大安丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T05.06.--:進水、命名:Hanna Nielsen T05.12.--:竣工、船主:A/S Hanna Nielsen、船籍港:Haugesund、信号符字:WLRJ、      登録総噸数:5,755、登録純噸数:4,431、      運航:B. Stolt-Nielsen
--.--.--:信号符字:MVCL、登録総噸数:5,747、登録純噸数:4,269に変更? T13.04.11:晩香坡〜05.03横浜 T15.09.26:改名:大安丸、      船主:下村汽船株式會社、船籍港:大阪、信号符字:JITB、      登録総噸数:5,655、登録純噸数:4,326、      傭船主:大洋海運株式會社に変更 T15.09.--:大阪にて定期検査完了 02.09.--:中間検査 03.10.--:中間検査 04.--.--:船籍港:石川縣橋立に変更 05.03.--:笠戸島にて定期検査完了 06.05.--:中間検査 07.05.--:中間検査 08.05.--:中間検査 09.05.--:因島にて定期検査完了 10.06.--:中間検査 11.05.--:中間検査 12.05.--:中間検査 13.05.--:因島にて定期検査完了 14.08.--:中間検査 15.12.--:中間検査
16.09.27:徴傭:陸軍、船番号:280 16.09.27:宇品〜09.28漢口 16.10.12:漢口〜10.15南京10.18〜10.30西貢10.30〜11.01聖雀 16.11.02:聖雀〜海口〜11.16黄埔11.17〜虎門〜11.24基隆11.26〜11.28宇品 16.11.28:宇品〜11.29大連11.30〜馬公 16.12.--:中間検査
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第二輸送船隊第三分隊(船番号:1) 16.12.31:(第二輸送船隊第三分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.17:シンゴラ〜01.18カムラン01.18〜02.18南京 17.02.19:南京〜02.25盤谷03.13〜03.17ハイシオン〜04.02サントトーマス04.06〜高雄 17.04.--:高雄〜カムラン〜05.05バタビヤ05.10〜05.15昭南 17.05.17:昭南〜05.20バタビヤ05.23〜06.05ダバオ06.08〜06.13マニラ 17.06.20:マニラ〜06.24高雄 17.06.26:高雄〜06.30大連 17.07.02:大連〜07.05神戸 17.07.05:解傭
17.08.17:因島にて定期検査完了
17.08.19:徴傭:船舶運營會 18.02.01:船主:大洋海運株式會社、船籍港:~戸に変更 18.04.15:伊万里湾在勤海軍武官機密第151158番電:      1.佐第六船団        護衛艦 燕        15日0600伊万里湾発17日0600馬鞍群島着、速力八節        三島丸(JDAO)ハシケ車輛貨物、安國丸(JGJR)空船、大安丸(JITB)陸兵122名、以上蕪湖        第三大和丸(JSPN)馬欄、第三十三播州丸(JZVQ)冷凍魚、以上上海        澎湖丸(JXWL)セメント軍需品、高見山丸(JBTC)軍需品、以上高雄        ちゃいな丸(JCJD)空船、高雄経由楡林        西寧丸(JTQG)雑貨、基隆        大仁丸(JCMC)軍需品、馬公経由昭南        安南丸(JDND)兵器軍需品ガソリン、広東      2.南下船馬鞍にて分離大陸接岸(西寧丸独航其の他牛山島附近迄集団航行)      3.正午位置        15日北緯33度20分東経129度          北緯32度  東経125度30分          北緯30度12分東経122度50分          北緯27度30分東経121度20分          北緯24度55分東経118度30分      4.高雄20日1200、基隆18日1900、広東21日1200着予定      5.澎湖丸宇久島北方にて合同の予定 18.04.15:(佐第六船団)伊万里湾〜      〜04.17 0200 花鳥山着、敷設艇」が護衛終了〜      〜04.17上海 18.04.