河南丸の船歴

 年 月 日:船歴

05.11.05:起工 06.03.20:進水、命名:河南丸 06.05.30:竣工、船主:大連汽船株式會社、船籍港:大連、船舶番号:關東州406、信号符字:QCNF、      登録総噸数:3,280、登録純噸数:1,876
06.--.--:大連〜敦賀〜新潟〜伏木〜大連 08.--.--:信号符字:JKOAに変更 10.--.--:大連〜新潟 10.--.--:登録総噸数:3,292、登録純噸数:1,946に変更 10.04.--:高雄〜清津 15.01.30:船主:日本海汽船株式會社、船籍港:東京、船舶番号:47029、信号符字:JDMO、      登録総噸数:3,312、登録純噸数:1,990に変更 16.--.--:登録総噸数:3,310、登録純噸数:1,986に変更
18.11.--:徴傭:船舶運營會 18.12.--:陸軍配當船として運航 19.03.--:陸軍配當船として運航終了 19.04.03:配當船発令:       授受地:大阪       授受年月日:昭和19年4月2日 19.04.--:海軍配當船として運航、呉鎮守府所管 19.04.26:第1次海軍指定船 19.05.01:(竹船団)マニラ〜      〜05.04 1900 一般徴傭船第十二雲海丸」が船団より分離〜      〜05.05タウイタウイ島ボンガオ 19.05.06:ボンガオ〜05.07タラカン 19.05.09:タラカン〜05.11バリクパパン 19.05.13:バリクパパン〜      〜05.13 2200 ラウト沖にて特設砲艦大興丸」とともに船団から分離〜 19.06.21:兵備三機密第558号:海軍配當船一覧表掲載
19.06.21:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:S03.58-E116.35 ラウト島オカオカ東方40km附近 喪失原因:米潜水艦Bluefish(SS-222)の雷撃

同型船

 河北丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」 海と空社(P.82)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年03月号「日本商船隊の懐古 No.45」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.144)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.73)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻(P.53)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十巻(P.140)

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る