安洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

M44.09.09:起工 T02.01.26:進水、命名:安洋丸 T02.06.03:竣工、船主:東洋汽船株式會社、船籍港:横浜、      登録総噸数:9,533、登録純噸数:5,910、      登録深さ:466.3尺、登録幅:58.9尺、登録深さ:30.0尺
T04.--.--:登録総噸数:9,256、登録純噸数:5,738、      登録深さ:460.0呎、登録幅:60.0呎、登録深さ:32.5呎に変更 T11.--.--:登録純噸数:5,741に変更 T12.--.--:登録純噸数:5,714に変更 T12.07.13:バルパライソ〜Antofagasta〜Mejillones〜Iquique〜Callao〜Balboa〜09.13横浜 T12.10.30:香港〜門司〜神戸〜11.08横浜 T13.01.14:バルパライソ〜Mejillones〜Iquique〜Callao〜Balboa〜Santa Cruz〜羅府〜      〜桑港〜03.21横浜 T13.04.24:香港〜門司〜神戸〜05.03横浜 T13.07.11:バルパライソ〜Mejillones〜Iquique〜Callao〜Balboa〜Manzanillo〜羅府〜      〜桑港〜坡土蘭〜ホノルル〜09.18横浜 T13.10.18:香港〜門司〜神戸〜10.27横浜 T14.01.03:バルパライソ〜Antofagasta〜Iquique〜Callao〜Balboa〜Manzanillo〜羅府〜      〜桑港〜ホノルル〜03.14横浜 T14.--.--:登録純噸数:5,741に変更 T15.07.08:船主:日本郵船株式會社、船籍港:東京に変更
09.06.29:傭船主:日魯漁業株式會社 09.09.21:返船
16.10.18:徴傭:陸軍 16.10.18:神戸〜10.21上海 16.10.28:上海〜11.10高雄 16.11.13:高雄〜馬公
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第二輸送船隊第八分隊(船番号:22) 16.12.18:(第二輸送船隊)馬公〜      〜12.19 0530 第一護衛隊に合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.22:部隊揚陸 16.12.31:リンガエン〜01.02高雄 17.01.04:高雄〜01.08香港01.10〜01.24カムラン
17.02.01:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:5) 17.02.09:(あ号L作戦先遣隊)カムラン〜      〜02.09 1920 ホンカット灯台の58度7分にて驅逐艦「吹雪」が敵潜を探知攻撃〜      〜02.10 1005 陸軍徴傭船あらすか丸」が機関故障し列外に出る〜      〜02.10 1130 陸軍徴傭船「あらすか丸」が機関復旧し列に入る〜      〜02.12 1200(N04.45-E107.10)第一掃海隊、「第七號驅潜艇」「第八號驅潜艇」が合同             第十一驅逐隊、驅逐艦「朝霧」が燃料補給の為、分離〜      〜02.12 1720(N04.00-E106.56)巡洋艦「由良」が合同〜      〜02.12 2000 巡洋艦「川内」、同「由良」が分離〜      〜02.14 1020(S00.15-E105.10)巡洋艦「川内」及び驅逐艦「初雪」、同「白雪」が合同〜      〜02.14 1115 サマ島南東10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14 1245 サマ島南10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14ムントク 17.02.15:0100 ムントク泊地に入泊      0220 第三十八師団先遣隊上陸成功 17.02.26:ムントク〜03.02昭南
17.03.01:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:3) 17.03.08:(あ号T作戦)昭南(ケッペル西港)〜      〜03.08 1712 特設運送船廣隆丸」、木曾川丸」が船団に加入〜      〜03.09 0300 驅逐艦「綾波」、第一掃海隊、「第五號掃海艇」が合同〜      〜03.09 1830 驅逐艦「朝霧」が合同〜      〜03.09 2000 特設運送船「廣隆丸」、同「木曽川丸」が船団から分離し彼南に向かう〜      〜03.11 1130 巡洋艦「由良」が合同〜      〜03.11 2300 直接護衛隊、掃海隊と分離〜      〜03.12 0015 クタラジャ第一泊地入泊 17.03.12:0330 近衛師団歩兵団上陸成功      1430 クタラジャ沖泊地転錨 17.03.13:クタラジャ沖〜      〜03.13 2200 「第一號掃海艇」「第八號驅潜艇」が拿捕船「サバンバイ」回航のため分離〜      〜03.14 0900 ダイヤモンドポイントにて「第三號掃海艇」「第四號掃海艇」「第五號掃海艇」            「第九號驅潜艇」が護衛を終了〜      〜03.14 2000 タミアン岬灯台の70度33分にて練習巡洋艦香椎」が護衛を終了〜      〜03.16昭南
17.03.22:昭南〜03.24ベラワン03.27〜03.29昭南 17.04.13:昭南〜04.19蘭貢04.22〜04.28昭南 17.04.28:昭南〜04.30西貢04.30〜05.02高雄 17.05.02:高雄〜05.10宇品 17.06.12:門司〜06.14釜山06.20〜06.22宇品 17.06.30:解傭
17.08.13:徴傭:船舶運營會 18.01.--:陸軍配當船として運航 18.09.06:(第321船団)馬公〜09.13聖雀 18.1Q :船主:南洋海運株式會社に変更 18.05.--:陸軍配當船として運航終了 18.05.26:第1次海軍指定船 18.10.--:陸軍配當船として運航 19.02.29:「海元丸」来着、救難作業開始 19.06.04:0100 総排水      0400 浮揚 19.06.06:(「大隅丸」「海元丸」が曳航)御坊〜06.06下津 19.09.--:陸軍配當船として運航終了 19.11.30:日立造船株式会社(築港)に入渠中 19.12.10:出渠 19.12.21:大阪〜12.21神戸12.22〜12.23佐世保 19.12.--:積荷 19.12.31:佐世保〜12.31門司 20.01.01:(モタ30船団)門司〜01.04泗礁山01.07〜      〜01.08 1--0(N24.59-E120.25)「久川丸」被雷小破〜      〜01.08 1830(N24.50-E120.35)「辰洋丸」被雷沈没〜      〜01.08 2055 被雷沈没
20.01.08:沈没 20.01.08:解傭
喪失場所:N24.34-E120.37 台湾西岸霄湾北西10km附近 喪失原因:米潜水艦Barb(SS-220)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 野砲。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.29)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1982年1月号「日本商船隊の懐古 No.31」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.198)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.72)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.48)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.51)
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.353)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.46)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.107)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.97)
 "State Library of South Australia"
 小樽市博物館所蔵(11-13, 120-19)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る