第三十九號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.06.06:起工、仮称艦名:第538號艦 18.04.30:命名:達第96号:第三十九號驅潜特務艇 18.04.30:類別等級制定:内令第816号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.04.30:本籍仮定:内令第815号:佐世保鎮守府 18.05.08:進水 18.07.24:竣工
18.07.24:本籍:内令第1520号:佐世保鎮守府、佐世保防備隊所属 18.07.24:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 18.07.--:〜07.24佐世保 18.07.27:佐世保部隊機密第271524番電:直に出動、大瀬埼を中心とする15浬圏内235度線以東 18.07.28:佐世保〜哨戒〜07.31佐世保 18.07.29:佐世保部隊機密第291320番電:帰投せよ 18.08.10:佐世保〜 18.08.15:佐世保〜08.16福見埼〜08.23佐世保 18.08.26:官房艦機密第4326号:驅潜特務艇に探信儀装備の件訓令 18.08.26:佐世保〜08.28佐世保
18.09.01:内令第1833号:第三十一警備隊所属 18.09.16:佐世保〜馬公 18.10.24:菲島部隊電令第172号:第774船団十隻(部隊乗船、護衛艦呉竹友鶴)      1.略      2.第百三號哨戒艇第七號掃海特務艇は25日マニラ発サンフェルナンドに進出待機し        途中より船団護衛に協力      3.第三十九號及び第四十二號驅潜特務艇27日より湾口哨区掃蕩警戒 19.01.16:菲島部隊電令作第127号:      1.16日041- 北緯14度43分東経120度61分に浮上潜水艦を発見確実、大立制圧中      2.左により右敵潜水艦を捜索撃滅すべし        (イ)航空部隊 発見地点の概ね50浬圏内制圧攻撃        (ロ)掃蕩隊(八重山第百三號哨戒艇第四十六號驅潜艇第二京丸、           第三十九號驅潜特務艇、大立)           八重山艦長所定により発見地点の昼夜概ね30浬県内夜間概ね50浬圏内の捜索攻撃 19.02.18:1235 「第百三號哨戒艇」と交代し徹哨 19.04.07:(マタ17船団護衛)マニラ〜マニラ 19.04.14:(マタ18船団護衛)マニラ〜マニラ 19.04.16:マニラ〜      〜04.17 1550 タマ16船団に合同、護衛開始〜      〜04.19マニラ
19.09.10:内令第1062号:第三十一特別根據地隊所属 19.09.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三十一特別根據地隊 19.09.--:軍隊区分:護衛部隊 19.09.18:HIB電令第507号:C203船団護衛、バコロドへ護衛 19.09.20:(C203船団護衛)マニラ〜09.20ハミロ湾09.21〜09.21ルック湾 19.09.24:(C203船団護衛)ルック湾〜バコロドに向う〜
19.09.24:沈没 19.11.10:内令第1255号:第三十一特別根據地隊所属解除 19.11.10:類別等級削除:内令第1249号 19.11.10:除籍:内令第1256号
喪失場所:N12.18-E122.46 シブヤン海東方 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る