第二日新丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.12.16:起工 12.06.09:進水、命名:第二日新丸 12.10.06:竣工、船主:太洋捕鯨株式會社、登録総噸数:17,553、登録純噸数:14,288
12.09.24:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第二號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和12年09月24日 至昭和13年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの九隻 12.10.14:神戸〜南氷洋 13.--.--:登録総噸数:17,583、登録純噸数:14,319 13.09.27:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第二號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和13年09月27日 至昭和14年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの十隻 13.10.21:母船式鯨漁業母船使用承認証書換       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの九隻 13.--.--:南氷洋捕鯨 14.10.24:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第二號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和14年10月24日 至昭和15年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの九隻 14.12.08:母船式鯨漁業母船使用承認証書換       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの十隻 14.--.--:南氷洋捕鯨 15.--.--:登録総噸数:17,579、登録純噸数:14,315 15.--.--:南氷洋捕鯨
16.12.01:徴傭通知:兵備三機密第1478号 16.12.02:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属
16.12.04:徴傭授受:横浜着  16.--.--:機密横鎮命令第829号:パラオ向け兵器、燃料、自動車輸送 16.12.--:真水満載、パラオ行き爆弾1,300個、自動車8台、木材500t、      サイパン行き九二航空揮発油1,000キロリットル、八七航空揮発油50キロリットル搭載 16.12.12:横浜〜12.15横須賀12.15〜12.16東京12.20〜12.22父島 16.12.23:特設砲艦まがね丸」に真水補給 16.12.24:特設砲艦吉田丸」に真水補給 17.01.02:父島〜01.05サイパン01.05〜      〜01.08パラオ01.13〜01.17トラック 17.01.23:トラック〜01.25サイパン01.25〜01.31横須賀 17.01.--:運輸機密第172番電:人員及び軍需品輸送 17.02.02:横須賀〜02.02東京02.06〜02.06横浜 17.02.07:横浜〜02.07横須賀 17.02.08:横須賀〜02.15メレヨン02.17〜02.18ナモチック02.18〜02.19オロール02.19〜      〜02.20トラック 17.02.21:トラック〜02.24トラック 17.03.01:特設砲艦第二號長江丸」を横付け、清水供給 17.03.06:トラック〜03.11ミレ03.14〜03.26横須賀 17.03.--:運輸機密第530番電:人員及び軍需品輸送 17.03.29:横須賀〜03.29東京04.03〜04.02鹿ノ川沖04.06〜04.06鹿ノ川04.09〜04.18トラック 17.04.26:MO攻略部隊電令作第1号:       寶洋丸は27日トラック入港後直に第二日新丸に横付け一号重油500噸、缶用重油を満載すべし 17.04.30:特設運送船東邦丸」に在庫2,730t全部を移載 17.04.30:トラック〜05.04パラオ05.06〜05.12呉05.14〜05.14黄幡05.17〜05.19三崎沖05.20〜      〜05.20横須賀 17.05.--:海運機密第128番電:軍需品輸送任務 17.05.25:横須賀〜05.26串本05.27〜05.28呉05.29〜05.29鹿ノ川05.31〜06.01神戸06.03〜06.03串本〜      〜06.06横浜06.09〜06.09横須賀 17.06.--:海運機密第224番電:人員及び軍需品輸送 17.06.16:横須賀〜      〜06.17 0730 大王埼にて「第十八號掃海艇」の護衛終了〜      〜06.18 1100 驅逐艦「夕月」が護衛に就く〜      〜06.22サイパン 17.06.23:サイパン〜06.25トラック 17.07.01:トラック〜07.09横須賀 17.07.--:運輸機密第233番電:一號重油2,000t外、兵器弾薬、機械類、設営隊要具搭載 17.07.18:横須賀〜      〜07.19 1900(N31.---E137.--)驅逐艦「初風」が護衛を終了〜      〜07.29ラバウル 17.07.18:機密横須賀鎮守府命令作第108号:07.18 1100東京湾第二海堡北2浬にて朧と会合      大島西方通過馬公に向う、A点(N31-E136)にて日新丸と分離 17.07.27:船長:海軍嘱託 櫻井 長治(部内限り奏任官待遇) 17.08.03:ラバウル〜08.07トラック08.09〜08.21ミリ 17.08.26:ミリ〜      〜09.05 0235(N31.18-E131-19)敵潜水艦の雷撃を受けるが命中せず〜      〜09.06下津 17.09.12:下津〜09.13徳山09.16〜09.20横須賀 17.09.24:横須賀〜10.05トラック 17.10.10:トラック〜10.15ショートランド10.16〜10.16ブイン10.18〜10.19ラバウル10.24〜      〜11.10大阪11.10〜11.10神戸12.03〜12.03大阪 17.12.04:船体修理(12.19まで) 17.12.20:大阪〜12.21呉12.21〜12.22六連 17.12.23:六連〜12.27高雄01.01〜01.07ミリ 18.01.10:ミリ〜      〜01.20 敷設艇怒和島」及び「第三十九號驅潜艇」が護衛〜      〜01.24下津 18.02.02:下津〜02.02神戸02.19〜02.20呉 18.02.21:呉〜02.22門司 18.02.24:門司〜02.28馬公03.02〜03.07聖雀03.09〜03.12昭南 18.03.21:昭南〜04.02徳山04.12〜04.13六連 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.04.14:(第147船団)六連〜馬公向け航行〜      〜04.17 1813(N23.56-E124.19)敵潜水艦の雷撃を受け中破、「南進丸」が曳航〜      〜04.18 0600 「第三十六號哨戒艇」来着〜      〜04.22 0600(N23.25-E122.39)「第三十九號哨戒艇」来着〜      〜04.23 0800(N23.08-E122.42)「第三十九號哨戒艇」被雷〜      〜04.23 0815 「第三十九號哨戒艇」沈没〜      〜04.25 0800 雑役船立~」と会合〜 〜04.25 高潮時に浅瀬に座州〜      〜04.28基隆 18.05.31:基隆碇泊中(11.30まで、のち廃船)
18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37(18.08.31解傭予定) 18.09.01:船舶運營會海軍配當船、横須賀鎮守府所管 --.--.--:解傭

同型船

 日新丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.39)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年7月号、 昭和12年11月号
 雑誌「船の科学」(船舶技術協会) 1981年4月号「日本商船隊の懐古 No.22」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2016年10月号「思い出の日本貨物船その242」
 「大洋漁業八十年史」 S35.12 大洋漁業株式会社(P.265)
 函館市史デジタル版
 "The World's Merchant Fleets 1939" Chatham Publishing 1999 Roger Jordan(P.249)

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る