東石丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 09.12.--:進水、命名:東石丸 10.01.15:竣工、船主:共同漁業株式會社
12.05.07:船主:日本水産株式會社に変更
16.11.19:徴傭 16.12.10:入籍:内令第1625号:特設驅潜艇、佐世保鎮守府所管
16.--.--:馬公要港部工作部にて艤装工事 16.12.--:馬公 16.12.31:内令第1780号:馬公防備隊所属 16.12.31:戦時編制:馬公警備府部隊馬公防備隊 16.12.31:軍隊区分:海面防備部隊 17.01.--:馬公 17.01.15:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第7号:海面防備部隊 17.03.18:機密馬公警備府命令第20号:       機密馬公警備府命令第5号に依る特設捕獲網艇若宮丸特設防潜網艇岩戸丸特設驅潜艇       白眉丸第二十二日東丸、東石丸、研海丸第二十一日東丸の教練射撃は3月下旬澎湖島西方       海面に於て之を実施す、曵的は馬公防備隊より派出するものとす       馬公防備隊司令は実施日時を定め報告すべし 17.03.26:虎井嶼西南方海面にて第1回教練射撃 17.04.08:機密馬公警備府命令作第26号:       特設驅潜艇東石丸、研海丸は海面防備部隊より除き左の部隊に編入す       海面防備部隊指揮官は右二艇をして4月9日馬公発各任務地に回航せしむべし         高雄方面防備部隊 東石丸         基隆方面防備部隊 研海丸
17.04.10:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第27号:高雄方面防備部隊 17.04.10:馬公〜04.10高雄 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:       兵器供給:30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.07.--:馬公 17.07.02:馬公警備府電令作第40号:       1日2245東経120度43分北緯26度24分に於て澎湖丸は敵潜水艦の追躡を受く        基隆方面防備部隊は直に出動、同方面本府担任区域内に於て右潜水艦の掃蕩に任ずべし 17.07.04:馬公警備府電令作第41号:      4.本府電令作第40号に依る各部隊の任務を解く 17.07.14:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第43号:高雄方面防備部隊 17.08.25:特設砲艦千洋丸」への攻撃地点に爆雷攻撃
17.08.31:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第51号:海面防備部隊 17.09.02:馬公警備府電令作第60号:      1.新竹海軍航空隊飛行機は1100東吉嶼灯台の156度13浬に潜没潜水艦一隻を発見せり      2.海面防備部隊指揮官は澎湖測天、特設驅潜艇を急派し之が撃滅に任ずべし        第四十五掃海隊司令現地到着迄、馬公防備隊機雷長之を指揮すべし 17.09.02:馬公〜対潜掃蕩〜09.05馬公 17.09.05:馬公警備府電令作第62号:       1.0700以後本府電令作第60号に依る対潜掃蕩を取止む      2.各部隊は夫々任務地に帰投せよ 17.09.07:馬公〜第1回聯合訓練〜09.09馬公 17.09.28:馬公〜第2回聯合訓練〜10.01馬公 17.10.21:馬公警備府電令作第74号:(馬公警備府機密第211620番電にて一部訂正):      1.21日0120頃東経120度26分北緯24度26分附近にて、あふりか丸は敵潜の雷撃を受け沈没す      2.海面防備部隊指揮官は極力全艦艇を以て敵潜の撃滅並に遭難船の救難に任ずべし、        右指揮官を馬防機雷長に指定す 17.10.21:馬公警備府信電令第31号:      1.21日0120頃新高港北方約10浬にて、はわい丸、あふりか丸は雷撃避難す      2.艦船救難部署第二部署を編成し救難隊指揮官を馬公防備隊機雷長に指定す        派遣鑑定を特設驅潜艇鹽水丸、東石丸、港務部六號曳船、動力船住吉丸とす      3.救難隊は準備出来次第、馬公発速に遭難船の救難に任ずべし 17.10.21:馬公警備府信電令第32号:       本府信電令第31号に依る救難作業を取止む       鹽水丸、東石丸、六號曳船、住吉丸は帰投すべし 17.10.21:馬公〜敵潜掃蕩〜10.23馬公 17.10.23:馬公警備府電令作第76号:      1.0800以後本府電令作第72、74号掃蕩を取止む      2.海面防備部隊船艇は敵潜掃蕩を続行しつつ馬公に帰投すべし 17.12.11:第1回聯合訓練実施(12.13まで) 18.02.04:第5回聯合訓練実施(02.06まで) 18.03.11:馬公警備府電令作第16号:      1.3月11日0735 凸角の155度約15粁に敵潜水艦を探知す      2.海面防備部隊指揮官は全力を以て之を掃蕩攻撃すべし 18.03.11:馬公〜対潜掃蕩〜03.15馬公 18.03.15:馬公警備府電令作第17号:      1.馬公警備府電令作第16号掃蕩を取止む 18.03.17:馬公〜 18.03.18:馬公警備府電令作第19号:      1.3月17日2335北緯24度30分東経120度9分天龍川丸は敵潜の雷撃を受く      2.海面防備部隊指揮官は船艇を以て之が掃蕩攻撃に任ずべし 18.03.19:馬公警備府電令作第23号:       馬公警備府電令作第19号第21号掃蕩並に救難作業を取止む 18.03.20:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第4号:海面防備隊より削除
18.03.20:内令第478号:第二十三特別根據地隊所属 18.03.20:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第二南遣艦隊第二十三特別根據地隊 18.03.28:(「第一高周丸」護衛)馬公〜マニラ〜メナド 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更      〜07.03エンデ07.04〜07.04ベイア07.09〜07.09アンペナン07.13〜 18.07.30:軍隊区分:南西部隊東印部隊第一警備部隊小スンダ部隊第三警備隊 19.06.--:軍隊区分:直卒部隊 19.06.03:マカッサル〜06.07マカッサル 19.06.13:マカッサル〜06.15コタバル06.16〜06.17マカッサル 19.06.23:マカッサル〜06.27ケンダリー06.29〜06.30マカッサル 19.07.01:マカッサル〜特設運送船亞南丸」護衛〜07.09マカッサル 19.07.05:第三警備部隊電令作第146号:      1.西阿丸船団6日0400チョロ水道西口発、1400サラヤル水道、2100ダジャンダジャン着      2.大鷹丸は右船団の前路掃蕩及び後方警戒マカッサルに帰投すべし      3.東石丸は亞南丸護衛、7日未明ボニ礁発マカッサルに回航すべし      4.第一昭南丸は6日早朝西阿丸船団に会合、之の護衛に協力、サラヤル水道通過後、        亞南丸護衛に任ずべし 19.07.11:マカッサル〜07.13マカッサル 19.07.15:マカッサル〜07.20マカッサル 19.07.20:マカッサル〜07.25マカッサル 19.07.27:マカッサル〜07.28コタバル 19.07.30:(「第一虎丸」護衛)コタバル〜07.31マカッサル 19.08.02:(「第一虎丸」護衛)マカッサル〜08.04マカッサル 19.08.04:マカッサル〜08.07マカッサル 19.08.09:マカッサル〜08.10ケンダリー向け航行中消息不明
19.08.10:沈没 19.12.10:除籍:内令第1348号 19.12.10:解傭
喪失場所:S05.15-E121.14 カバエナ島コク岬南沖 喪失原因:米潜水艦Cod(SS-224)の雷撃

同型船

 三峡丸烏來丸錦水丸竹東丸南岬丸研海丸大信丸麗光丸蘭陽丸嘉南丸大屯丸北斗丸麻豆丸二水丸新港丸通海丸素水丸、立霧丸。

兵装

 爆雷

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る