辰和丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.05.01:起工 12.09.22:進水、命名:辰和丸 13.02.01:竣工
13.--.--:台湾航路
15.11.18:徴傭、所属:佐世保海軍港務部 15.11.20:船長:田房 不二太郎(奏任官待遇) 15.12.16:入籍:内令第980号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
15.11.29:高雄〜仏領印度支那〜12.07馬公 15.12.09:馬公〜12.11虎門〜12.19高雄〜伶仃島 16.02.26:特設測量艦第三十六共同丸」を横付け、炭水補給 16.05.07:監督官:海軍大佐 澁谷 周作 16.05.14:佐世保〜古仁屋05.15〜05.19高雄〜馬公05.22〜05.28海口 16.05.29:特設測量艦「第三十六共同丸」に測量器材搭載 16.--.--:海口〜06.11高雄 16.06.25:佐世保〜南支方面〜07.01馬公 16.07.06:高雄〜南支方面〜07.30八幡 16.08.12:佐世保〜南支方面・仏領印度支那〜09.11高雄 16.09.01:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(甲) 16.09.01:監督官:海軍大佐 井上 達六 16.10.06:崎戸〜南支方面〜10.12馬公 16.10.16:高雄〜南支方面〜11.11八幡 16.10.20:艤装工事完了 16.11.27:高雄〜海口 16.12.04:海口〜12.05三亞12.05〜12.08西貢12.14〜12.15カムラン12.19〜      〜12.22海口12.25〜      〜12.26(N21.29-E115.11)にて雷撃を受けるが命中せず〜      〜12.28基隆12.30〜12.31古仁屋01.01〜01.03佐世保
17.01.08:機密佐世保鎮守府命令第4号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.01.--:馬公行き人員37名、材料其の他500t、高雄行き人員100名、戦闘機5機、      航空兵器55t、機雷292個、魚雷36本、海口行き各種自動車26台、      ドラム入一号重油100t、香港行き軍需品10t搭載 17.01.11:佐世保〜01.11崎戸01.12〜01.15馬公01.20〜01.21高雄01.25〜01.27海口02.01〜      〜02.02香港 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:直卒部隊 17.01.29:官房機密第12599号:訓令:佐世保海軍工廠にて      四十口径八糎砲1門、軽便防雷具1組装備 17.02.03:香港〜02.04厦門02.05〜02.08壱岐島郷ノ浦02.09〜02.10佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:直卒部隊
17.02.10:機密佐世保鎮守府命令第86号:神戸回航入渠及び中間検査 17.02.13:佐世保〜02.15神戸 17.02.--:三菱重工業株式會社神戸造船所に入渠、中間検査 17.02.26:神戸〜02.28崎戸03.01〜03.01佐世保
17.03.01:機密佐世保鎮守府命令第125号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.03.--:三亞揚げ軍夫823名、貨物自動車5台、ドラム入揮発油200t、ドラム入一号重油230t、   木材建築材料740t、軍需品300t搭載 17.03.06:佐世保〜03.09高雄03.10〜03.12三亞 17.03.17〜03.18三灶島03.18〜03.20高雄03.23〜03.26佐世保
17.03.28:機密佐世保鎮守府命令第164号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.04.04:佐世保〜04.08高雄04.09〜04.12三亞04.18〜04.22昭南04.27〜      〜04.29西貢05.07〜05.11高雄05.13〜05.14馬公05.14〜05.18門司05.20〜      〜05.21佐世保 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:直卒部隊 17.05.15:官房機密第5990号:訓令:九二式七粍七単装機銃A型1基、三八式小銃5挺供給
