瑞穂丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M45.06.29:進水、命名:Infanta Isabel T元.09.--:竣工、船主:Pinillos Izquierdo and Cia., S. en C.,、船籍港:Cadiz、      登録総噸数:8,170、登録純噸数:4,118、      登録長:459.5呎、登録幅:58.2呎、登録深さ:29.3呎
T14.--.--:船主:Ciá. Transoceánica de Nav.、船籍港:Barcelonaに変更 T15.08.30:大阪商船株式會社が購入 02.03.--:長崎にて定期検査
02.--.--:改名:瑞穂丸、      船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、      登録総噸数:8,511、登録純噸数:5,195、      登録長:460.0呎、登録幅:58.0呎、登録深さ:39.5呎に変更 02.04.04:逓信省告示第845号:電信取扱所を設置 02.04.--:台湾航路 03.05.--:神戸〜06.30基隆 03.10.03:神戸〜門司10.04〜10.06基隆(出帆表) 03.10.17:神戸〜門司10.18〜10.20基隆(出帆表) 03.10.31:神戸〜門司11.01〜11.03基隆(出帆表) 03.11.14:神戸〜門司11.15〜11.17基隆(出帆表) 03.11.28:神戸〜門司11.29〜12.01基隆(出帆表) 03.12.12:神戸〜門司12.13〜12.15基隆(出帆表) 03.12.26:神戸〜門司12.27〜12.29基隆(出帆表) 04.01.09:神戸〜門司01.10〜01.12基隆(出帆表) 04.01.23:神戸〜門司01.24〜01.26基隆(出帆表) 04.02.06:神戸〜門司02.07〜02.09基隆(出帆表) 04.02.20:神戸〜門司02.21〜02.23基隆(出帆表) 04.03.06:神戸〜門司03.07〜03.09基隆(出帆表) 04.03.20:神戸〜門司03.21〜03.23基隆(出帆表) 04.08.29:基隆〜神戸 06.--.--:神戸にて定期検査 06.08.15:門司〜08.16神戸 10.01.07:神戸〜(出帆表) 10.01.21:神戸〜(出帆表) 10.02.04:神戸〜(出帆表) 10.02.18:神戸〜(出帆表) 10.03.13:神戸〜(出帆表) 10.--.--:登録総噸数:8,506、登録純噸数:5,191に変更 10.04.10:神戸〜(出帆表) 10.04.24:神戸〜(出帆表) 10.05.08:神戸〜(出帆表) 10.05.22:神戸〜(出帆表) 10.06.05:神戸〜(出帆表) 10.06.19:神戸〜(出帆表) 10.07.03:神戸〜(出帆表) 10.07.17:神戸〜(出帆表) 10.07.31:神戸〜(出帆表) 10.08.14:神戸〜(出帆表) 10.08.28:神戸〜(出帆表) 10.09.11:神戸〜(出帆表) 10.09.25:神戸〜(出帆表) 10.10.10:神戸〜(出帆表) 10.10.23:神戸〜(出帆表) 10.11.05:神戸〜(出帆表) 10.11.17:神戸〜(出帆表) 10.11.30:神戸〜(出帆表) 10.12.14:神戸〜(出帆表) 10.12.27:神戸〜(出帆表) 11.10.29:神戸〜昭和十一年特別大演習観艦式特許拝観船〜10.29神戸 12.06.08:大連〜(出帆表) 12.06.20:大連〜(出帆表) 12.07.02:大連〜(出帆表) 12.07.14:大連〜(出帆表) 12.07.26:大連〜(出帆表) 12.08.09:大連〜(出帆表) 12.08.21:大連〜(出帆表) 12.09.02:大連〜(出帆表)中止 12.09.26:大連〜(出帆表)
12.07.--:徴傭:陸軍 12.--.--:〜10.13石洞口沖10.14〜 12.10.22:宇品〜門司10.23〜10.25上海10.28〜10.30門司〜10.31宇品 12.11.18:宇品〜11.19門司11.19〜11.21上海11.23〜11.26門司11.26〜11.27宇品 12.12.19:宇品〜12.20門司12.20〜12.22上海12.25〜12.27門司12.27〜12.28宇品 13.01.05:宇品〜01.07門司01.07〜01.10秦皇島01.11〜01.11大連 13.01.12:大連〜01.14門司01.14〜01.15大阪01.16〜01.17宇品 13.08.27:宇品〜上海 14.04.07:定期検査完了 14.05.22:宇品〜 14.--.--:〜12.28南京 15.--.--:第14病院船衛生員乗船 15.11.16:患者763名収容 15.11.16:基隆〜門司 15.11.19:患者125名揚陸 15.11.--:門司〜大阪 15.11.20:患者638名揚陸 15.11.--:大阪〜南京 15.11.29:患者699名収容 15.11.29:南京〜門司 15.12.02:患者279名揚陸 15.12.--:門司〜宇品 15.12.03:患者420名揚陸 --.--.--:宇品〜基隆 16.01.30:患者538名収容 16.01.30:基隆〜門司 16.02.02:患者110名揚陸 16.02.--:門司〜宇品 16.02.03:患者428名揚陸 16.--.--:第14病院船衛生員退船 16.08.16:中間検査完了
