北京丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.03.02:起工 12.08.07:進水、命名:北京丸 12.12.29:竣工
16.11.05:旅順要港部工作部にて艤装工事開始
16.11.18:徴傭 16.12.10:入籍:内令第1624号:特設砲艦、佐世保鎮守府所管
16.12.10:砲艦長:海軍豫備大尉 谷原 準造 16.12.31:艤装工事完了 16.12.31:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保警備戦隊 17.01.13:旅順〜01.13旅順
17.01.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:志々伎部隊第一哨戒部隊 17.01.17:旅順〜01.19佐世保 17.01.25:佐世保〜01.30佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:志々伎部隊第一哨戒部隊 17.02.03:佐世保〜02.07佐世保 17.02.12:佐世保〜 17.02.16:佐鎮信電令作第32号:東海対潜掃蕩 17.02.16:佐防戦電令第34号:輸送船団前路警戒のため約5日間行動の準備を整え02.17 0800富江湾集合      〜対潜掃蕩〜      〜02.16富江 17.02.07:富江〜      〜02.17船団護衛〜       〜02.18 0638 特設砲艦第五信洋丸」救助に向う途中雷撃を受けるが被害なし〜      〜02.18 0658 対潜戦闘:爆雷攻撃〜      〜02.18 1227 女島灯台の280度70浬の地点にて右舷真横3000mに潜望鏡発見〜      〜02.18 1230 対潜戦闘:爆雷攻撃〜      〜02.19富江 17.02.19:富江〜02.19佐世保 17.02.21:佐世保〜02.26佐世保 17.02.--:軍隊区分:第二部隊(2)第二小隊(3) 17.03.06:佐鎮信電令作第41号:陸軍輸送船団護衛任務 17.03.06:佐世保〜03.07佐世保 17.03.10:佐世保〜03.11六連 17.03.11:六連〜索敵対潜掃蕩〜03.14唐津湾 17.03.15:(陸軍輸送船団護衛)唐津湾〜03.19馬公 17.03.19:佐鎮機密第346番電:護衛任務解除 17.03.20:馬公〜03.20高雄03.23〜03.29佐世保 17.03.31:佐世保〜04.06佐世保
17.04.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第一海上護衛隊 17.04.10:艦隊区分:第一聯隊(3)第二小隊 17.04.10:軍隊区分:第一護衛部隊 17.04.18:佐世保〜04.19六連 17.04.29:(第105船団護衛)六連〜04.30護衛終了〜05.01六連 17.05.07:(第109船団護衛)六連〜05.12馬公 17.05.16:(第210船団護衛)馬公〜05.21六連 17.05.25:(第118船団護衛)六連〜05.31馬公 17.06.--:艦隊区分:第一部隊(2) 17.06.02:(第218船団護衛)馬公〜06.08六連 17.06.11:(第123船団護衛)六連〜06.17馬公 17.06.19:(第224船団護衛)馬公〜06.24六連 17.06.28:(第130船団護衛)六連〜07.03馬公 17.07.05:(第230船団護衛)馬公〜07.10六連 17.07.16:(第139船団護衛)六連〜07.27馬公 17.07.31:(第242船団護衛)馬公〜08.05六連 17.08.09:(第147船団護衛)六連〜08.14馬公 17.08.18:(第251船団護衛)馬公〜08.24佐世保 17.08.25:入渠 17.09.06:佐世保〜09.06六連 17.09.10:(第161船団護衛)六連〜09.17馬公 17.09.21:(第265船団護衛)馬公〜09.25六連 17.09.30:(第169船団護衛)六連〜10.05馬公 17.10.--:艦隊区分:(17) 17.10.07:軍隊区分:第三護衛部隊 17.10.08:(第720船団護衛)馬公〜10.11マニラ 17.10.14:(第818船団護衛)マニラ〜10.17馬公 17.10.20:軍隊区分:第一護衛部隊 17.10.25:(第281船団護衛)馬公〜10.31六連 17.11.05:(第183船団護衛)六連〜11.10馬公 17.11.14:(第291船団護衛)馬公〜11.20六連 17.11.23:(第192船団護衛)六連〜11.28高雄 17.11.27:軍隊区分:第二護衛部隊 17.11.30:(第351船団護衛)高雄〜12.06聖雀 17.12.01:軍隊区分:西護衛隊 17.12.08:(第542船団護衛)聖雀〜12.11昭南 17.12.16:昭南〜12.19聖雀12.19〜12.19西貢12.24〜聖雀 17.12.25:(第460船団護衛)聖雀〜01.02高雄 18.01.05:高雄〜01.05馬公 18.01.05:機械修理 18.01.18:馬公〜01.18高雄 18.01.21:(第364船団護衛)高雄〜01.26聖雀 18.02.03:(第470船団護衛)聖雀〜02.10馬公 18.02.18:(第371船団護衛)馬公〜02.23聖雀 18.02.