17.05.28:佐世保〜05.28崎戸05.29〜06.01高雄06.04〜06.09西貢06.11〜      〜06.14昭南06.19〜06.21西貢06.28〜07.04高雄07.06〜07.06馬公07.07〜      〜07.12門司07.14〜07.15佐世保
17.07.16:機密佐世保鎮守府命令第294号:人員及び軍需品の輸送並に補給任務 17.07.23:佐世保〜07.27高雄07.31〜08.03三亞08.07〜08.11昭南08.17〜      〜08.20西貢08.25〜08.30高雄08.31〜09.04門司09.07〜09.08佐世保(6号浮標)
17.09.14:機密佐世保鎮守府命令第355号:人員及び軍需品の輸送並に補給任務 17.09.--:便乗者468名乗船 17.09.19:(第15次航海)佐世保〜09.19三池港外09.20〜09.20三池(五番岸壁) 17.09.21:三池〜09.25高雄(九号岸壁) 17.09.--:便乗者291名退船、15名乗船 17.09.28:高雄〜10.01三亞 17.10.--:便乗者13名退船 17.10.06:三亞〜10.10昭南(一八号錨地) 17.10.--:便乗者171名退船、186名乗船 17.10.16:昭南〜10.19西貢(二号岸壁) 17.10.--:便乗者96名退船、99名乗船 17.10.29:西貢〜11.06青島11.07〜11.08長崎(三号岸壁) 17.11.--:便乗者189名退船 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:直卒部隊 17.11.13:長崎〜11.13佐世保(一号浮標) 17.11.--:便乗者1名退船
17.11.15:監督官:海軍大佐 楠岡 準一 17.11.18:機密佐世保鎮守府命令第421号:人員及び軍需品の輸送並に補給任務 17.11.21:佐世保〜11.21三池港外11.22〜11.22三池11.23〜11.27高雄12.01〜12.04三亞 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:直卒部隊 17.12.10:三亞〜12.15昭南12.21〜12.23西貢12.31〜01.09長崎01.15〜01.15佐世保 17.12.12:戦時編制:特設運送船(乙)に変更
18.01.19:機密佐世保鎮守府命令第27号:人員及び軍需品の輸送並に補給任務 18.01.22:佐世保〜01.23三池01.24〜01.28高雄02.02〜02.03汕頭02.04〜      〜02.05(N21.30-E112.42)馬尾頭沖にて米潜水艦"Tunny"(SS-282)の雷撃(不発)を受け          機関室右舷中央部に命中、浸水、損傷軽微〜      〜02.05万山列島牛頭島南方:避難、仮泊、修理作業:02.06〜      〜02.06香港02.08〜02.10三亞02.17〜02.17楡林02.22〜02.26高雄03.01〜      〜03.05佐世保
18.03.06:機密佐世保鎮守府命令第85号:八幡にて荷揚後神戸回航、入渠修理及び中間検査施行 18.03.07:佐世保〜03.08八幡03.10〜03.11神戸 18.03.13:三菱重工業株式會社神戸造船所にて中間検査及び修理開始 18.03.27:中間検査及び修理完了 18.03.28:神戸〜03.30佐世保
18.04.02:機密佐世保鎮守府命令第126号:人員及び軍需品の輸送 18.04.07:佐世保〜04.08三池04.09〜04.09長崎04.10〜04.10富江04.12〜      〜04.16高雄04.18〜04.21三亞04.26〜04.28西貢05.04〜05.07昭南 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:直卒部隊 18.05.16:昭南〜05.19聖雀05.19〜05.19西貢05.26〜05.26聖雀05.27〜06.01高雄 18.06.06:(第269船団)高雄〜      〜06.07(N24.05-E122.59)特設運送船第三小倉丸」と衝突、中破〜      〜06.07基隆 18.06.21:基隆〜06.24長崎07.05〜07.05佐世保
18.07.16:機密佐世保鎮守府命令第247号:07.17佐世保発長崎回航、荷揚終了後、入渠修理 18.07.18:佐世保〜07.18長崎 18.07.--:三菱重工業株式會社長崎造船所にて入渠修理 18.08.22:長崎〜08.22佐世保
