新潟丸の船歴

 年 月 日:船歴

M35.04.07:起工 M36.05.09:進水、命名:新潟丸 M36.06.29:竣工、船主:日本郵船株式會社、船籍港:東京、      登録総噸数:2,183、登録純噸数:1,353、      登録長:282.75尺、登録幅:38.30尺、登録深さ:20.60尺
M36.07.28:門司〜08.04基隆 M37.01.06:官房機密第35号ノ3:假根據地防備隊用運送船として艤装訓令 M37.01.09:出渠      〜01.09佐世保
M37.01.09:徴傭 M37.01.11:入籍:内令第20号:假根據地防備隊用運送船、佐世保鎮守府所管 M37.01.11:佐世保海軍工廠にて艤装着手       舟夫室新設       小蒸気船「鴛鴦丸」を上甲板第二ハッチ上に搭載       傳馬船2隻をボートダビットに吊し1隻を上甲板に搭載 M37.01.19:艤装竣工 M37.01.24:竹林浦方面行き兵器需品搭載開始 M37.01.28:克砲及附属品94個搭載 M37.01.29:克砲及附属品8個、榴弾85箱搭載 M37.01.30:爆薬51箱搭載 M37.02.01:水雷缶28個其の他錘量、繋維索、鉄鏈、木製操絡車、位置浮標等220箱搭載 M37.02.02:枝電纜29本及び糧食品361個搭載 M37.02.03:糧食品搭載 M37.02.04:糧食品16個搭載 M37.02.05:弾丸110箱、敷設隊兵器18個、附属品60点、電纜8巻、建築材料901坪、釘54樽、煉瓦石1,130個搭載 M37.02.06:弾丸21箱、電纜7巻、建築材料、煉瓦石1,000個、セメント40樽、亜鉛板380枚、針金118貫目、      ボルト779本、板材357坪、材木5,542本、附属品24点搭載 M37.02.07:克砲装薬133缶、保砲弾薬711箱、諾砲弾薬314個、附属品23箱、板材2,740坪、円材321本、      藁1,000貫目搭載 M37.02.08:弾薬50箱、七心電纜15巻、導火薬8箱、海中爆発信管1箱、竹材8,344本、木材3,312本、      藁縄100貫目、筵1,000枚、苫60枚搭載 M37.02.09:材木4,923本、戸障子314枚、家根板3,636把、万須甕392俵、琉球表392枚、板材9枚、      鉄管120尺、火薬316貫、導火線316把、通信用器具28箱搭載 M37.02.10:建築材料若干搭載 M37.02.12:克砲装薬122缶、雑品2個搭載 M37.02.13:装薬附属品38個搭載 M37.02.15:アルコ−ル及石油79箱搭載 M37.02.16:傳馬船8隻、水タンク3個搭載 M37.02.17:糧食184叺、諸道具1,020点、草履7,000足、苫500枚、筵500枚、縄80貫、薪1,400貫、      木炭65俵、毛布700枚、石炭5,000斤、小屋材料一式、炊事道具、大工及び石工道具一式搭載 M37.02.17:艦船番号:4 M37.02.18:小屋掛材料一式、杉板150坪、弾薬54箱其の他糧食搭載 M37.02.18:佐世保〜02.19竹敷02.19〜02.19尾崎湾02.19〜02.20河清湾 M37.02.20:傳馬船8隻及び小屋掛材料一式を松真陸揚げに着手 M37.03.11:運送船「朝顔丸」搭載の糧食及び軍需品を転載開始 M37.03.29:河清湾〜03.29竹林浦 M37.03.30:建築材料陸揚開始 M37.04.06:建築材料其の他軍需品双斤方面揚陸終了 M37.04.07:竹林浦〜04.07河清湾 M37.04.07:運送船「劍山丸」に横付け、軍需品を「劍山丸」に転載(04.09まで) M37.04.09:河清湾〜佐世保 M37.06.09:三菱造船所に起重機換装依頼の件認許 M37.11.04:假船艙内と人夫室の間に区画新設外一廉の件認許      〜10.29河清湾10.29〜 M37.11.29:人夫用浴槽新設の件認許
M38.02.10:移籍:内令第96号:艦隊用運送船(給炭船)、佐世保鎮守府所管、佐世保港務部所属 M38.02.21:佐世保〜02.22鎮海湾      〜05.27佐世保 M38.05.17:満発第4359号:陸軍から海軍に「大安丸」と交換使用申入れ M38.05.19:官房機密第559号:陸軍からの申入れ承諾
M38.05.26:内令第294号:艦隊用運送船(給炭船)新潟丸を当分の間陸軍の使用に供し      其の間陸軍運送船「大安丸」を給炭船として代用す M38.06.07:陸軍徴傭船「大安丸」と交換、陸軍が使用 M38.09.20:官房機密第1053号:「新潟丸」「大安丸」復旧使用の件照会 M38.09.22:満発第4036号:海軍からの照会承諾 M38.09.27:内令第554号:海軍に復旧
M38.09.27:移籍:内令第555号:特設鎮守府及防備隊用運送船、佐世保鎮守府所管、旅順口海軍港務部      〜10.06旅順 M38.10.06:返還授受 M38.10.--:旅順〜10.16佐世保 M38.11.18:佐世保〜11.19大連湾11.20〜旅順11.22〜11.22大連11.26〜11.29佐世保 M38.12.--:佐世保〜12.09大連12.13〜12.16佐世保〜12.24佐世保 M38.12.--:佐世保〜長崎 M38.12.--:デリック改装 M38.12.--:長崎〜佐世保〜呉 M38.12.30:呉〜01.10横須賀 M39.01.16:内令第22号:特設鎮守府及防備隊用運送船、佐世保鎮守府所管、旅順口海軍港務部を解く M39.01.19:横須賀〜 M39.01.20:解傭 M39.01.25:除籍:内令第35号
M39.02.02:上海〜臺船「杜若」を右舷に横抱き〜      〜02.02 2245 漢陽鐡政局曳船「楚強」と衝突〜      〜漢口