--:聖雀〜西貢02.28〜聖雀 18.03.01:(第562船団護衛)聖雀〜03.04昭南 18.03.09:(第673船団護衛)昭南〜03.13聖雀 18.03.13:聖雀〜03.13西貢03.15〜03.15聖雀 18.03.15:(第480船団護衛)聖雀〜03.21高雄 18.03.24:(第379船団護衛)高雄〜03.29聖雀 18.03.29:聖雀〜03.29西貢03.31〜 18.04.01:軍隊区分:西支隊 18.04.01:(D船団護衛)聖雀〜04.03昭南04.05〜04.08ジャカルタ 18.04.12:ジャカルタ〜04.15バリクパパン 18.04.15:軍隊区分:東支隊 18.04.18:(「あかつき丸」護衛)バリクパパン〜      〜04.19 機関故障のためマンカリハット岬沖にて「あかつき丸」と分離〜      〜04.19フエグ湾04.20〜04.24マニラ 18.04.26:(第844船団護衛)マニラ〜04.28高雄 18.05.01:(K船団護衛)高雄〜05.06佐世保 18.05.09:佐世保〜05.09門司 18.05.12:(第156船団護衛)門司〜05.16基隆 18.05.27:基隆〜05.28馬公 18.05.29:軍隊区分:西支隊 18.05.29:(第395船団護衛)高雄〜06.04聖雀 18.06.08:(第402船団護衛)聖雀〜06.14高雄 18.06.17:軍隊区分:北支隊 18.06.17:(第273船団護衛)高雄〜06.22門司 18.06.28:(第171船団護衛)門司〜07.03高雄 18.07.01:砲艦長:海軍大尉 谷原 準造 18.07.10:(第280船団護衛)高雄〜07.15門司 18.07.18:第一海上護衛隊電令第198号:護衛区分      1.一七九(22日)より一八二(31日)迄        二班、第二號哨戒艇、第三十六號哨戒艇、松輪、七班      2.外に高速船団として臨時N船団19日朝風      3.(28日)早苗二八五        (23日)十班二八六        (26日)朝顔と六班外高速船団臨時        (23日)呉竹        (28日)北京丸と八班  18.07.19:(第178船団護衛)門司〜      〜07.21(N30-28-E128.20)雷撃を受けるが被害なし、対潜戦闘:爆雷攻撃6個〜      〜07.26馬公 18.07.31:(R船団護衛)馬公〜08.08聖雀 18.08.11:(第417船団第二分団護衛)聖雀〜08.17馬公 18.08.15:機密第一海上護衛隊法令第20号:艦隊区分廃止、艦船番号(26) 18.08.20:(第294船団護衛)馬公〜08.25門司 18.08.30:(第192船団第二分団護衛)門司〜09.05馬公 18.09.11:(第322船団護衛)馬公〜09.20聖雀 18.09.23:(第428船団護衛)聖雀〜10.01馬公 18.10.06:(第328船団護衛)馬公〜10.14聖雀 18.10.15:聖雀〜10.15西貢10.19〜10.19聖雀 18.10.20:(第435船団護衛)聖雀〜10.28馬公 18.10.31:(第334船団護衛)馬公〜11.06西貢
18.11.15:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 18.11.16:(第442船団護衛)聖雀〜11.26馬公 18.11.29:(第223船団護衛)馬公〜12.06佐世保 18.12.06:佐世保海軍工廠にて入渠 18.12.03:機関修理 18.12.04:官房艦機密第6052号:電波探知機装備の件訓令 18.12.10:官房艦機密第6162号:十三粍機銃装備の件訓令 18.12.--:電波探知機、九三式十三粍単装機銃六型2基、水中聴音機装備工事(01.11まで) 19.01.11:佐世保〜01.12門司 19.01.15:(第129船団護衛)門司〜01.21高雄 19.01.26:(第788船団護衛)馬公〜      〜01.27 対潜掃蕩〜      〜01.30マニラ 19.02.02:(マタ02船団護衛)マニラ〜02.06馬公 19.02.07:馬公〜02.07高雄 19.02.10:(タマ03船団護衛)高雄〜02.15マニラ 19.02.16:(マタ05船団護衛)マニラ〜北緯17度にて護衛終了〜02.18マニラ 19.02.25:(マタ07船団護衛)マニラ〜02.29高雄 19.03.06:(タサ08船団護衛)高雄〜      〜03.08 