18.08.25:機密佐世保鎮守府命令第305号:人員及び軍需品の輸送任務 18.08.28:佐世保〜08.28三池08.30〜09.04馬公09.07〜09.10三亞 18.09.14:三亞〜09.16聖雀09.16〜09.16西貢 18.09.22:西貢〜      〜09.23(N04.30-E105.05)潜水艦の雷撃を受けるが被害なし〜      〜09.25昭南 18.10.03:昭南〜10.06基隆10.19〜10.27高雄 18.10.29:(第215船団)高雄〜11.04佐世保 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:直卒部隊 18.11.08:佐世保〜11.10大阪11.17〜11.19佐世保 18.11.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第50号:特設運送船 18.11.30:佐世保〜11.30三池12.03〜12.08高雄12.09〜12.13三亞12.16〜12.18西貢12.23〜      〜12.23聖雀12.26〜12.29昭南〜01.17西貢01.27〜01.27聖雀 19.01.20:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第53号:特設運送船 19.02.01:(サタ01船団)聖雀〜02.04楡林02.06〜      〜02.10(N21.53-E119.13)米潜水艦"Spearfish"(SS-190)の雷撃を受け小破〜      〜02.11高雄 19.02.22:高雄〜02.24高雄 19.03.10:高雄〜03.11基隆03.14〜03.14石垣03.15〜03.15宮古03.16〜03.16慶良間03.17〜      〜03.17名護湾03.17〜03.18古仁屋03.19〜03.21佐世保 19.03.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第57号:特設運送船 19.03.24:佐世保〜03.26大阪03.30〜03.31笠戸島 19.04.01:入渠 19.05.17:出渠 19.05.18:笠戸島〜05.22佐世保 19.05.27:佐世保〜05.28六連島 19.05.29:(ヒ65船団)六連〜06.02左営沖06.04〜 19.06.06:1535 マニラ行き船団編成、ヒ65船団より分離〜      〜06.07マニラ(海軍桟橋) 19.06.08:郵便物2袋揚陸、便乗者5名退船 19.06.10:火工兵器、一般兵器、航空兵器、電気兵器等960t揚陸(06.08から) 19.06.12:飲料水145t、缶水200t補給、便乗者82名退船 19.06.13:火工兵器、一般兵器、機械類需品、車輛等1,111t搭載(06.10から) 19.06.13:港外に転錨 19.06.14:(C143船団)マニラ〜06.16セブ 19.06.17:セブ〜06.17バンタヤン泊地06.18〜06.18セブ 19.06.19:セブ〜06.19ロックベー泊地06.20〜06.20リアンガベー泊地06.21〜 19.06.21:1400 海防艦「御蔵」と合流〜06.21マテ泊地06.22〜06.22ダバオ(航空廠桟橋) 19.06.23:郵便物1袋揚陸、便乗者868名退船 19.06.28:火工兵器、一般兵器、航空兵器、電気兵器等2,024t揚陸(06.23から) 19.06.28:需品224t、内火艇1隻、ランチ1隻、郵便物105袋搭載      燃料炭70t、缶水20t補給、便乗者333名乗船 19.06.29:ダバオ〜 19.06.29:1624 (N06.37-E126.14)暗礁に抵触〜      1730 浸水を発見、応急修理      1800 マテ泊地着      1900 損傷箇所調査、応急修理 19.06.30:0800 護衛の驅逐艦「秋風」から潤滑油の給油を受ける      0950 マテ泊地発〜      2140 リアンガベー泊地 19.07.01:リアンガベー泊地〜07.02メルガル湾泊地07.02〜07.03マニラ 19.07.04:潜水夫により船底損所箇所調査 19.07.05:港外錨地より港内に転錨 19.07.05:便乗者201名退船、飲料水100t、缶水100t補給 19.07.06:港内よりキャビテ軍港桟橋に転錨 19.07.06:内火艇1隻、ランチ1隻揚陸、便乗者132名退船 19.07.07:飲料水150t、缶水250t、燃料炭450t補給      陸軍託送需品(麻)211t揚陸(07.06から) 19.07.08:(マユ05船団)マニラ〜07.11楡林(港外) 19.07.12:岸壁に転錨 19.07.13:鉄鉱石6,500t搭載(07.12から)、缶水70t補給 19.07.13:楡林〜07.13三亞 19.07.14:火工兵器、一般兵器、車輛及び付属品等147t搭載(07.13から) 19.07.14:便乗者602名乗船、燃料炭350t補給 19.07.15:(ユタ09船団)三亞〜 