長江丸・第二號長江丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 02.04.07:進水、命名:長江丸 02.06.14:竣工、船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、登録総噸数:2,613、登録純噸数:1,375
02.06.19:大阪〜天津 03.09.--:天津〜門司〜03.10神戸03.11〜大阪 04.09.02:門司〜天津 05.05.05:神戸〜05.09天津 07.07.19:天津〜 08.02.06:神戸〜02.10天津 08.09.--:天津〜09.30門司 10.01.07:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.01.21:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.02.06:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.03.14:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.03.28:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.04.10:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.04.24:神戸〜04.28天津〜神戸 10.05.08:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.05.22:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.06.05:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.06.19:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.07.03:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.07.17:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.07.31:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.08.15:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.08.28:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.09.11:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.09.15:神戸〜天津〜神戸 10.09.25:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.10.10:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.10.24:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.11.07:神戸〜11.11天津〜神戸 10.11.21:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 10.12.05:神戸〜12.09天津〜神戸 10.12.19:神戸〜天津〜神戸(出帆表) 11.01.30:神戸〜02.03天津 11.07.06:神戸〜07.10天津 11.11.23:神戸〜 11.12.07:神戸〜12.11天津 12.--.--:登録総噸数:2,629、登録純噸数:1,356に変更 12.03.01:神戸〜03.05天津 13.05.10:神戸〜天津 13.12.25:天津〜12.30神戸 14.01.02:神戸〜塘沽(時刻表) 14.01.16:神戸〜塘沽(時刻表) 14.09.01:船主:東亞海運株式會社、船籍港:東京に変更 16.09.19:出渠
16.11.10:徴傭 16.11.10:日本鋼管株式會社鶴見造船所にて艤装工事開始 16.12.01:入籍:内令第1570号:特設砲艦、横須賀鎮守府所管
16.12.01:砲艦長:海軍豫備大尉 大石 祐三 16.12.09:鶴見〜試運転〜12.09鶴見 16.12.10:官房機密第11623号:「第二號長江丸」と改名 16.12.10:特設砲艦隊編制:内令第1618号:第六砲艦隊 16.12.10:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第六砲艦隊 16.12.10:軍艦旗掲揚 16.12.10:鶴見〜12.10横須賀 16.12.11:糧食、需品搭載 16.12.12:兵備品投資 16.12.13:弾薬搭載 16.12.14:燃料搭載 16.12.15:託送品搭載(12.16まで) 16.12.17:横須賀〜12.25トラック 16.12.26:夏島錨地に転錨 16.12.26:軍隊区分:第四根據地隊海面防備部隊 16.12.27:託送品揚陸(12.28まで) 16.12.30:トラック〜トラック北水道の哨戒〜01.05トラック(夏島錨地) 17.01.06:トラック〜行方不明者捜索〜01.06トラック 17.01.07:託送品搭載(01.08まで) 17.01.09:トラック〜01.11グリーニッチ 17.01.09:輸送物件揚陸(01.13まで) 17.01.13:グリーニッチ〜01.15モートロック 17.01.15:浮標設置 17.01.15:モートロック〜01.16トラック 17.01.19:トラック〜対潜索敵攻撃〜01.22北東水道哨戒〜01.26トラック 17.01.28:トラック〜北東水道哨戒〜01.30トラック 17.01.29:略称制定:第62号砲艦 17.01.31:トラック〜02.02ポナペ 17.02.02:託送品搭載 17.02.03:ポナペ〜02.05トラック 17.02.06:託送品揚陸 17.02.09:トラック〜北水道哨戒〜02.16トラック 17.02.19:糧食搭載 17.02.20:トラック〜対潜索敵行動〜02.22北水道哨戒〜02.28トラック 17.03.01:一般徴傭船第二日新丸」に横付け、清水搭載 17.03.06:トラック〜北水道哨戒〜03.12トラック 17.03.14:清水搭載 17.03.16:清水、糧食搭載 17.03.17:清水搭載 17.03.18:トラック〜北水道哨戒〜03.23トラック 17.03.24:糧食搭載 17.03.25:清水搭載 17.03.28:トラック〜南水道哨戒〜04.02トラック 17.04.08:酒保物品搭載 17.04.10:特設砲艦隊編制:内令第652号:第六砲艦隊の項を削る
