白根山丸の船歴

 年 月 日:船歴

18.05.01:起工 18.08.14:進水、命名:白根山丸 18.09.25:竣工
18.09.30:徴傭:陸軍 18.09.30:宇品〜10.27マニラ 18.10.30:マニラ〜10.31セブ11.11〜11.14マニラ 18.11.15:マニラ〜11.18ダバオ 18.12.07:ダバオ〜12.10パラオ 18.12.11:パラオ〜12.17ラバウル 19.01.05:ラバウル〜01.19宇品 19.02.07:(モタ02船団)六連〜      〜02.08 1045 黄島東方にて「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜02.08 2240(N31.08-E129.35)米潜水艦"Snook"(SS-279)の攻撃をを受け被雷〜      〜02.08 2254(N31.05-E129.37)陸軍徴傭船りま丸」沈没〜      〜02.09 1719 山川部隊来援につき水雷艇」と「第三十八號哨戒艇」が護衛〜      〜02.10佐世保 19.06.28:宇品〜06.29釜山07.02〜07.03門司 19.07.09:(カナ912船団)鹿児島〜07.11那覇 19.07.19:那覇〜07.21鹿児島 19.08.04:門司〜08.04六連 19.08.04:(モタ22船団)六連〜      〜08.06 0430(N30.52-E129.40)陸軍配當船昭南丸」被雷沈没〜      〜08.09 1310(N26.10-E124.15)一般徴傭船「興新丸」沈没〜      〜08.10基隆 19.08.11:(モタ22船団)基隆〜08.12左営 19.08.--:左営〜08.17高雄 19.09.18:(タマ26船団)高雄〜09.18大板埒09.19〜      〜09.19 1633 直衛機が左70度2,000mに目標弾投下、爆雷投射9個〜      〜09.19 1640 直衛機が右25度5,000mに爆弾投下〜      〜09.19 1644 「第二十號掃海艇」が爆雷投射11個〜      〜09.19 1847 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.19サブタン 19.09.20:(タマ26船団)サブタン〜 〜09.20 1156 右30度3,500mに味方機が爆弾投下、「第二十號掃海艇」が掃蕩〜      〜09.20 1618 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.20ムサ 19.09.21:(タマ26船団)ムサ〜      〜09.21 0705 陸軍徴傭船淡路丸」被雷沈没〜      〜09.21 0833 陸軍徴傭船「瑞穂丸」被雷沈没〜      〜09.22ラポック 19.09.26:(タマ26船団)ラポック〜09.26サンフェルナンド 19.09.27:1750「第二十號掃海艇」を横付け、石炭補給 19.09.29:(タマ26船団)サンフェルナンド〜09.29サンタクルーズ 19.10.01:(タマ26船団)サンタクルーズ〜      〜10.01 1440 「第二十號掃海艇」が脅威投射5個〜      〜10.01 2056 マニラ湾に入る〜      〜10.02マニラ 19.10.17:マニラ〜
19.10.18:沈没 19.10.18:解傭
喪失場所:N12.30-E119.10 ブスアンガ島ブスアンガ西北西85km 喪失原因:米潜水艦Raton(SS-270)の雷撃

同型船

1B型戦時標準船

兵装

 十二糎砲、爆雷4個。

写真資料

 要調査

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る