岩戸丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.11.--:起工 14.02.20:進水、命名:岩戸丸 14.04.18:竣工、船主:大久保 訓次郎、船籍港:兵庫県垂水
14.--.--:三光汽船株式會社に裸傭船
15.06.14:徴傭 16.12.18:株式會社林兼造船鉄工所にて艤装工事開始 16.12.20:入籍:内令第1699号:特設防潜網艇、佐世保鎮守府所管
16.12.31:戦時編制:馬公警備府部隊馬公防備隊 16.12.31:内令第1780号:馬公防備隊所属 16.12.31:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第−号:海面防備部隊 16.12.--:馬公 17.01.10:艤装工事完了 17.01.15:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第7号:海面防備部隊 17.01.18:佐世保〜01.22南日水道01.24〜01.26馬公 17.02.--:馬公海軍工作部にてセミディーゼル発電機械修理工事 17.02.18:馬公〜02.24馬公 17.02.26:馬公〜02.28馬公 17.03.18:機密馬公警備府命令第20号:       機密馬公警備府命令第5号に依る特設捕獲網艇若宮丸、特設防潜網艇岩戸丸、特設驅潜艇       白眉丸第二十二日東丸東石丸研海丸第二十一日東丸の教練射撃は3月下旬澎湖島西方       海面に於て之を実施す、曵的は馬公防備隊より派出するものとす       馬公防備隊司令は実施日時を定め報告すべし 17.03.29:澎湖島西方海面にて第1回教練射撃 17.07.--:馬公 17.07.14:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第43号:海面防備部隊 17.07.25:澎湖島西方海面にて第三回教練射撃 17.09.07:第1回聯合訓練実施(09.09まで) 17.09.28:第2回聯合訓練実施(10.01まで)
17.10.01:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第55号:基隆方面防備部隊 17.10.03:馬公〜基隆 17.10.14:馬公警備府電令作第71号:      1.14日1610北緯25度20分東経121度1分に於て帝村丸は敵潜水艦の雷撃を受け鷺掃蕩中      2.基隆方面防備部隊は全力を以て之が掃蕩撃滅に任ずべし 17.10.14:「帝村丸」救難及び対潜掃蕩(10.18まで) 17.10.18:馬公警備府電令作第72号:      1.18日1220東経121度55分北緯25度15分に於て丹後丸敵潜水艦の雷撃を受けたるも被害なし      2.基隆方面防備部隊は本府電令作第71号の任務を止め右敵潜水艦の撃滅に任ずべし 17.12.11:第1回聯合訓練実施(12.13まで) 17.12.26:馬公警備府電令作第89号:      1.陸軍監視情報に依れば12月25日2214浮上潜水艦一隻東経121度50分北緯24度20分を北航す      2.基隆方面防備部隊指揮官は右潜水艦の攻撃に任ずべし 17.12.26:馬公警備府電令作第90号:       本府電令作第89号に依る対潜掃蕩を取止む 17.12.28:第2回聯合訓練実施(12.30まで) 18.02.04:第5回聯合訓練実施(02.06まで) 18.02.24:第6回聯合訓練実施(02.26まで) 18.03.01:馬公警備府電令作第7号:      1.3月1日0900新竹空飛行機は観音灯台の330度25浬に潜没潜水艦一隻を発見、0930之を見失う        敵針170度      2.基隆方面防備部隊指揮官は麾下全力(長白山丸は夜間のみ)を以て之の掃蕩攻撃に任ずべし        本掃蕩隊指揮官を馬公防備隊機雷長に指定す 18.03.04:馬公警備府電令作第9号:       敵情を得ざれば3月4日1200以後馬公警備府電令作第7号及第8号に依る対潜掃蕩を取止む       基隆方面防備部隊は同指揮官所定に依り基隆に回航すべし 18.03.15:馬公警備府電令作第18号:      1.3月15日1300北緯25度33分東経121度53分富士丸敵潜水艦の雷撃を受く      2.基隆方面防備部隊は全力を以て之が撃滅に任ずべし 18.03.18:馬公警備府電令作第22号:       馬公警備府電令作第18号掃蕩を取止む 18.03.20:馬公警備府電令作第24号:      1.3月19日1500北緯25度27分東経122度17分潜没敵潜水艦らしきものあり      2.基隆方面防備部隊は之が掃蕩攻撃に任ずべし 18.03.21:馬公警備府電令作第25号:       基隆方面防備部隊は馬公警備府電令作第24号掃蕩を続行しつつ主として高千穂丸乗員の救助に       任ずべし 18.03.25:馬公警備府電令作第28号:       馬公警備府電令作第24号掃蕩並に救難を取止む