M39.03.03:徴傭:陸軍 M39.03.26:解傭
T04.--.--:登録総噸数:2,065、登録純噸数:1,167、      登録長:279.0呎、登録幅:39.5呎、登録深さ:23.2呎に変更 T04.07.02:門司〜浦鹽斯徳 T09.07.25:日本郵船株式會社と傭船契約締結:大正09年07月28日までに神戸港に於て積荷悉皆陸揚を終り      航海準備を整え横須賀軍港に向け出帆の日より使用
T09.07.26:入籍:内令(2)第261号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府所属 T09.07.27:官房機密第956号ノ5:監督官を置かず T09.07.--:神戸〜07.30新潟 T09.07.31:徴傭授受 T09.08.02:通牒:経船第11号 T09.08.10:横須賀〜08.13小樽08.14〜08.15稚内08.16〜08.16宗谷08.19〜08.22チャイゥオー08.25〜      〜08.28小樽 T09.08.28:燃料搭載 T09.08.29:小樽〜09.01横須賀 T09.09.02:除籍:内令第311号 T09.09.02:解傭
T12.03.31:近海郵船株式會社に変更 T12.11.18:上海〜11.22横浜 T12.12.08:上海〜12.13横浜 T12.12.28:上海〜01.02横浜 T13.01.19:上海〜01.24横浜 T13.02.08:上海〜02.13横浜 T13.03.03:上海〜釜山〜門司〜清水〜03.13横浜 T13.06.23:高雄〜神戸^大阪〜07.01横浜 T13.09.21:牛荘〜大連〜09.28横浜 T14.02.01:上海〜鹿児島〜清水〜02.11横浜 T14.02.25:上海〜名古屋〜清水〜03.05横浜 03.--.--:登録総噸数:2,069、登録純噸数:1,161に変更 14.09.01:東亞海運株式會社に変更 16.--.--:登録純噸数:1,158に変更
18.06.04:第1次海軍指定船 18.08.20:(第4次)清水〜      〜08.23 宇部沖(本山浮標144度3浬)にて浚渫船「武庫丸」と接触〜       〜08.23門司 18.08.--:門司〜塘沽〜09.01天津
19.06.--:石灰900t搭載 19.06.02:大沽〜06.03大連06.04〜06.08下関06.09〜06.14東京 19.06.--:石灰2,250t卸方 19.06.17:東京〜06.18横浜 19.06.--:雑貨2,205t搭載 19.06.23:横浜〜06.30門司 19.06.--:石炭補充 19.07.02:門司〜07.10塘沽 19.07.--:雑貨2,205t卸方、石灰2,250t搭載 19.07.14:塘沽〜07.16大連 19.07.--:養缶、飲用水補給 19.07.17:大連〜07.24下関 19.07.--:養缶、飲用水補給 19.07.26:下関〜07.26若松 19.07.--:石炭補充 19.07.29:若松〜08.04東京 19.08.--:石炭2,250t卸方 19.08.06:東京〜08.07横浜
19.08.07:臨時配當船:第二次AC船 19.08.--:軍需品700t搭載 19.08.19:横浜〜08.20八丈島 19.08.--:軍需品700t卸方、軍需品2t搭載 19.08.24:八丈島〜08.25横浜 19.08.--:軍需品2t卸方、軍需品1,000t搭載 19.09.09:横浜〜09.10八丈島 19.09.--:軍需品1,000t卸方 19.09.13:八丈島〜09.14横浜 19.09.--:軍需品360t搭載 19.09.21:横浜〜09.22八丈島 19.09.--:軍需品230t卸方 19.10.04:八丈島〜10.05横浜 19.10.05:臨時配當船解除
19.10.09:横浜〜10.09東京 19.10.11:東京石川島造船所にて入渠 19.10.31:出渠 19.10.31:東京〜10.31横浜 19.11.--:雑貨1,395t搭載 19.11.09:横浜〜11.10清水 19.11.--:雑貨880t搭載 19.11.12:清水〜11.16門司 19.11.--:石炭搭載 19.11.17:門司〜11.28塘沽 19.11.--:雑貨2,276t搭載 20.02.10:1530 江須埼通過西航(予定) 20.04.01:0500 切目埼通過東航(予定) 20.04.15:横浜港五号岸壁にて対空戦闘:十三粍機銃300発発射 20.04.24:1400 江須埼通過西航(予定) 20.05.--:撒原塩2,400t搭載 20.05.--:塘沽〜大連〜釜山〜      〜05.19 1415(M38.08-E124.39)朝鮮長山串大監磐西北800mにて対潜戦闘:爆雷2個威嚇投射〜      〜門司
20.08.15:残存

同型船

 なし。

兵装

(M37.01)
 なし。

(S20.04)
 短八糎砲1門、十三粍二聯装機銃3基、同単装機銃3基、爆雷。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.117)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.69)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.34)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十八巻(P.44)

前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

前の船へ ← 臨時配當船(AC船) → 次の船へ

Homeへ戻る