19.07.19:護衛の特設砲艦華山丸」船団より分離〜 19.07.21:護衛派遣の「第十號海防艦」と合流〜      〜07.22サンフェルナンド 19.07.24:特設運送船筥崎丸」から燃料炭240t、飲料水60t補給 19.07.26:(ユタ09・マタ25合同船団)サンフェルナンド〜07.28高雄(港外) 19.07.29:港内第十三番浮標に転錨 19.07.29:便乗者125名退船、飲料水100t、缶水100t補給 19.07.30:燃料炭380t補給(07.31まで)、飲料水200t、缶水100t補給 19.07.30:遺骨53柱揚陸、便乗者1名退船 19.07.31:高雄〜(タモ22船団)を追及、加入〜08.01基隆(港外) 19.08.01:第六番浮標に転錨、缶水100t補給 19.08.02:飲料水100t補給 19.08.04:(タモ22船団)基隆〜 19.08.08:0615 船団より分離〜      0920 佐世保第二区検疫描地〜      1125 第三番浮標繋留、便乗者388名退船 19.08.09:遺骨61柱揚陸 19.08.10:火工兵器、一般兵器、車輛及び付属品等147t揚陸(08.09から) 19.08.10:佐世保〜08.10志々岐島08.11〜08.11六連島錨地08.11〜08.11八幡(第二番浮標) 19.08.11:第八号岸壁に転錨 19.08.12:鉄鉱石2,800t揚陸(08.11から) 19.08.12:八幡〜08.12若松(第六番浮標) 19.08.15:鉄鉱石3,700t揚陸(08.13から) 19.08.16:鋼材、油類、特型運貨船及び付属品4隻375t搭載(08.15から) 19.08.16:飲料水85t補給 19.08.16:若松〜08.17佐世保(第三番浮標) 19.08.18:鋼材、油類、特型運貨船及び付属品4隻375t揚陸(08.17から) 19.08.19:飲料水40t、缶水100t補給 19.08.20:飲料水200t、缶水200t補給 19.08.21:飲料水100t、缶水100t補給 19.08.22:燃料炭150t補給 19.08.23:飲料水200t補給、便乗者282名乗船 19.08.23:火工兵器、航空兵器、電気兵器、特型運貨船その他計2,579t搭載(08.19から) 19.08.25:佐世保〜08.25三池(港外) 19.08.26:三池載炭岸壁に着岸 19.08.26:燃料炭778t、缶水35t補給 19.08.26:三池〜08.27知林島北側08.27〜08.27鹿児島湾七ツ島沖08.28〜 19.08.28:(カタ827船団)に加入〜08.30那覇(外港) 19.08.31:便乗者278名退船 19.09.02:缶水15t補給 19.09.03:缶水15t補給 19.09.03:内港近くに転錨 19.09.04:缶水15t補給 19.09.05:缶水30t補給 19.09.06:缶水15t補給 19.09.07:缶水30t補給 19.09.08:缶水15t補給 19.09.09:缶水20t補給 19.09.10:火工兵器、航空兵器、電気兵器、特型運貨船その他計1,392t揚陸(08.31から) 19.09.10:缶水15t補給 19.09.10:一般兵器、アルコール、鉱油、糧食計6t、郵便物454袋搭載、郵便物2袋揚陸 19.09.11:便乗者100名乗船 19.09.11:那覇〜09.11慶良間 19.09.13:(カタ817船団)慶良間〜09.13宮古島 19.09.14:平良港錨地に転錨 19.09.14:便乗者100名下船 19.09.17:便乗者81名乗船 19.09.22:火工兵器、電気兵器、一般兵器、需品、揮発油その他計559t揚陸(09.15から)      郵便物454袋揚陸 19.09.23:外港に転錨 19.09.23:宮古島〜09.24那覇(外港) 19.09.25:便乗者67名乗船 19.09.25:缶水24t補給 19.09.25:那覇〜09.25瀬底09.26〜09.26瀬相(第二番浮標) 19.09.27:便乗者5名退船 19.09.27:缶水23t補給 19.09.28:缶水30t補給、郵便物1袋揚陸 19.09.29:便乗者2名退船、76名乗船 19.09.29:火工兵器、電気兵器、一般兵器、需品、その他計681t揚陸(09.28から)      酸素瓶24本、遺骨3柱搭載 19.09.30:瀬相〜09.30鹿児島湾七ツ島沖10.01〜10.01鹿児島(港外) 19.10.01:便乗者63名退船 19.10.02:便乗者7名退船 19.10.07:第七区錨地に転錨 19.10.08:港外近くに転錨 19.10.08:缶水70t補給 19.10.08:第十区錨地に転錨 19.10.09:便乗者68名退船 19.10.09:鹿児島〜10.09知林島 