19西貢03.05〜03.08昭南 17.03.21:昭南〜03.25蘭貢04.02〜04.08昭南 17.04.20:昭南〜04.23パレンバン05.23〜05.25昭南 17.06.09:昭南〜06.14盤谷〜06.16コーシチャン〜06.07昭南 17.07.12:昭南〜07.07パダン〜07.26昭南 17.08.10:昭南〜08.14蘭貢08.30〜09.05昭南 17.09.16:昭南〜09.19バタビヤ09.21〜09.24昭南 17.09.28:昭南〜10.01西貢10.05〜10.13高雄 17.10.14:高雄〜10.18青島10.20〜10.24門司 17.11.30:宇品〜12.15ラバウル 17.12.23:ラバウル〜12.24パラオ 18.01.10:座礁損傷
18.04.20:解傭 18.05.12:大破 18.05.17:放棄
喪失場所:N12.44-E124.08 サンベルナルジノ海峡ブルサン東方7km附近 喪失原因:米潜水艦Gudgeon(SS-212)の雷撃

同型船

 (大jロ型)
 第一大jロ、吉田丸、War Queen、War Prince、War Admiral、War Council、War Wolf、War Lion、
 War Tiger、War Hero、War Pilot、ぼるねお丸せれべす丸、~國丸、Eastern Queen、
 Easterner、長門丸、Eastern Sun、永jロ、Eastern Sea、興jロ、East Wind、East Cape、
 Easter Ling、喜jロ豐jロ、來jロ、盛jロ、東jロ慶jロ智jロ隆jロ、コjロ、
 壽jロ、坡土蘭丸、華盛頓丸晩香坡丸桑港丸、紐育丸、ばぷうる丸ぐらすごう丸新嘉坡丸智利丸伯剌西爾丸、亞爾然丁丸、Eastern Moon、Eastern Ocean、Eastern Planet、Eastern Dawn、
 Eastern Cloud、亞丁丸ねいぷる丸坡土西丸からち丸けいぷたうん丸、蘇格蘭丸、伊太利丸佛蘭西丸英蘭丸、西班牙丸、丁抹丸和蘭丸、瑞典丸、ちゃいな丸諾威丸白耳義丸おはいを丸いんであ丸ていむす丸おれごん丸ぱしふいつく丸、たいん丸、あとらんちつく丸びくとりあ丸

兵装

 野砲。

写真資料

 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒(P.104)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.119)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.180) 
  * 同じ写真が1944年版では「ぼるねお丸」とされているので真偽は不明

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る