どうばあ丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T09.03.04:進水、命名:どうばあ丸 T09.--.--:竣工、船主:國際汽船株式會社、船籍港:横濱、登録総噸数:3,198、登録純噸数:1,951
T10.--.--:船籍港:~戸に変更 08.05.26:船主:栗林商船株式會社、船籍港:東京府岡田、登録総噸数:3,199、登録純噸数:1,966に変更 09.--.--:登録総噸数:3,209、登録純噸数:1,973に変更 10.06.07:傭船主:日魯漁業株式會社(06.20まで) 10.08.21:傭船主:日魯漁業株式會社(--.--まで) 11.06.02:傭船主:日魯漁業株式會社(06.29まで) 12.06.12:傭船主:日魯漁業株式會社(06.26まで) 12.--.--:登録総噸数:3,212、登録純噸数:1,975に変更 13.06.07:傭船主:日魯漁業株式會社(09.20まで) 16.--.--:登録純噸数:1,969に変更
16.10.03:徴傭:陸軍 16.10.03:東京〜10.17西貢10.22〜10.26黄埔 16.10.27:黄埔〜11.01宝安11.20〜11.22黄埔 16.11.22:黄埔〜11.23唐塚11.24〜11.25虎門11.26〜11.27黄埔 16.11.28:黄埔〜11.30虎門11.30〜12.01黄埔 16.12.01:黄埔〜12.04宝安12.05〜12.06黄埔 16.12.06:黄埔〜12.25神戸 17.01.03:神戸〜02.22コーラブライト 17.04.17:定期検査完了 17.05.07:(第109船団)六連〜      〜05.08 1935(N30.45-E127.40)陸軍配當船「大洋丸」が左舷に三発被雷、前部大火災、             特設砲艦北京丸」が砲撃、制圧にあたる〜      〜05.09 1200 特設砲艦「北京丸」が船団に復帰〜      〜05.12馬公 17.05.--:馬公〜06.02パレンバン 17.06.18:パレンバン〜06.21昭南 17.07.06:昭南〜07.10高雄 17.07.10:高雄〜07.15馬公 17.07.--:馬公〜07.27門司 17.08.05:新潟〜08.22羅津08.30〜09.01新潟 17.09.04:新潟〜09.14羅津09.14〜09.26新潟 17.09.30:新潟〜10.05羅津10.13〜10.16敦賀 17.10.17:敦賀〜10.19柏原10.27〜10.29小樽 17.11.06:(熱田島第二次攻略作戦第一次第二回輸送)幌筵〜11.12熱田島 17.11.12:兵力及び各種資材揚陸 17.11.12:熱田島〜11.17幌筵 17.12.06:小樽〜12.09松輪12.28〜12.29小樽 18.01.03:小樽〜01.12柏原01.18〜01.26小樽 18.02.03:小樽〜02.22柏原03.08〜03.16函館 18.04.28:佐伯〜05.06パラオ05.31〜06.09宇品 18.06.13:宇品〜06.17釜山06.17〜06.18大阪 18.06.20:大阪〜06.30釜山07.06〜07.08神戸 18.07.19:神戸〜09.05パレンバン09.12〜09.13昭南 18.09.25:昭南〜09.28パレンバン10.08〜10.10昭南 18.10.15:昭南〜10.17ブライ10.17〜10.24蘭貢 18.10.26:蘭貢〜
18.10.26:擱坐放棄 18.10.26:解傭
喪失場所:N16.46-E096.07 ラングーン附近 喪失原因:B-24による空爆

同型船

 ~隆丸泰山丸、元中丸、呉山丸夕映丸八雲丸、Eastern Bell、Eastern Maid。

兵装

 野砲1門、高射砲2門。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る