大立の艦歴

 年 月 日:艦歴

15.04.22:起工 15.10.25:類別等級制定:内令第935号:種別:特務艇、類別:電纜敷設艇、艇型:なし 15.12.10:命名:達第288号:特務艇「大立」(オウタテ) 15.12.10:本籍仮定:内令第936号:佐世保鎮守府 15.12.11:進水 16.06.10:艤装員長:海軍大尉 中尾 小太郎 16.06.28:艤装員事務所を株式會社播磨造船所内に設置し事務を開始 16.07.31:竣工、艤装員事務所撤去
16.07.31:本籍:内令第869号:佐世保鎮守府、佐世保防備隊所属 16.11.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第3号:作戦準備に関し大島根據地隊司令官の指揮下 16.11.24:佐世保〜奄美大島 16.09.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 16.12.01:信号符字點付:達第369号:JICQ 16.12.02:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第5号:海面防備部隊 16.12.10:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第21号:湾口部隊第三掃海部隊(9) 16.12.24:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第26号(01.01実施):湾口部隊第三掃海部隊(10) 16.12.--:奄美大島〜12.29佐世保 16.12.30:機密佐防戦電令作第19号:準備出来次第出港、      古志岐島ノ南北線二神島の東西より以西の海面を捜索攻撃 16.12.30:佐世保〜 16.12.30:機密佐防戦電令作第22号:今夜古志岐島の310度線以南白瀬灯台までの敵潜索敵攻撃 16.12.30:機密佐防戦電令作第23号:今夜敵潜を発見しない場合                  明日0800からの索敵、旗艦の180度8浬針路270度速力10節 16.12.31:機密佐防戦電令作第25号:特定区域の対潜索敵中止      〜12.31佐世保 17.01.01:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第28号:湾口部隊第三掃海部隊(10) 17.01.05:佐世保〜港外警戒〜01.11佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第31号:湾口部隊第三掃海部隊(10) 17.01.17:佐世保〜港外警戒〜01.20佐世保 17.01.27:佐世保〜港外警戒、航路指示〜01.28佐世保 17.01.27:機密佐世保鎮守府命令第48号:沖ノ島防備衛所兵器装備工事に協力 17.01.31:佐世保〜01.31博多 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第32号:湾口部隊第三掃海部隊 17.02.13:佐世保〜鎮海  17.02.17:1119 機上燈台の190度距岸300mにて船底の一部が岩礁に乗上げ 2050 離礁、沖ノ島灯台の232度1200mに仮泊 17.02.18:1030 作業地発、博多に向う      〜博多〜02.20佐世保 17.02.23:佐世保海軍工廠第四船渠にて入渠 17.02.23:機密佐世保鎮守府命令第106号:長瀬崎防備衛所兵器装備工事に協力 17.03.--:軍隊区分:第六部隊(6)第三小隊五番艇(5) 17.03.07:出渠 17.03.09:佐世保〜港外警戒、航路指示〜 17.03.11:佐防戦機密第289番電:速やかに北緯30度45分東経126度35分にて沈没せるoB丸の救助、      及び同航路の索敵      〜03.12 0300概ね配備完了し指定区域を索敵中〜      〜03.12 午後「oB丸」遭難地点着、          その西北西約15浬に船体の一部らしき漂流物を発見尚捜索中〜      〜03.14 1800迄「oB丸」遭難地点付近を捜索せるも得るところなく掃蕩列に復帰〜 17.03.17:佐防戦機密第328番電:解列      〜長崎〜      〜03.19佐世保 17.03.27:佐防戦機密第398番電:03月27日〜28日宇久島防備衛所と共同古志岐北方海面の対潜哨戒 17.04.02:佐世保〜04.04佐世保 17.04.10:内令第655号:佐世保防備隊所属 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.04.12:佐世保〜港外警戒、対潜掃蕩、航路指示〜04.18佐世保 