19.10.10:(鹿北909船団)知林島〜10.10牛深10.12〜 19.10.12:1100 船団から分離〜      1500 佐世保(第十番浮標)〜      1615 曳航される〜      1717 佐世保海軍工廠第五船渠〜      1800 便乗者83名退船〜      1830 船渠門閉鎖 19.10.13:船渠排水 19.10.16:船渠張水〜第五番浮標 19.10.16:一般修理着手 19.10.17:船内修理工事 19.10.18:船内各工事      1300 曳航される〜      1345 佐世保海軍工廠第七船渠〜      1615 船渠扉閉鎖〜      1630 排水開始〜      1800 排水中止 19.10.19:船渠排水 19.10.20:船底及び各修理工事(10.30まで) 19.10.30:1600 注水開始〜      1710 船体浮揚、注水中止 19.10.31:0545 注水開始〜      0720 船渠扉開く〜      0910 曳航される〜      1035 第一番浮標 19.11.01:二重底区画漏水箇所及び排水管修理作業、その他残工事(11.07まで) 19.11.06:火工兵器、電気兵器、一般兵器、震洋艇その他計927t搭載(11.10まで) 19.11.07:飲料水200t、缶水200t補給 19.11.09:郵便物3袋搭載 19.11.10:燃料炭500t補給(11.11まで)、飲料水200t、缶水150t補給 19.11.11:便乗者1,436名乗船 19.11.11:佐世保〜11.11野母崎北方錨地11.12〜11.12鹿児島(港外) 19.11.13:飲料水55t補給 19.11.15:港口付近に転錨 19.11.15:便乗者2名退船 19.11.17:便乗者3名伝染病の疑いで退船、病院船橘丸」に仮入院 19.11.18:便乗者10名赤痢の疑いで退船 19.11.19:検疫及び船内消毒、便乗者4名入院のため退船 19.11.19:郵便物1,124袋搭載、燃料炭100t、飲料水55t、缶水100t補給 19.11.20:鹿児島〜11.21大島(薩川湾) 19.11.21:乙崎信号所沖に転錨 19.11.21:瀬相第二番浮標に転錨 19.11.21:火工兵器、電気兵器、一般兵器、震洋艇その他計929t揚陸(11.24まで)      便乗者1,444名退船、船内消毒 19.11.22:郵便物1,127袋揚陸 19.11.24:缶水45t補給 19.11.25:航空発動機、カッター、需品1.31t搭載 19.11.25:飲料水55t、缶水55t補給 19.12.02:瀬相〜12.03鹿児島 19.12.31:(ヒ87船団)門司〜01.03舟山列島北方泊地01.05〜01.07中港泊地01.08〜01.08高雄 20.01.19:(タモ38船団)高雄〜01.20南日島泊地01.21〜01.28門司 20.03.24:(シモ01船団)鎮海〜03.24門司 20.03.25:門司〜03.27兄弟島(生糧品搭載)
20.05.10:沈没 20.06.10:除籍:内令第526号 20.08.10:解傭
喪失場所:倉橋島沖 喪失原因:触雷

同型船

 辰鳳丸辰宮丸辰春丸

兵装

 四十口径八糎砲1門、九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、軽便防雷具1組。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年10月号、昭和13年3月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.47)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1997年2月号「思い出の日本貨物船その6」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1979年10月号「日本商船隊の懐古 No.4」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第四巻(P.114)
 「辰和丸殉職船員追悼録」 S30.04 新日本汽船株式会社
 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.245)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.77)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.123)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る