日新丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.02.26:起工 11.08.01:進水、命名:日新丸 11.09.28:竣工、船主:大洋捕鯨株式會社、登録総噸数:16,764、登録純噸数:13,350
11.10.03:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第壹號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和11年10月03日 至昭和12年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの八隻 11.10.07:神戸〜フリーマントル〜南氷洋〜 12.09.24:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第壹號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和12年09月24日 至昭和13年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの九隻 12.09.27:神戸〜南氷洋〜 13.09.22:母船式鯨漁業母船使用承認証交付       承認番号:第壹號       名義:大洋捕鯨株式會社       承認期間:自昭和13年09月22日 至昭和14年05月31日       操業区域:南緯四十度以南の海面       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの九隻 13.10.21:母船式鯨漁業母船使用承認証書換       独航附属漁船:総噸数二百噸以上のもの十隻 13.--.--:南氷洋捕鯨 14.--.--:登録総噸数:16,738、登録純噸数:13,228 14.--.--:南氷洋捕鯨 15.--.--:登録総噸数:16,801、登録純噸数:13,220 15.--.--:南氷洋捕鯨
16.11.14:徴傭通知:兵備三機密第1370号 16.11.25:徴傭:一般徴傭船(給油船)、海軍省配属
16.12.02:南鳥島着 16.12.--:軍需品1,304t、人員1,192名輸送 16.12.12:硫黄島着 16.12.12:硫黄島〜12.13母島12.13〜12.13父島〜12.17横須賀 16.--.--:機密横鎮命令第848号:南洋方面向け軍需品輸送 16.12.24:横須賀〜呉 16.12.29:呉〜12.30大阪〜01.04パラオ01.10〜01.14トラック 17.01.16:トラック〜01.18ポナペ01.18〜01.21イミエジ01.22〜01.23タロア01.23〜      〜01.24ウオッチェ01.26〜01.27ルオット01.29〜01.29クエゼリン01.31〜      〜02.08横須賀 17.02.--:運輸機密第220番電:軍需品搭載 17.02.12:横須賀〜02.14呉02.17〜02.18大阪02.19〜02.21東京02.24〜03.08大鳥島03.10〜      〜03.13ウオッチェ03.15〜03.16クエゼリン03.17〜03.21トラック 17.03.22:トラック〜03.26パラオ03.28〜04.04横須賀 17.04.--:運輸機密第712番電:人員及び軍需品輸送 17.04.06:横須賀〜04.08鹿ノ川 17.04.11:1330(N33.17-E135.37)和歌山県潮岬南西で米潜水艦"Trout"(SS-202)の雷撃を受け損傷 17.--.--:〜ラバウル 17.05.10:敷設艦沖島」に重油を補給 17.05.10:第四艦隊機密第435番電:       日新丸は東邦丸寶洋丸補填の為、本日ラバウル発ショートランドに回航せしめらる往路は       第二十號驅潜艇をして護衛せしめらる(第二十號掃海艇は急速ラバウルに帰投を要す)       同艦のラバウル帰港に関してはMO攻略部隊の一部兵力をして護衛せしめられ度 17.05.10:ラバウル〜05.12ショートランド 17.05.12:第六戦隊機密第168番電:      1.日新丸はショートランドに於て東邦丸、クインカロラに於て寶洋丸に補填の上ラバウルに回航      2.追風は日新丸ラバウル着迄同艦を護衛したる後主隊に合同すべし、本電日新丸に伝へ 17.05.12:第六戦隊機密第170番電:       日新丸の寶洋丸への補填地をショートランドに改む 17.05.12:0900 特設運送船東邦丸」に重油補填開始 17.05.13:0500 特設運送船「東邦丸」に重油補填終了 17.05.13:ショートランド〜05.14ラバウル05.15〜05.21トラック 17.05.--:トラック〜05.31大阪06.02〜06.03呉 17.06.05:呉〜06.15トラック06.25〜07.03佐世保07.12〜07.15横浜 17.07.17:横浜〜      〜07.19 1900(N31.