18.04.01:戦時編制:高雄警備府部隊馬公方面特別根據地隊 18.04.01:内令第588号:馬公方面特別根據地隊所属 18.04.01:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第6号:基隆方面防備部隊 18.04.17:高雄警備府電令作第47号:対潜掃蕩及び「第二日新丸」救難 18.04.20:高雄警備府電令作第52号:第二日新丸救難隊編成 18.04.25:高雄警備府電令作第57号:対潜掃蕩中止「第二日新丸」警戒 18.04.28:高雄警備府電令作第61号:救難隊編成を解く、原隊復帰 18.05.03:第11回聯合訓練実施(05.08まで) 18.06.01:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第15号:馬公方面防備部隊(06.08実施) 18.06.03:第13回聯合訓練実施(06.05まで) 18.06.23:第14回聯合訓練実施(06.25まで) 18.07.08:第15回聯合教練実施(07.10まで) 18.07.28:第16回聯合教練実施(07.30まで) 18.08.09:第17回聯合訓練実施(08.11まで) 18.08.16:高雄警備府電令作第217号:対潜掃蕩(N24.55-E120.50) 18.08.17:2350(N25.18-E120.10)浮上潜水艦発見、攻撃 18.08.20:高雄警備府電令作第223号:1200までに敵情を得ざれば対潜掃蕩中止 18.08.20:高雄警備府電令作第225号:対潜掃蕩(N24.27-E120.23) 18.08.22:高雄警備府電令作第229号:0800までに敵情を得ざれば対潜掃蕩中止  18.08.25:第18回聯合訓練実施(08.27まで) 18.09.09:高雄警備府電令作第262号:対潜掃蕩 18.09.12:高雄警備府電令作第266号:1200までに敵情を得ざれば対潜掃蕩中止  18.09.18:高雄警備府電令作第277号:対潜掃蕩 18.09.20:高雄警備府電令作第280号:1200までに敵情を得ざれば対潜掃蕩中止 18.09.22:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第21号:基隆方面防備部隊(10.01実施) 18.09.22:高雄警備府電令作第285号:対潜掃蕩 18.09.23:高雄警備府電令作第289号:対潜掃蕩中止、帰投 18.09.27:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第22号:直卒部隊(10.01実施) 18.09.27:第20回聯合訓練実施(09.29まで) 18.--.--:船主:中國運航株式會社に変更、船籍港:徳島 18.09.28:官房艦機密第4917号:特設艦船艤装替の件訓令 18.10.01:内令第2039号:馬公方面特別根據地隊から除く
18.10.01:除籍:内令第2040号 18.10.01:入籍:内令第2041号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
18.10.01:戦時編制:高雄警備府配属、特設運送船(乙) 18.10.01:指揮官:海軍大尉 牧崎 藤吾 18.10.--:艤装中 18.11.--:艤装中 18.11.--:馬公警備府工作部にて艤装工事完了 18.11.26:馬公〜自差修正〜11.26馬公 18.12.13:高雄〜12.14馬公   18.12.25:高雄〜12.25馬公12.30〜12.30高雄 19.--.--:船主:日本近海汽船株式會社に変更 19.01.03:高雄要港〜01.03高雄商港 19.01.03:機雷100個、鉄板その他200噸、軍需品搭載 19.01.07:高雄〜01.07馬公 19.01.07:軍需品搭載 19.01.10:馬公〜01.11高雄 19.01.--:木材、雑材料100瓲、粉炭70噸、自動車1台、雑食品200瓲、航空兵器30m3 19.01.15:高雄商港〜01.16馬公 19.01.16:高雄揚軍需品搭載 19.01.26:馬公〜01.27高雄商港 19.01.31:起動機附自動車1台、機材150?、セメント13瓲、貯糧品60瓲 19.01.31:高雄〜01.31馬公 19.02.--:鉄板45t、軍需品搭載 19.02.04:馬公〜02.04高雄要港 19.02.--:石炭300t、コークス100m3、工作材料20t、航空兵器5m3搭載 19.02.08:高雄商港〜02.08馬公 19.02.08:発電機他軍需品搭載 19.02.12:馬公〜02.12高雄要港 19.02.