17.04.15:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第35号:湾口部隊第三掃海部隊 17.04.17:海面防備部隊電令作第37号:第二直に編入 17.04.22:海面防備部隊信電令作第2号:対潜掃蕩区分:第二掃蕩隊 17.04.25:佐世保〜 17.05.01:海面防備部隊信電令作第7号:女島南西方面を掃蕩 17.05.04:海面防備部隊電令作第42号:1800迄に敵情を得ば佐世保にて補給の上、待機      〜05.04佐世保 17.05.06:海面防備部隊電令作第43号:第二掃蕩隊より除く、設営作業に関し工廠に協力 17.05.15:佐世保〜      〜05.17 1530 天候悪化により作業中止、             曳船が本艇艇首に接触、操舵室に乗り上げ木造部分損傷〜      〜05.17佐世保 17.05.22:佐世保〜港外警戒、対潜掃蕩、航路指示〜05.23佐世保 17.05.29:海面防備部隊信電令作第11号:05.30第二掃蕩隊に追加 17.05.30:佐世保〜港外警戒、対潜掃蕩、航路指示〜 17.06.01:海面防備部隊電令作第58号:06.02 0600迄黄島砲台の東西線以西を警戒し敵の脱出を阻止 17.06.02:海面防備部隊信電令作第13号:06月08日〜13日当直      〜06.04佐世保 17.06.08:佐世保〜港外警戒、航路指示〜06.13佐世保 17.06.13:海面防備部隊電令作第61号:06月15日から当直 17.06.15:佐世保〜港外警戒、航路指示〜06.23佐世保 17.06.27:海面防備部隊信電令作第15号:06.29 0800佐世保発、07.02以降福江島甑列島を基地とし      野間岬東西線以北の九州西岸(防御海面を除く)及び五島列島南西海面の敵潜掃蕩 17.07.10:内令第1220号:佐世保防備隊所属 17.07.25:機密佐世保鎮守府命令第304号:大島及び小呂島防備衛所の兵器装備工事に協力 17.08.01:佐世保〜 17.08.08:機密第70番電:小呂島海上作業完了、明日より大島作業着手の予定 17.08.11:機密第72番電:本日午前一番架台設置、午後三番架台設置中亡失、明朝より捜索予定      〜08.14 三番設置完了〜      〜08.15 二番設置完了〜      〜08.16西戸崎 17.08.16:石炭清水補給 17.08.--:西戸崎〜二番電纜作業〜      〜08.17 大島海上作業完了〜   〜08.17博多 17.08.18:博多〜08.18佐世保 17.08.20:機密佐世保鎮守府命令第324号:馬公警備府所属各防備衛所の兵器装備工事に協力 17.09.01:佐世保〜基隆09.21〜09.24寺島水道09.25〜09.25佐世保 17.09.29:機密佐世保鎮守府命令第366号:馬公警備府派遣期間を10.30迄延長 17.10.04:佐世保〜10.08馬公 17.10.30:佐鎮機密第301628番電:11月中旬まで馬公方面敷設作業に協力 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.11.19:馬公〜11.23佐世保 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.12.08:佐世保〜驅逐艦「涼月」の目標艦〜12.11佐世保 17.12.13:佐世保〜衛所交通〜12.17佐世保 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:湾口部隊第二掃海部隊 17.12.23:佐世保〜港外警戒、航路指示〜12.26佐世保 18.01.03:佐世保〜聴音機設置〜01.07佐世保 18.01.16:出渠 18.01.17:機密佐世保鎮守府命令第25号:魚釣崎防備衛所の兵器装備工事に協力 18.01.20:佐世保〜大蟇島聴音機設置〜01.25佐世保 18.02.04:佐世保〜的山大島聴音機修理作業〜02.25佐世保 18.03.08:佐世保〜哨戒、航路指示〜03.12佐世保 18.03.15:佐世保〜訓練〜03.15佐世保 18.03.16:佐世保〜訓練〜03.16佐世保 18.03.18:佐世保〜聴音機設置〜03.31佐世保 18.04.01:内令第584号:佐世保防備隊所属 18.04.