17.04.10:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊 17.04.10:艦隊区分:第四艦隊第四根據地隊(3) 17.04.10:軍隊区分:機密トラック方面防備部隊命令作第10号:トラック海上部隊 17.04.18:トラック〜04.25横須賀 17.04.--:船体、兵器、機関修理 17.05.18:横須賀〜オロール05.25〜特設砲艦長運丸」の護衛を受ける〜05.27トラック 17.06.12:トラック〜 17.07.07:トラック〜護衛〜07.09トラック 17.07.11:トラック〜護衛〜07.22トラック 17.07.30:トラック〜護衛〜08.01トラック 17.08.05:トラック〜護衛〜パラオ方面 17.08.10:(「川丸」「妙高丸」護衛)ポナペ〜ラバウル〜08.22トラック 17.08.27:トラック〜(N10-E145)にて特設運送船松本丸」の護衛を終了〜トラック 17.08.31:トラック〜「青森丸」故障現場〜曳航〜パラオ方面 17.10.--:パラオ方面〜10.19トラック 17.11.02:トラック〜護衛〜11.03トラック 17.11.06:トラック〜護衛〜11.09トラック 17.11.10:トラック〜護衛〜11.11トラック 17.11.11:トラック〜護衛〜11.13トラック 17.11.25:トラック〜11.25トラック 17.11.26:トラック〜 17.11.30:トラック〜護衛〜12.02トラック 17.12.07:トラック〜護衛〜12.15トラック 17.12.17:トラック〜護衛〜12.19トラック 17.12.22:トラック〜護衛〜パラオ 18.01.02:パラオ〜護衛〜01.06パラオ 18.01.07:パラオ〜船団間接護衛〜01.10パラオ 18.01.10:パラオ〜護衛〜01.16トラック 18.01.20:(6号輸送D船団護衛)トラック〜遭難者救助〜01.28パラオ 18.02.14:パラオ〜護衛〜02.22パラオ 18.03.04:パラオ〜護衛〜03.08パラオ 18.03.13:パラオ〜護衛〜03.21パラオ 18.04.01:パラオ〜護衛〜04.02パラオ 18.04.03:パラオ〜救難〜04.08パラオ 18.04.09:パラオ〜護衛〜04.11パラオ 18.04.16:パラオ〜護衛〜04.21パラオ 18.05.12:パラオ〜護衛〜05.14パラオ 18.05.19:パラオ〜護衛〜05.22パラオ 18.05.28:(第8282船団護衛)パラオ〜06.03トラック 18.06.09:トラック〜護衛〜06.11トラック 18.06.19:トラック〜護衛〜06.21トラック 18.06.28:トラック〜特設水上機母艦山陽丸」護衛〜07.10豊後水道〜07.12横須賀 18.07.01:砲艦長:海軍大尉 大石 祐三 18.07.--:船体、兵器、機関修理 18.09.02:(第3902船団護衛)横須賀〜09.05父島 18.09.06:(第3902船団護衛)父島〜09.09護衛終了〜09.13トラック 18.09.14:(第1143船団護衛)トラック〜09.19ラバウル 18.09.20:(第2202船団護衛)ラバウル〜09.25トラック 18.09.26:(第7261船団護衛)トラック〜パラオ 18.09.28:官房艦機密第4917号:特設艦船艤装替の件訓令
18.10.01:除籍:内令第2038号 18.10.01:入籍:内令第2041号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管
18.10.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊所属、特設運送船(甲) 18.10.01:艦隊区分:機密第四艦隊法令第96号:第四艦隊附属(7) 18.10.14:(第4014乙船団護衛)トラック〜10.24横須賀 18.11.01:(第3101船団護衛)横須賀〜      〜11.05 故障し船団より分離の「羽K丸」を護衛〜      〜11.14トラック 18.11.20:(第4120船団護衛)トラック〜サイパン〜11.29横須賀 18.12.19:(第3219船団護衛)横須賀〜 19.01.01:東カロリン方面防備部隊
19.01.12:沈没 19.03.10:除籍:内令第427号 19.03.10:解傭
喪失場所:N03.37-E147.27 トラック島南西600km付近 喪失原因:米潜水艦Albacore(SS-218)の雷撃

同型船

 長城丸長安丸

兵装

 十二糎砲4門、十三粍二聯装機銃1基、七粍七機銃1基、小銃14挺、拳銃6丁、
 三米半測距儀1基、投射機1組、爆雷投下台2基、七十五糎探照燈1基。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.48)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.131)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年7月号「日本商船隊の懐古 No.49」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第六巻(P.100)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.90)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.146)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る