--:花蓮港揚二塊250t、重油40t、糧食50t、爆雷20個他搭載 19.02.13:高雄商港〜02.14花蓮港 19.02.14:木材1,000石以上満載 19.02.18:花蓮港〜02.19高雄商港 19.02.--:石炭100tその他軍需品、アルミナ100t搭載 19.02.25:高雄商港〜02.26花蓮港 19.02.26:木材1,300石、アルミニウム65t搭載 19.03.02:花蓮港〜03.03高雄商港 19.03.10:高雄〜03.10馬公03.16〜03.16高雄 19.03.20:軍需品300m3、石炭300t搭載 19.03.20:高雄商港〜03.20馬公 19.03.25:回収物件搭載 19.03.25:馬公〜03.25高雄商港 19.03.31:軍需品100m3、民需品200t搭載 19.03.31:高雄商港〜04.01花蓮港 19.04.04:基隆揚木材2,000石、軍需品用箱材適宜、機帆船用檣若干 19.04.04:花蓮港〜04.05基隆 19.04.07:高雄揚石炭450t搭載 19.04.07:基隆〜04.08高雄商港 19.04.10:花蓮港〜04.11高雄 19.04.13:軟鋼板他90t、建築資材16m3、空ドラム缶1,500本、自動車1台 19.04.13:高雄商港〜04.13馬公 19.04.15:軍隊区分:機密高雄警備府命令作第16号:直卒部隊 19.04.17:航空揮発油1,600本 19.04.17:馬公〜04.17高雄商港 19.04.20:佐世保揚軍需品550m3 19.04.20:高雄商港〜基隆04.26〜04.27佐世保 19.05.02:高雄揚需品兵器300m3、航空兵器150m3、その他緊急物件100m3以内 19.05.02:佐世保〜05.09高雄商港 19.06.06:鹿児島〜06.07古仁屋06.09〜06.10那覇06.11〜06.12石垣06.12〜      〜06.13基隆06.15〜06.16高雄 19.06.23:高雄〜06.23海口06.24〜06.24花蓮港06.27〜06.27基隆07.01〜07.02高雄 19.07.11:高雄〜07.11高雄 19.07.12:(ミ06船団)高雄〜      〜07.12 0745 ミ06船団より分離〜      〜07.13基隆 19.07.22:基隆〜07.25上海08.06〜08.09基隆08.18〜08.19高雄要港 19.08.22:高雄要港〜08.22高雄商港08.27〜08.28バタン島バスコ08.31〜09.02高雄商港 19.09.06:高雄商港〜09.06馬公09.20〜09.20高雄商港 19.10.05:高雄商港〜10.05馬公 19.10.12:対空戦闘 19.10.21:馬公〜10.21高雄商港 19.11.20:高雄商港〜11.20坊寮11.22〜11.22大板垪11.23〜11.23海口11.24〜11.24高雄 19.11.29:呂宗海峡部隊電令作第53号:       第二昭和丸、第八十三號驅潜特務艇はバタン島迄タマ三四船団(岩戸丸はバタン島行)の護衛に       協力し爾後岩戸丸高雄帰投迄同船の護衛に任ずべし 19.11.30:呂宗海峡部隊電令作第55号:      1.当隊電令作第53号護衛兵力に第九十六號驅潜特務艇を追加す      2.第九十六號驅潜特務艇、第八十三號驅潜特務艇はムサ泊地迄タマ三四船団の護衛に        協力したる後バタンに回航、岩戸丸の護衛任務に従事すべし 19.12.03:(タマ34船団)高雄〜      〜12.05 1630 タマ34船団より分離〜      〜12.05 1930 南湾に避泊 19.12.06:1000 「第八十三號驅潜特務艇」「第九十六號驅潜特務艇」と合同 19.12.07:南湾〜高雄 19.12.10:高雄〜      〜12.10 1700 荒天に依り我鸞鼻より反転、枋寮沖に向う〜      〜12.10 ---- 南湾避泊〜      〜12.11 2200 南湾発〜      〜12.12 ---- 荒天に依り引返す〜      〜12.12 0430 南湾避泊
20.01.04:沈没 20.03.10:除籍:内令第232号 20.03.10:解傭
喪失場所:台湾北東岸蘇澳湾 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 なし。

兵装

 防潜網

(参考:開戦時の標準兵装)
 短八糎砲1門、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷8個、
 九六式防潜網2組、機雷。

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設防潜網艇 → 次の艇へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る