--:(A船団護衛)佐世保〜04.02ベルブイ沖 18.04.02:ベルブイ沖〜04.03上海 18.04.05:佐世保〜自差修正〜04.05佐世保 18.04.06:佐世保〜電纜敷設〜04.06佐世保 18.04.07:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第54号:護衛本隊 18.04.07:佐世保〜三番聴音機設置〜04.13佐世保 18.04.13:官房艦機密第1742号:爆雷投射機新設の件訓令:九四式投射機装備及び関連工事 18.04.17:佐世保〜04.17伊万里湾 18.04.18:(佐第7船団護衛)伊万里湾〜      〜04.20 0215 馬鞍群島着「白鹿丸」「山幸丸」が解列〜      〜04.20呉淞 18.04.23:1120 呉淞沖にて碇泊中「安國丸」が触衝、船首材折損 18.04.24:上海にて入渠 18.04.29:出渠 18.04.30:上海〜04.30呉淞 18.04.30:(支第10船団護衛)呉淞〜04.30ベルブイ04.30〜      〜05.02 1830 宇久島北方にて船団解列〜      〜05.03佐世保 18.05.12:機密佐世保鎮守府命令第171号:牧ノ島防備衛所の兵器装備工事に協力 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:海面防備部隊護衛本隊 18.05.31:(佐第26船団護衛)伊万里湾〜      〜06.02 0900 泗碓山北方にて解列〜      〜06.02呉淞 18.06.04:(支第26船団護衛)銅沙〜      〜06.06 1500 黄島南方にて船団解列〜      〜06.07佐世保 18.06.11:佐世保〜06.11厳原06.12〜06.12鎮海06.16〜06.16釜山 18.06.17:釜山港外(牧ノ島防備衛所)にて作業(06.22まで) 18.06.19:大立機密第191930番電:測深作業終了、明日より設置作業着手の予定 18.06.24:釜山港外(牧ノ島防備衛所)にて作業(07.01まで) 18.07.02:釜山〜07.02鎮海07.03〜07.03釜山 18.07.04:釜山港外(牧ノ島防備衛所)にて作業(07.10まで) 18.07.11:釜山〜07.11鎮海07.12〜07.12??07.13〜07.13佐世保 18.07.19:佐世保〜07.19野母浦 18.07.21:野母浦〜電纜敷設作業〜07.21野母浦 18.07.22:野母浦〜07.22長崎 18.07.23:長崎〜07.23野母浦 18.07.24:野母浦〜電纜敷設作業〜07.24野母浦 18.07.25:野母浦〜電纜敷設作業〜07.25野母浦 18.07.26:野母浦〜電纜敷設作業〜07.26野母浦 18.07.26:官房機密第261441番電:仮称吊下式一型水中聴音機1組を至急装備 18.07.28:野母浦〜07.28佐世保 18.08.02:仮称吊下式一型水中聴音機装備工事、機関手入(08.17まで) 18.08.19:佐世保〜訓練〜08.19佐世保 18.08.19:機密佐世保鎮守府命令第291号:第十六警備隊所属防備衛所の兵器装備工事に協力 18.08.19:佐世保鎮守府信電令作第47号:海南島派遣の途次、南下船団に会合、馬公迄直接護衛 18.08.20:海面防備部隊信電令作第31号:08.22 0830佐世保発バ104船団と野母埼附近にて会合の上、      馬公まで直接護衛 18.08.22:佐世保〜08.22伊万里 18.08.22:(タ第204船団護衛)伊万里〜      〜08.27 0330 査母嶼南方にてタ204船団解列〜      〜08.27馬公 18.08.29:馬公〜09.01三亞 18.09.01:内令第1833号:佐世保防備隊所属 18.09.13:大立機密第131900番電:13日楡林港外磁気探知機環線敷設工事終了 18.09.14:機密佐世保鎮守府命令第334号:現任務終了後、高雄警備府所管      凸角、吃仔尾及び花嶼防備衛所の兵器装備工事に協力 18.10.19:機密第190930番電:吃仔尾防備衛所磁気探知機残り1機15〜17日敷設作業60%完了 18.10.21:機密第212130番電:吃仔尾防備衛所磁気探知機残り1機作業着手するも悪天候により中止 18.10.24:機密第241800番電:吃仔尾防備衛所磁気探知機揚収作業終了、               明日より花嶼聴音機修理作業着手の予定 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:海面防備部隊護衛本隊 18.11.01:軍隊区分:護衛本隊第一護衛部隊      〜11.02高雄 18.11.08:(第217船団第一分団護衛)高雄〜11.13六連 18.11.13:六連〜11.13佐世保 18.11.18:佐世保海面防備戦隊信電令作第4号:      1.第三〇〇号艦、21日0700六連発即日佐世保着        曳航艦:迅鯨、曳航速力12節、護衛協力艦:呉鎮艦艇一隻      2.大立は六連、佐世保間の直接護衛、北九州部隊指揮官は適宜の艦艇を以て担任海面航路附近        の警戒に任ずべし  18.11.19:佐世保〜11.19唐津11.20〜11.20六連 18.11.