日高丸の船歴

 年 月 日:船歴

17.08.10:起工 18.02.20:進水、命名:日高丸  18.04.07:竣工
18.04.22:徴傭:船舶運營會      〜08.13 0535(N33.45-E136.17)雷撃を受け第一、第三船艙左舷水面下約四米に各一本被雷(不発)〜 18.10.14:解傭
18.10.14:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 18.10.14:呉〜10.15若松 18.10.--:石炭及び燃料炭搭載 18.10.18:若松〜10.19呉 18.10.--:石炭揚陸、兵器、食糧品、機械類搭載、便乗者士官10名、下士官兵198名乗船 18.10.28:呉〜10.31横須賀 18.11.01:(第3101船団)横須賀〜      〜11.12 潜水艦より雷撃を受けるが回避〜      〜11.13トラック 18.11.--:兵器、機械類一部揚陸、便乗者士官4名、下士官兵63名退船      爆弾、食料品、兵器、酒保品搭載、便乗者士官2名、下士官兵60名乗船 18.12.09:第二海上護衛隊信電令作第154号:第1103船団(日高丸、君島丸、第十八眞盛丸、      護衛艦太刀風、第二十二號掃海艇、第二十一號掃海艇第四十八號驅潜特務艇)      明日10日1300出港 18.12.10:(第1103船団:甲標的曳航)トラック〜      〜12.11 1002 特設運送船第十八眞盛丸」が機械故障し列外に出る、「第二十二號掃海艇」が警戒〜      〜12.11 1235 特設運送船「第十八眞盛丸」「第二十二號掃海艇」が第1103船団に合同〜      〜12.12 1634 「第二十二號掃海艇」が爆雷投射〜      〜12.15 0805 特設運送船「第十八眞盛丸」が船団より分離、カビエンに向かう〜      〜12.15 0850 「第二十二號掃海艇」が船団より分離〜      〜12.16ラバウル 18.12.27:(オ706船団)ラバウル〜01.03パラオ 19.01.04:パラオ〜01.04ガラスマオ 19.01.--:ボーキサイト搭載 19.01.07:ガラスマオ〜01.07パラオ 19.01.--:燃料炭搭載 19.01.09:パラオ〜佐伯向け航行〜      〜01.20 0100(N31.30-E135.03)雷撃を受け航行不能
19.01.20:沈没  19.08.20:解傭
喪失場所:N31.32-E135.58 室戸岬南東260km附近 喪失原因:米潜水艦Batfish(SS-310)の雷撃

同型船

1K型戦時標準船

兵装

 十二糎砲1門、爆雷4個。

写真資料

 なし

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る