1455(N19.21-E116.09)東沙島の南西海面において米潜水艦"Lapon"(SS-260)の雷撃を受け             護衛中の「豊國丸」航行不能、直ちに爆雷攻撃〜       〜03.08 1800 「日鈴丸」曳航の「豊國丸」を護衛、船団と分離〜      〜03.09 0150(N19.44-E115.52)再び米潜水艦"Lapon"(SS-260)の雷撃を受け「日鈴丸」大破、             「豊國丸」は火災、直ちに爆雷攻撃〜      〜03.09 0500頃「日鈴丸」沈没〜      〜03.09 0700 「豊國丸」を見失う〜      〜03.09 1200(N19.27-E115.30)漂流中の「豊國丸」を発見、遭難者救助〜      〜03.09 1600 現場を離れ楡林に向う〜      〜03.09 2150 反転、「豊國丸」遭難現場に向う〜      〜03.10 0730 現場着、「豊國丸」見当たらず〜      〜03.10 1910(N19.00-E114.48)砲艦橋立」と合同〜   〜03.10 1930「豊國丸」捜索中止、楡林に向う〜      〜03.11楡林 19.03.15:(ユタ02船団護衛)楡林〜03.19高雄 19.03.24:(タサ13船団護衛)高雄〜船団と分離〜03.29楡林 19.03.31:(ユタ03船団護衛)楡林〜04.05高雄 19.04.13:(タモ16船団護衛)高雄〜船団と分離〜04.20佐世保 19.04.20:工事 19.04.27:佐世保〜04.28門司 19.05.01:(ミ03・テ05船団護衛)門司〜05.07高雄 19.05.07:(ミ03船団護衛)高雄〜05.10マニラ 19.05.13:(ミ02船団護衛)マニラ〜      〜05.13 0815 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同、護衛開始〜      〜05.15 1515 特設驅潜艇が来着、護衛開始〜      〜05.16 1530 「第三十八號哨戒艇」が解列〜      〜05.16高雄 19.05.17:(ミ02船団護衛)高雄〜      〜05.18 1520 基隆発の「賀茂丸」外3隻、驅逐艦」と合同〜      〜05.20泗礁山05.20〜      〜05.23 1500 「第三十八號哨戒艇」が解列〜      〜05.24門司 19.05.25:門司〜05.26佐世保 19.05.26:佐世保海軍工廠にて入渠       探信儀装備工事、内火艇及び通船搭載工事(06.21まで) 19.06.21:佐世保〜06.22門司 19.06.23:(ミ09船団護衛)門司〜06.29高雄06.30〜07.03マニラ 19.07.08:(マユ05船団護衛)マニラ〜07.11楡林 19.07.15:(ユタ09船団護衛)楡林〜対潜掃蕩〜      〜07.21 2250 ルソン島ビガン南南西7km付近で座礁、「第十號海防艦」が警戒〜      〜07.22 驅逐艦「春風」が救難作業〜      〜07.23 特設砲艦長壽山丸」、「第二十六號海防艦」、特設運送船慶州丸」が救難作業〜      〜07.27 「第十號海防艦」、特設砲艦「長壽山丸」は救難任務解除〜      〜07.27 驅逐艦「春風」、「第二十六號海防艦」は対潜掃蕩に向う〜      〜07.28 1630 艦首2本、中部1本に被雷、一、二番船艙、缶室機械室浸水、大火災大破
19.07.28:放棄 19.09.10:除籍:内令第1067号 19.09.20:解傭
喪失場所:N17.31-E120.22 ルソン島ビガン南南西7km付近 喪失原因:米潜水艦Aspro(SS-309)の雷撃

同型船

 萬壽丸、北海丸。

兵装

 四十口径安式八糎砲、九五式爆雷

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和13年7月号 海と空社
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.54)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年1月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.139)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年2月号「日本商船隊の懐古No.8」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十六巻(P.64)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.34)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.26)

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る