八雲丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T08.06.26:進水、命名:八雲丸 T08.07.14:竣工、船籍港:横濱、登録総噸数:3,200、登録純噸数:1,958
T09.--.--:船籍港:大阪、登録総噸数:3,198、登録純噸数:1,912に変更 T12.11.14:高雄〜澎湖島〜基隆〜11.23横浜 T12.12.13:高雄〜澎湖島〜基隆〜名古屋〜12.29横浜 T13.02.24:高雄〜馬公〜基隆〜03.04横浜 T13.03.29:高雄〜澎湖島〜基隆〜04.08横浜 T13.12.04:高雄〜澎湖島〜基隆〜12.14横浜 07.--.--:宇品〜 07.03.01:0430 門司港外和布刈沖で「金龍丸」と衝突、第二番艙に浸水、船体が傾斜〜         「金龍丸」により田の浦海岸に擱座〜 15.03.02:定期検査完了 16.04.23:中間検査完了
16.10.13:徴傭:陸軍 16.10.13:横浜〜11.04西貢11.08〜11.08聖雀11.26〜12.20基隆12.26〜01.08宇品 17.01.09:門司〜01.16元山01.22〜01.23釜山01.25〜01.27大連02.09〜02.15高雄 17.02.18:高雄〜02.23西貢02.24〜03.28リンガエン04.10〜04.12高雄 17.04.13:高雄〜04.15基隆04.20〜04.25神戸 17.12.09:宇品〜12.28ラバウル 18.02.15:ラバウル〜02.22パラオ 18.03.09:パラオ〜03.23昭南 18.03.24:昭南〜03.27プライ04.28〜05.02蘭貢05.22〜05.25プライ05.27〜05.30蘭貢06.01〜      〜06.03プライ06.11〜06.14昭南 18.06.24:昭南〜07.02ジャカルタ07.04〜07.07パレンバン07.08〜07.11昭南 18.07.20:昭南〜07.23ジャカルタ07.25〜07.28パレンバン07.29〜08.01昭南 18.08.05:昭南〜08.08ベラワン08.14〜08.16昭南 18.08.20:昭南〜09.01ベラワン09.04〜09.06昭南 18.09.09:昭南〜09.11パレンバン09.13〜09.17ジャカルタ09.21〜09.24昭南 18.10.05:昭南〜10.26聖雀10.31〜12.01大阪 18.12.26:藤永田造船所にて修理工事着手 19.01.03:大阪〜02.13ホーランジャ02.16〜02.20パラオ 19.03.12:(第21次ウエワク輸送作戦)パラオ〜03.16ホランジヤ03.17〜03.18ウエワク03.19〜
19.03.19:沈没 19.03.19:解傭
喪失場所:S02.40-E143.40 ウエワク北方100km附近 喪失原因:米PBY及び陸軍航空隊のB-24による空爆

同型船

 ~隆丸泰山丸、元中丸、呉山丸夕映丸、Eastern Bell、Eastern Maid、どうばあ丸

兵装

 野砲、山砲。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2000年5月号「日本商船隊の懐古 No.250」山田早苗
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.83)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 小樽市博物館所蔵(145-2)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る