16.08.21:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)乗船 16.08.21:宇品〜08.26基隆08.26〜08.29門司 16.08.29:門司〜09.04基隆09.05〜09.08門司 16.09.15:門司〜09.17上海〜南京 16.09.20:患者318名収容 16.09.20:南京〜上海 16.09.22:患者379名収容 16.09.22:上海〜09.24門司 16.09.24:患者167名揚陸 16.09.24:門司〜09.24宇品 16.09.24:患者530名揚陸 16.09.--:宇品〜門司 16.09.28:門司〜09.30大連〜釜山〜10.06門司 16.10.16:門司〜10.19基隆 16.10.20:患者583名収容 16.10.20:基隆〜10.23門司 16.10.23:患者358名揚陸 16.10.--:門司〜宇品 16.10.24:患者325名揚陸 16.10.--:宇品〜門司 16.10.28:門司〜10.30上海〜南京 16.11.02:患者396名収容 16.11.02:南京〜上海 16.11.04:患者261名収容 16.11.04:上海〜11.06門司 16.11.06:患者123名揚陸 16.11.--:門司〜宇品 16.11.07:患者533名揚陸 16.11.07:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)退船 16.11.17:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)乗船 16.11.20:宇品〜基隆〜馬公 16.12.03:馬公〜12.15高雄12.16〜12.22リンガエン 17.01.02:患者81名収容(01.09までに) 17.01.10:リンガエン〜01.12高雄 17.01.12:患者81名揚陸 17.01.13:高雄〜01.19門司 17.01.20:門司〜01.22大連01.22〜01.23青島
17.01.27:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第1号:第十六軍第四次輸送 17.01.28;青島〜02.02高雄 17.02.06:(第四次回航船団)高雄〜      〜02.09 駆逐艦「旗風」が護衛に就く〜      〜02.10カムラン湾 17.02.01:軍隊区分:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第2号:第三嚮導隊第三船隊第四分隊(船番号:10) 17.02.18:(西部ジャワ攻略作戦:第三船隊第四分隊病院船)カムラン湾〜      〜02.20 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 0800 巡洋艦「由良」、第十一驅逐隊、第十二驅逐隊、第一掃海隊が合同〜      〜02.21 1000 驅逐艦「皐月」、同「長月」、同「朝風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 1700 水雷艇千鳥」が合同〜      〜02.21 2100 運送艦鶴見」が合同〜      〜02.21 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が合同〜      〜02.22 1200 ス作戦、ヤ作戦の上陸開始期日を1日延期〜      〜02.22 1400 第三護衛隊はアナンバス南東海面にて1日行程反転〜      〜02.23 1400 再度反転、南下開始〜      〜02.25 0920 驅逐艦「吹雪」、同「春風」が列に入る〜      〜02.26 1900 驅逐艦「水無月」、「第五號掃海艇」が列を解き第三嚮導隊に合同〜      〜02.27 0500 第三嚮導隊が分離〜      〜02.27 1030(S04.25-E106.40)輸送船隊反転〜      〜02.27 1048 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊は敵方に進出攻撃に向かう〜      〜02.27 1515 上陸日を更に1日繰り下げられる〜      〜02.28 0120 驅逐艦「松風」が分離〜      〜02.28 0415 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊が合同〜      〜02.28 2020 第二嚮導隊が分離〜      〜02.28 2100 泊地進入〜      〜02.28 2300 驅逐艦「春風」が蘭監視艇を発見、驅逐艦「初雪」と協力、砲撃破壊、擱坐させる〜      〜02.28 2315 バンタム湾入泊 17.03.01:患者収容 17.03.10:患者99名収容(03.01と2日計) 17.03.10:バンタム湾〜03.15昭南 17.03.15:患者16名揚陸 17.03.16:昭南〜03.20西貢 17.03.20:患者81名揚陸 17.03.28:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)退船 17.03.30:西貢〜04.02ゴーシチャン04.06〜04.11西貢 17.04.16:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)乗船 17.04.20:西貢〜04.20香港04.22〜05.07宇品 17.05.09:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)退船
