第二號桂丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.08.--:起工 12.01.27:進水、命名:桂丸 12.04.--:竣工
14.04.01:船長:川村 喜六(奏任官待遇)(15.03.14まで) 15.03.14:船長:平山 好太郎(奏任官待遇) 16.11.20:株式會社大阪鉄工所彦島工場にて艤装工事開始
16.11.20:徴傭 16.12.20:入籍:内令第1700号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
16.12.20:官房機密第11623号の3:「第二號桂丸」と改名 16.12.20:砲艦長:海軍豫備大尉 齋藤 祐一 16.12.30:艤装工事完了 16.12.31:戦時編制:佐世保鎮守府部隊大島根據地隊 16.12.--:〜01.02佐世保 17.01.05:佐世保〜01.05佐世保
17.01.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊大島付近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:大島附近防備部隊海面防備部隊 17.01.28:佐世保〜01.29瀬相 17.02.02:瀬相〜02.02瀬相 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:海面防備部隊大島付近防備部隊 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:大島附近防備部隊海面防備部隊 17.02.07:瀬相〜02.07名瀬02.08〜02.08瀬相 17.02.10:瀬相〜02.10久慈02.10〜02.10瀬相 17.02.14:瀬相〜02.15瀬相 17.02.17:瀬相〜02.18瀬相 17.02.22:瀬相〜02.23瀬相 17.02.--:軍隊区分:第三部隊(3)第一小隊(2) 17.03.06:瀬相〜03.07那覇03.08〜03.09沖大東島03.09〜03.11石垣03.11〜03.13宮古島03.13〜      〜03.14那覇03.16〜03.17瀬相 17.03.18:瀬相〜03.18瀬相 17.03.21:瀬相〜03.21瀬相 17.03.29:瀬相〜03.30瀬相 17.04.01:瀬相〜04.01久慈04.02〜04.02瀬相 17.04.03:瀬相〜       〜04.03 1730 陸軍輸送船団の護衛開始〜      〜04.05 2300 壱岐水道西口にて護衛終了〜      〜04.06佐世保 17.04.09:佐世保〜04.11瀬相04.15〜04.16那覇04.17〜04.18石垣04.19〜04.19船浮04.20〜      〜04.21宮古04.21〜04.22那覇04.24〜04.25瀬相 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊大島附近防備部隊 17.05.03:瀬相〜05.03名瀬05.03〜05.04鹿児島05.08〜05.09名瀬05.09〜05.13瀬相 17.05.15:瀬相〜05.15瀬相 17.05.16:瀬相〜05.16瀬相 17.05.24:瀬相〜05.25佐世保 17.06.08:佐世保〜06.09瀬相 17.06.10:瀬相〜06.14瀬相 17.07.05:瀬相〜07.06那覇07.10〜07.11瀬相 17.07.14:瀬相〜07.15瀬相 17.07.20:真水補給 17.07.24:瀬相〜07.25那覇 17.07.29:那覇〜07.29那覇 17.07.30:那覇〜07.31沖大東07.31〜08.01瀬相 17.08.07:揚貨機蒸気管修理 17.08.14:瀬相〜対潜掃蕩〜08.17瀬相 17.08.19:瀬相〜特設監視艇第六虎丸」遭難現場調査、救助〜08.21瀬相 17.08.25:瀬相〜対空射撃〜08.25瀬相 17.08.25:短艇舵修理 17.09.06:瀬相〜09.08佐世保 17.09.20:佐世保〜09.20牛深09.21〜09.22瀬相 17.09.--:還納兵器(九六式十三粍四聯装機銃)搭載、転出者230名乗船 17.09.25:瀬相〜09.27佐世保 17.09.29:佐世保〜10.01瀬相 17.10.07:瀬相〜射撃〜10.07瀬相 17.10.09:瀬相〜10.09瀬相 17.10.11:瀬相〜10.12沖大東島方面に向かうが荒天の為反転〜10.12瀬相 17.10.12:瀬相〜対潜掃蕩〜10.16瀬相 17.10.16:瀬相〜対潜掃蕩〜      〜10.19「伏見丸」救援〜      〜10.23名護 17.10.26:名護〜10.27瀬相 17.10.31:清水35t補給 17.11.05:缶室用火掻修理 17.11.06:缶室用槍修理 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊大島附近防備部隊 17.11.11:瀬相〜11.12沖大東島11.13〜11.13瀬相 17.11.24:瀬相〜11.24瀬相 17.12.01:蒸気発電機圧力計管修理(12.02まで) 17.12.02:二馬力石油発電機調速機傳棒修理 17.12.04:灰揚機械捲上滑車修理 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊大島附近防備部隊 17.12.06:二馬力石油発電機燃料切替用ハンドル及び揚錨機蒸気管灰揚機械捲上滑車修理 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:大島附近防備部隊海面防備部隊 17.12.21:主機械冷却海水管修理
18.01.01:除籍:内令第3号 18.01.01:入籍:内令第4号:特設運送艦、佐世保鎮守府所管
18.01.01:戦時編制:海軍省配属佐世保鎮守府所属雑用艦 18.01.01:特務艦長:海軍豫備大尉 齋藤 祐一 18.01.08:瀬相〜01.10佐世保 18.01.29:佐世保〜02.01大阪02.19〜02.20門司02.21〜02.22佐世保 18.03.15:佐世保〜03.17広畑03.21〜03.26鎮南浦03.30〜04.03呉 18.04.07:呉〜04.09八幡04.15〜04.18鎮南浦04.21〜04.24海洲04.26〜04.30大阪 18.05.04:大阪〜05.06若松05.08〜05.12大湊 18.05.15:大湊〜05.19天寧05.28〜05.31函館06.02〜06.02大湊 18.05.31:特務艦長:海軍豫備大尉 今井 哲夫 18.06.04:大湊〜06.09武蔵06.15〜06.15擂鉢湾06.17〜06.21小樽06.22〜06.23大湊 18.06.28:大湊〜06.29小樽06.30〜07.04武蔵湾04.05〜07.10大湊 18.07.01:特務艦長:海軍大尉 今井 哲夫 18.07.15:大湊〜07.16小樽07.18〜      〜07.20 0830(N47.15-E146.37)雷撃を受けるが被害なし〜      〜07.22武蔵湾07.29〜07.29擂鉢湾07.31〜
18.09.20:沈没 18.12.01:除籍:内令第2564号 --.--.--:解傭
喪失場所:N48.07-E149.20 得撫島鐘湾北北西110km付近 喪失原因:米潜水艦S-28(SS-133)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 8cm砲単装2門、7.7mm単装機銃1〜2基

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年5月号
 小樽市博物館所蔵(140-14)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 特設運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る