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第50号:海面防備部隊護衛本隊 18.11.21:(「迅鯨」「伊吹」護衛)六連〜11.22佐世保 18.11.25:将旗掲揚 18.11.25:佐世保〜訓練〜11.26佐世保 18.11.26:将旗撤去 18.11.26:機関手入(12.18まで) 18.12.02:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊電令作第114号:第一護衛部隊(第一掃蕩部隊) 18.12.07:入渠 18.12.13:出渠 18.12.15:軍隊区分:大海指第310号:南西方面艦隊司令長官の作戦指揮下 18.12.15:南西部隊電令作第201号:準備出来次第、昭南に進出、      西方部隊担任空域内防備衛所を急速整備 18.12.28:佐世保〜長崎〜 19.01.03(第126船団護衛)六連〜01.09馬公 19.01.13:(X船団護衛)高雄〜01.16マニラ 19.01.16:菲島部隊電令作第127号:      1.16日041- 北緯14度43分東経120度61分に浮上潜水艦を発見確実、大立制圧中      2.左により右敵潜水艦を捜索撃滅すべし        (イ)航空部隊 発見地点の概ね50浬圏内制圧攻撃        (ロ)掃蕩隊(八重山第百三號哨戒艇第四十六號驅潜艇第二京丸、           第三十九號驅潜特務艇、大立)           八重山艦長所定により発見地点の昼夜概ね30浬県内夜間概ね50浬圏内の捜索攻撃 19.03.05:サバン電探用電纜敷設及び水中聴音機設置作業(03.11まで) 19.03.06:対潜掃蕩(03.07まで)
19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備隊      〜07.26 「第百三十一號輸送艦」と合同〜      〜07.28マニラ 19.07.29:特設敷設艦高榮丸」から輸送電纜搭載(07.31まで) 19.09.18:マニラ〜09.19クラシアン湾09.20〜09.21ブルネイ湾 19.10.18:ブルネイ湾〜10.18ミリ10.20〜10.23昭南 19.10.--:入渠修理、整備、補給(10.28まで) 19.11.28:昭南〜11.28リンガ 19.12.03:軍隊区分:大海指第489号:南西方面艦隊司令長官の作戦指揮を解く 19.12.09:軍隊区分:南西方面部隊電令作第808号:南西方面部隊指揮官の作戦指揮を解く 19.12.12:リンガ泊地の作業終了      〜01.20佐世保 20.02.--:軍隊区分:護衛部隊 20.02.06:佐鎮信電令作第14号:種子島附近ループアンテナ試験及び奄美大島聴音機換装工事 20.02.10:佐世保〜02.11鹿児島  20.03.10:佐防機密第101143番電:鹿児島にて航路浮標移載、大島防備隊司令の協議に応じ設置 20.03.15:軍隊区分:九州方面護衛部隊護衛本隊 20.03.--:大島方面電纜敷設及び水中聴音機修理 20.03.26:瀬相〜佐世保に向う 20.03.27:0745(N29.37-E128.37)対空戦闘:グラマン2機 0747 機銃掃射により後部爆雷全部一時に誘爆し後部大破、七粍七機銃2基の他対空火器全部         及び送信機破壊航行不能      1430 グラマン2機来襲、銃爆撃を反復       1736 総員退艇      1750 沈没
20.03.27:沈没 20.07.10:内令第617号:佐世保防備隊所属解除 20.07.10:除籍:内令第618号 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
喪失場所:N30.40-E127.50 指宿の122度142浬 喪失原因:米機の攻撃

同型艇

 初島釣島立石

兵装

 四十口径三年式八糎高角砲1門、九三式十三粍二聯装機銃1基、爆雷12個。

(最終時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九三式十三粍二聯装機銃1基、七粍七単装機銃2基、
 九四式投射機、仮称吊下式一型水中聴音機。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.47「敷設艇」(P.51)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.17「写真集 日本の小艦艇」(P.123)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.153)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2837)

前の艇へ ← 電纜敷設艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る