17.05.28:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 17.05.28:宇品〜05.31青島 17.06.04:患者200名収容 17.06.--:青島〜秦皇島 17.06.08:患者485名収容 17.06.--:秦皇島〜門司 17.06.11:患者47名揚陸 17.06.--:門司〜06.12宇品06.12〜06.12大阪 17.06.12:患者637名揚陸 17.06.--:大阪〜門司 17.06.21:門司〜06.23大連 17.06.26:患者692名収容 17.06.26:大連〜門司 17.06.28:患者127名揚陸 17.06.--:門司〜大阪 17.06.30:患者565名揚陸 17.07.--:大阪〜門司 17.07.06:門司〜07.10上海 17.07.12:患者364名収容 17.07.13:患者260名収容 17.07.13:上海〜宇品 17.07.17:患者624名揚陸 17.07.--:宇品〜門司 17.07.25:門司〜07.29基隆 17.08.03:患者651名収容 17.08.--:基隆〜門司 17.08.06:患者174名揚陸 17.08.--:門司〜08.07宇品 17.08.07:患者474名揚陸 17.09.01:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船
17.09.10:病院船衛生第一五班(曉第七一四一部隊)乗船 17.09.10:宇品〜09.10門司 17.09.10:門司〜09.13大連 17.09.15:患者678名収容 17.09.15:大連〜門司 17.09.17:患者97名揚陸 17.09.--:門司〜大阪 17.09.19:患者581名揚陸 17.09.--:大阪〜門司 17.09.22:門司〜10.01マニラ 17.10.03:患者597名収容 17.10.03:マニラ〜10.05高雄 17.10.05:患者597名揚陸 17.10.05:高雄〜10.06基隆 17.10.07:患者755名収容 17.10.07:基隆〜門司 17.10.10:患者120名揚陸 17.10.--:門司〜宇品 17.10.11:患者635名揚陸 17.10.--:宇品〜門司 17.10.13:門司〜10.18高雄10.19〜10.24昭南 17.10.28:患者500名収容 17.10.29:陸亞普第4185號:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼 17.10.28:昭南〜11.02マニラ 17.11.02:患者500名揚陸 17.11.04:患者591名収容 17.11.04:マニラ〜11.06高雄 17.11.06:患者591名揚陸 17.11.07:高雄〜11.08基隆 17.11.09:患者658名収容 17.11.09:基隆〜11.13大阪 17.11.13:患者658名揚陸 17.11.--:大阪〜宇品 17.11.13:宇品〜11.13門司 17.11.18:門司〜11.21大連 17.11.24:患者793名収容 17.11.24:大連〜11.26門司 17.11.26:患者120名揚陸 17.11.--:門司〜11.27宇品 17.11.27:患者673名揚陸 17.11.30:門司〜12.03大連12.03〜12.04門司 17.12.11:門司〜12.14大連12.15〜12.16門司 17.12.27:門司〜12.28大連12.29〜12.31宇品 17.12.--:病院船衛生第一五班(曉第七一四一部隊)退船
18.02.02:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 18.02.02:宇品〜02.02門司 18.02.03:門司〜02.08高雄02.09〜02.16昭南 18.02.18:昭南〜02.20西貢02.22〜02.27香港 18.03.02:香港〜03.07宇品 18.03.07:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船
18.03.12:病院船衛生第五四班(曉第六七七七部隊)乗船 18.03.12:宇品〜03.12門司  18.03.14:門司〜03.20パラオ03.22〜03.27ラバウル 18.03.28:ラバウル〜03.28ココボ03.28〜04.02パラオ 18.04.04:パラオ〜04.07マニラ 18.04.--:マニラ〜04.17パラオ 18.04.19:パラオ〜ココボ〜04.28ラバウル 18.04.28:ラバウル〜05.08マニラ 18.05.09:マニラ〜05.21パラオ 18.05.23:パラオ〜ココボ〜05.31ラバウル 18.05.31:ラバウル〜06.05パラオ 18.06.06:パラオ〜06.09マニラ 18.06.09:マニラ〜06.10高雄 18.06.14:高雄〜07.01ラバウル 18.07.01:ラバウル〜      〜07.01(S03.42-E152.13)爆撃を受ける〜      〜07.01ココボ〜07.06パラオ 18.07.08:パラオ〜07.11マニラ 18.07.12:マニラ〜07.15パラオ 18.07.16:パラオ〜ココボ〜07.27ラバウル 18.07.27:ラバウル〜08.06パラオ 18.08.06:パラオ〜08.07マニラ 18.08.09:マニラ〜08.11高雄 18.08.--:高雄〜08.22宇品 18.08.22:病院船衛生第五四班(曉第六七七七部隊)退船