--:上海〜蕪湖〜上海 18.04.24:上根機密第241027番電:      1.支第七船団(礦石陸兵)        銀嶺丸8200噸、安國丸7500噸、盛丸7500噸、大安丸(JJQK) 800噸以上八幡行        大安丸(JITB) 8200噸1224名、広畑行        海上トラック第二東盛丸続行下関行      2.護衛艦 、船団速力八節      3.24日0830呉淞発航路大瀬崎へ直航26日1000富江沖着古志岐島附近にて解列、27日未明六連島着の予定      4.正午位置 25日東経124度36分北緯31度52分 18.04.24:(支第七船団)上海〜      〜04.24 1650 1830花鳥山発、25日正午N31.38-E125.15、26日正午大瀬崎着の予定〜      〜04.26 1230 大瀬崎、相崎瀬戸を通過、古志岐島東方にて解列の予定〜      〜広畑 18.05.06:第1次海軍指定船 18.05.19:上海根機密第191841番電:      1.支第一九船団        大安丸、陸兵1549名、礦石8300瓲、筥崎丸、礦石5200瓲以上、八幡行、        親和丸、蛍石2500瓲、博多行、東泰丸、礦石4428瓲、大阪行      2.護衛艦 平島 速力八節      3.19日1900呉淞発大瀬崎直航、21日2100富江沖着、古志岐島附近にて解列、        22日0900六連着の予定      4.正午位置        20日北緯31度25分東経123度50分        21日北緯32度15分東経127度30分 18.05.20:(支第一九船団)呉淞沖〜八幡 18.05.31:伊萬里湾集合地管理官機密第311215番電:      1.佐第二六船団15隻(富江湾合同2隻を含む)        31日0600伊萬里湾発、2日1430花鳥山の300度20浬着の予定、速力八節、        航路相崎瀬戸、三〇一三 S61より余山に向う        高岡丸(JNKD)陸軍150名、上海、順陽丸(JKLB)陸軍30名、馬鞍山、        盛丸(JCGC)大安丸(JITB)南華丸(JHMA)金嶺丸(JGOR)以上蕪湖、        三池山丸(JBID)若松丸(JOTB)以上陳家圩、        浦戸丸(JJWR)、上海(馬鞍山)、大新丸(JDMA)、九龍(昭南)、        大安丸(JJQK)コークス、香港、日高丸(JYVR)木材、八所、銀嶺丸(JYPR)楡林      2.正午位置        31日相崎瀬戸        1日北緯32度30分東経125度50分      3.護衛艦 峯風、        大立白耳義丸(JIJD)盤谷、安洋丸(JAYD)西貢        31日1700黄島の南5浬にて会合す      4.南下船ベルブイにて分離大陸接岸、6月4日2200厦門着の予定         正午位置        3日北緯27度55分東経121度40分        4日北緯24度50分東経119度25分 18.05.31:(佐第二六船団)伊万里湾〜      〜06.02 0900 泗碓山北方にて解列〜      〜蕪湖 18.06.19:指定解除
18.06.19:徴傭:陸軍、船番号:280 18.06.29:宇品〜07.24西貢07.31〜08.18門司 18.08.28:門司〜08.29釜山08.30〜09.01宇品 18.09.08:門司〜09.12上海09.18〜09.24宇品 18.09.25:宇品〜10.03高雄 18.10.06:高雄〜マニラ向け航行
18.10.08:沈没 18.10.08:解傭
喪失場所:N18.48-E119.21 ルソン島ボヘアドール岬西北西120km附近 喪失原因:米潜水艦Gurnard(SS-254)の雷撃

同型船

 Niels Nielsen(豫州丸)、Stolt Nielsen、Luise Nielsen(大元丸)。

兵装

 要調査。

写真資料

 "City of Vancouver Archives", Reference code: AM1506-S3-2-: CVA 447-2743
 "SJØHISTORIE NO."
 "Skipshistorie" 注)Luise Nielsenと同一写真を使用しているのでどちらかは誤り
 小樽市博物館所蔵(70-32)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る