---E137.--)驅逐艦「初風」が護衛を終了〜      〜07.26馬公 17.07.18:機密横須賀鎮守府命令作第108号:07.18 1100東京湾第二海堡北2浬にて朧と会合      大島西方通過馬公に向う、A点(N31-E136)にて第二日新丸と分離 17.07.26:馬公〜08.03マカッサル 17.07.27:船長:海軍嘱託 岡元 管太郎(部内限り奏任官待遇) 17.08.06:マッカサル〜08.07ポマラ08.12〜08.13マカッサル08.16〜08.21ミリ 17.08.27:ミリ〜08.29昭南09.06〜09.14基隆09.16〜09.21呉09.22〜09.24横浜 17.10.05:横浜〜10.07呉10.12〜10.13大阪10.14〜10.16横須賀 17.10.17:横須賀〜10.28トラック 17.11.01:トラック〜11.06ショートランド 17.11.08:1125 驅逐隊(第三十一、第二十四、第十(秋雲、巻雲欠)のいずれか)に燃料を補給 17.11.09:ショートランド〜11.11ラバウル11.14〜11.20トラック 17.11.20:竹島南錨地で「伊號第百七十五潜水艦」と触衝 17.11.21:トラック〜12.02ミリ 17.12.06:ミリ〜12.22横浜 17.12.25:淺野船渠にて入渠修理 18.01.21:横浜〜01.21横須賀 18.01.22:横須賀〜    〜01.22 1600 洲ノ埼沖にて「第三十三號驅潜艇」が護衛開始〜      〜01.23 0030 北緯34度線付近にて荒天の為、「第三十三號驅潜艇」と分離〜      〜02.02ミリ 18.02.02:ミリ〜02.03ビクトリア02.06〜02.06ミリ 18.02.07:碇泊中、米潜水艦"Trout"(SS-202)の雷撃を受け損傷 18.02.20:ミリ〜02.24昭南 18.02.--:セレターにて修理(11.30まで) 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37(08.31附解傭予定) 18.12.21:解傭
18.12.21:船舶運營會海軍配當船、横須賀鎮守府所管 18.12.--:原油20,500キロリットル搭載 18.12.27:昭南〜02.05下津 19.02.--:原油20,500キロリットル揚荷 19.02.11:下津〜02.11神戸 19.02.12:川崎重工業株式會社艦船工場にて戦傷箇所修理工事(02.22まで) 19.02.21:第37次海軍指定船 19.02.21:神戸〜02.24佐世保 19.02.--:大発外軍需品約3,000t、便乗者300名搭載 19.03.02:佐世保〜      〜03.09 0700 「第三十號掃海艇」と合同〜      〜03.09 1000 モタ07船団に合同〜      〜03.09高雄 19.03.--:高雄〜04.01昭南 19.04.--:軍需品揚陸、便乗者下船、重油2,000キロリットル搭載、便乗者250名乗船 19.04.19:(シサ17船団)昭南〜04.22聖雀 19.04.22:聖雀にて空爆を受け損傷 19.04.--:重油360t揚陸、便乗者41名乗船 19.04.--:聖雀〜   〜05.01 0825 「第三十八號哨戒艇」が合同、護衛開始〜      〜05.02ミリ 19.05.04:(ミ02船団)ミリ〜      〜05.04 2100 イムルアン湾に仮泊、「第三十八號哨戒艇」は湾口を移動哨戒〜      〜05.05 0530 出港、「第三十八號哨戒艇」が護衛を開始〜      〜05.06 0801(N07.19.5-E116.52.5)被雷、沈没
19.05.06:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N07.19-E116.52 バラバック島メルビル岬南南西75km附近 喪失原因:潜水艦Crevalle(SS-291)の雷撃

同型船

 第二日新丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和11年9月号、 昭和11年10月号、 昭和12年6月号附録
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.100)
 雑誌「船の科学」(船舶技術協会) 1980年5月号「日本商船隊の懐古 No.11」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.189)
 「川崎重工業株式会社社史」 S34.10 川崎重工業株式会社(P.266,714)
 「大洋漁業八十年史」 S35.12 大洋漁業株式会社(P.264)

前の船へ ← 一般徴傭船(給油船) → 次の船へ

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る