18.--.--:宇品〜09.24宇品 18.10.09:宇品〜六連 18.10.12:(ヒ13船団)六連〜10.16高雄10.18〜10.21三亜10.22〜10.30昭南(商港) 18.--.--:昭南〜11.21ベラ11.21〜12.29宇品 19.01.22:宇品〜02.09ハルマヘラ 19.02.14:(M12船団)ハルマヘラ島ワシレ〜      〜02.15 2200 「第四號掃海艇」の護衛終了〜      〜03.05マニラ 19.03.--:マニラ〜03.17宇品 19.04.21:大阪〜門司 19.05.03:(ヒ61船団)門司〜      〜05.07 ---- 海軍配當船仁榮丸」が機関故障の為、船団から分離〜      〜05.08 0615頃(N19.19-E12.00)陸軍配當船あかね丸」が被雷小破、船団から分離〜      〜05.09マニラ 19.05.21:マニラ〜      〜06.04 驅逐艦「春風」と衝突〜      〜06.08大阪 19.06.15:大阪〜門司 19.07.03:(モマ01船団)門司〜07.07基隆07.09〜07.09アパリ07.13〜07.15マニラ 19.07.23:(ミ08船団)マニラ〜       〜07.24 ---- 「第十七號掃海艇」が前路の探信掃蕩を止め船団に合同〜      〜07.26 0845 味方飛行機が10km先に爆弾投下〜      〜07.26 1700 驅逐艦呉竹」が船団に合同、護衛開始〜      〜07.27 0920 「第七十四號驅潜特務艇」、特設驅潜艇旺洋丸」が船団に加入〜      〜07.27高雄 19.07.30:(ミ08船団)高雄〜      〜07.30 1900 「第十七號掃海艇」が前路の探信掃蕩を止め船団に合同〜   〜07.31 2210 「第一號海防艦」が船団に合同、護衛開始〜      〜08.01基隆 19.08.04:(ミ08船団)基隆〜      〜08.07 ---- 「第十八號海防艦」が機関故障〜      〜08.09 0407頃(N27.56-E128.47)「澎湖丸」、陸軍徴傭船八義丸」が被雷沈没〜      〜08.09古仁屋 19.08.11:(ミ08船団)古仁屋〜       〜08.11 0600 「第十八號海防艦」が船団に合同〜   〜08.13 0904 船団後方3,000m附近に佐世保海軍航空隊飛行機が急降下爆撃2個〜      〜08.13門司 19.08.--:門司〜08.15宇品 19.08.21:宇品〜門司08.25〜08.25六連沖 19.08.25:(ヒ73船団)六連沖〜08.25寺島水道 19.08.26:寺島水道〜08.26佐世保 19.08.30:(モタ25船団)佐世保〜08.30寺島水道08.31〜09.03基隆09.12〜      〜ヒ75船団に会合できず〜09.12基隆09.15〜09.16高雄 19.09.18:(タマ26船団)高雄〜09.18大板埒09.19〜      〜09.19 1633 直衛機が左70度2,000mに目標弾投下、爆雷投射9個〜      〜09.19 1640 直衛機が右25度5,000mに爆弾投下〜      〜09.19 1644 「第二十號掃海艇」が爆雷投射11個〜      〜09.19 1847 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.19サブタン 19.09.20:(タマ26船団)サブタン〜 〜09.20 1156 右30度3,500mに味方機が爆弾投下、「第二十號掃海艇」が掃蕩〜      〜09.20 1618 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜09.20ムサ 19.09.21:(タマ26船団)ムサ〜      〜09.21 0705 陸軍徴傭船淡路丸」被雷沈没〜
19.09.21:沈没 19.09.21:解傭
喪失場所:N18.37-E120.41 北ルソン・マイライラ岬北方26km附近 喪失原因:米潜水艦Redfish(SS-395)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

(17.10以前)
 三八式野砲1門。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年9月号「日本商船隊の懐古 No.15」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.173)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.63)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.121)
 「知られざる戦没船の記録(下)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.53)
 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒 (P.354-355)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.91)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.60)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.30)

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る