日高丸の船歴

 年 月 日:船歴

17.08.10:起工 18.02.20:進水、命名:日高丸  18.04.07:竣工
18.04.22:徴傭:船舶運營會 18.05.03:伊萬里湾集合地管理官機密第031907番電:      1.佐第十四船団8隻        3日0600伊萬里湾発、5日0600花鳥山着の予定、速力九節、相崎瀬戸通過後三〇一六、三〇〇八        同和丸(JGXR)貨車、呉淞行、日高丸(JYVR)南華丸(JHMA)安國丸(JGJR)以上空船        順陽丸(JKLB)軍属以上蕪湖行、玉鉾丸(JIWD)軍隊、雑貨、上海行、松江丸(JQYG)材木、八所行        宇賀丸(JYTA)空船、下三山      2.正午位置        3日北緯32度53分東経129度08分         4日北緯31度42分東経125度28分      3.松江丸、花鳥山にて分離、大陸接岸10日0300八所着予定        5日北緯29度51分東経122度42分         6日北緯26度11分東経120度18分        7日北緯23度08分東経117度18分         8日北緯21度36分東経114度06分        9日北緯20度18分東経110度40分      4.護衛艦         3日1100相崎瀬戸にて会合す 18.05.03:(佐第十四船団)伊万里湾〜花鳥山〜呉淞 18.05.13:上海根機密第131148番電:      1.支第一七船団(積荷、陸兵、行先)        日高丸5486瓲八幡、安國丸5494瓲八幡、宇賀丸4433瓲1417名大阪、南華丸4065瓲大阪、        とよさか丸軍需品2090瓲大阪、順陽丸5065瓲1589名広畑      2.護衛艦 燕 船団速力八節      3.13日1400呉淞発大瀬崎直航、15日1800富江沖着、古志岐島附近にて解列、        16日1100六連着の予定        正午位置        14日北緯31度30分東経124度30分        15日北緯32度20分東経128度00分 18.05.13:(支第一七船団)呉淞〜      〜05.15 1430 大瀬崎着、敷設艇」が護衛を終了〜      〜八幡 18.05.31:伊萬里湾集合地管理官機密第311215番電:      1.佐第二六船団15隻(富江湾合同2隻を含む)        31日0600伊萬里湾発、2日1430花鳥山の300度20浬着の予定、速力八節、        航路相崎瀬戸、三〇一三 S61より余山に向う        高岡丸(JNKD)陸軍150名、上海、順陽丸(JKLB)陸軍30名、馬鞍山、        盛丸(JCGC)大安丸(JITB)南華丸(JHMA)金嶺丸(JGOR)以上蕪湖、        三池山丸(JBID)若松丸(JOTB)以上陳家圩、        浦戸丸(JJWR)、上海(馬鞍山)、大新丸(JDMA)、九龍(昭南)、        大安丸(JJQK)コークス、香港、日高丸(JYVR)木材、八所、銀嶺丸(JYPR)楡林      2.正午位置        31日相崎瀬戸        1日北緯32度30分東経125度50分      3.護衛艦 峯風、        大立白耳義丸(JIJD)盤谷、安洋丸(JAYD)西貢        31日1700黄島の南5浬にて会合す      4.南下船ベルブイにて分離大陸接岸、6月4日2200厦門着の予定         正午位置        3日北緯27度55分東経121度40分        4日北緯24度50分東経119度25分 18.05.31:(佐第二六船団)伊万里湾〜      〜06.02 0900 泗碓山北方にて解列〜      〜八所 18.08.06:上根機密第061040番電:      1.モ六〇一船団、日高丸      2.護衛艦海威、速力八節      3.6日1000呉淞発航路済州島北廻り9日0300二神着解列9日1500六連着の予定 18.08.06:(モ第六〇一船団)呉淞〜08.09六連 18.08.--:六連〜      〜08.13 0535(N33.45-E136.17)雷撃を受け第一、第三船艙左舷水面下約四米に各一本被雷(不発)〜 18.10.14:解傭
18.10.14:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 18.10.14:呉〜10.15若松 18.10.--:石炭及び燃料炭搭載 18.10.18:若松〜10.19呉 18.10.--:石炭揚陸、兵器、食糧品、機械類搭載、便乗者士官10名、下士官兵198名乗船 18.10.28:呉〜10.31横須賀 18.11.01:(第3101船団)横須賀〜      〜11.12 潜水艦より雷撃を受けるが回避〜      〜11.13トラック 18.11.--:兵器、機械類一部揚陸、便乗者士官4名、下士官兵63名退船      爆弾、食料品、兵器、酒保品搭載、便乗者士官2名、下士官兵60名乗船 18.12.09:第二海上護衛隊信電令作第154号:第1103船団(日高丸、君島丸、第十八眞盛丸、      護衛艦太刀風、第二十二號掃海艇、第二十一號掃海艇第四十八號驅潜特務艇)      明日10日1300出港 18.12.10:(第1103船団:甲標的曳航)トラック〜      〜12.11 1002 特設運送船第十八眞盛丸」が機械故障し列外に出る、「第二十二號掃海艇」が警戒〜      〜12.11 1235 特設運送船「第十八眞盛丸」「第二十二號掃海艇」が第1103船団に合同〜      〜12.12 1634 「第二十二號掃海艇」が爆雷投射〜      〜12.15 0805 特設運送船「第十八眞盛丸」が船団より分離、カビエンに向かう〜      〜12.15 0850 「第二十二號掃海艇」が船団より分離〜      〜12.16ラバウル 18.12.27:(オ706船団)ラバウル〜01.03パラオ 19.01.04:パラオ〜01.04ガラスマオ 19.01.--:ボーキサイト搭載 19.01.07:ガラスマオ〜01.07パラオ 19.01.--:燃料炭搭載 19.01.09:パラオ〜佐伯向け航行〜      〜01.20 0100(N31.30-E135.03)雷撃を受け航行不能
19.01.20:沈没  19.08.20:解傭
喪失場所:N31.32-E135.58 室戸岬南東260km附近 喪失原因:米潜水艦Batfish(SS-310)の雷撃

同型船

1K型戦時標準船

兵装

 十二糎砲1門、爆雷4個。

写真資料

 なし

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る