吉野丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M39.12.03:進水、命名:Kleist M40.04.--:竣工、船主:Nord-deutscher Lloyd、船籍港:Bremen、      登録総噸数:8,950、      登録長:463.5呎、登録幅:57.4呎
T03.08.--:第一次世界大戦終結までPadangに碇泊 T08.--.--:第一次世界大戦の賠償船としてイギリスへ T08.--.--:船主:The Shipping Controller、船籍港:London、      船舶番号:144406、      運航:British India Steam Navigation Company, Limited T09.--.--:第一次世界大戦の賠償船として日本へ T10.--.--:〜01.23横浜
T10.--.--:改名:吉野丸、      船主:大藏省、船籍港:東京、登録総噸数:9,002、登録純噸数:5,374、      登録長:463.5呎、登録幅:57.5呎、登録深さ:38.9呎、      運航:日本郵船株式會社に変更 T--.--.--:神戸〜基隆線 T12.11.16:Merbourne〜Sydney〜Brisbane〜木曜島〜Zamboanga〜馬尼羅〜香港〜長崎〜12.23横浜 T13.02.15:Merbourne〜Sydney〜Brisbane〜Zamboanga〜馬尼羅〜香港〜長崎〜神戸〜03.23横浜 T13.05.17:Merbourne〜Sydney〜Brisbane〜木曜島〜Zamboanga〜馬尼羅〜香港〜長崎〜神戸〜06.21横浜 T13.09.20:Merbourne〜Sydney〜Brisbane〜木曜島〜Zamboanga〜馬尼羅〜香港〜長崎〜神戸〜09.20横浜 T13.11.14:Merbourne〜Sydney〜Brisbane〜木曜島〜Zamboanga〜馬尼羅〜香港〜長崎〜神戸〜12.21横浜 T15.--.--:登録総噸数:8,998、登録純噸数:5,529に変更 T15.12.06:傭船主:近海郵船株式會社 04.05.04:船主:日本郵船株式會社に変更(大蔵省より払い下げを受け同日近海郵船株式會社へ売却) 04.05.04:船主:近海郵船株式會社に変更 10.01.09:神戸〜(出帆表) 10.01.23:神戸〜(出帆表) 10.02.06:神戸〜(出帆表) 10.02.20:神戸〜(出帆表) 10.03.06:神戸〜(出帆表) 10.03.20:神戸〜(出帆表) 10.04.03:神戸〜(出帆表) 10.04.17:神戸〜(出帆表) 10.05.01:神戸〜(出帆表) 10.05.15:神戸〜(出帆表) 10.05.29:神戸〜(出帆表) 10.06.12:神戸〜(出帆表) 10.06.26:神戸〜(出帆表) 10.07.10:神戸〜(出帆表) 10.07.24:神戸〜(出帆表) 10.08.07:神戸〜(出帆表) 10.08.21:神戸〜(出帆表) 10.09.04:神戸〜(出帆表) 10.09.18:神戸〜(出帆表) 10.10.02:神戸〜(出帆表) 10.10.15:神戸〜(出帆表) 10.10.29:神戸〜(出帆表) 10.11.12:神戸〜(出帆表) 10.11.25:神戸〜(出帆表) 10.12.07:神戸〜(出帆表) 10.10.21:神戸〜(出帆表) 12.--.--:三菱神戸にて貨物船に改造 12.07.05:大阪〜高雄線
12.08.01:徴傭:陸軍      〜09.15石洞口沖 12.09.15:転錨 12.09.16:石洞口沖〜 13.07.--:宇品にて火災事故 13.08.02:解傭
13.--.--:登録総噸数:8,990、登録純噸数:5,506に変更 13.--.--:三菱重工業株式會社神戸造船所にて修理
13.10.25:徴傭:陸軍 14.--.--:〜07.28上海 14.08.16:船主:日本郵船株式會社に変更 14.--.--:登録純噸数:5,512に変更 14.12.27:定期検査完了 15.--.--:第13病院船衛生員乗船 15.11.25:患者664名収容 15.11.25:基隆〜門司 15.11.28:患者206名揚陸 15.11.--:門司〜宇品 15.11.29:患者457名揚陸 15.--.--:宇品〜基隆 15.12.06:患者711名収容 15.12.06:基隆〜門司 15.12.09:患者117名揚陸 15.12.--:門司〜大阪 15.12.10:患者594名揚陸
16.08.02:病院船衛生第五二班(曉第六一六四部隊)乗船 16.08.03:宇品〜釜山〜宇品 16.10.20:宇品〜10.24秦皇島 16.10.25:患者161名収容 16.10.25:秦皇島〜大連 16.10.27:患者541名収容 16.10.27:大連〜門司 16.10.30:患者91名揚陸 16.10.--:門司〜宇品 16.10.31:患者611名揚陸 16.11.01:宇品〜11.04秦皇島 16.11.10:患者277名収容 16.11.--:秦皇島〜青島 16.11.14:患者182名収容 16.11.15:青島〜門司 16.11.16:患者32名揚陸 16.11.--:門司〜宇品 16.11.17:患者427名揚陸 16.11.25:宇品〜12.08海防12.08〜カムラン〜01.03西貢01.04〜香港 17.01.06:香港〜      〜01.07 碣石湾で水雷艇」の護衛が終了〜      〜02.08虎門 17.02.--:虎門〜02.15高雄 17.02.--:高雄〜02.20西貢02.21〜虎門〜西貢 17.02.26:患者143名収容 17.02.--:西貢〜広東 17.03.06:患者145名収容 17.03.06:広東〜門司 17.03.13:患者44名揚陸 17.03.--:門司〜宇品 17.03.14:患者244名揚陸 17.05.05:宇品〜六連 17.05.07:(第109船団)六連〜      〜05.08 1940(N30.50-E126.40)米潜水艦"Grenadier"(SS-210)より雷撃を受ける〜      〜05.12馬公 17.05.15:高雄〜西貢〜06.07昭南 17.06.--:昭南〜06.21蘭貢 17.06.24:患者243名収容 17.06.24:蘭貢〜06.29昭南 17.06.30:患者242名揚陸 17.07.01:患者455名収容 17.07.01:昭南〜聖雀 17.07.05:患者1名揚陸 17.07.--:聖雀〜香港 17.07.10:患者454名揚陸 17.07.--:香港〜07.11高雄 17.07.12:高雄〜07.16マニラ 17.08.01:患者560名収容 17.08.01:マニラ〜08.06高雄 17.08.07:患者560名揚陸 17.08.07:高雄〜08.11昭南 17.08.27:昭南〜08.30香港08.31〜09.01西貢〜昭南 17.09.16:患者529名収容 17.09.--:昭南〜09.24香港 17.09.24:患者529名揚陸 17.09.26:患者584名収容 17.09.26:香港〜10.06宇品 17.10.06:患者583名揚陸 17.10.--:病院船衛生第五二班(曉第六一六四部隊)退船
17.10.07:宇品〜 17.10.--:広島にて病院船への改造工事、船体白色塗装
17.10.--:病院船衛生第一六班(曉第七一四二部隊)乗船 17.10.26:宇品〜10.21秦皇島 17.10.23:患者781名収容 17.10.23:秦皇島〜10.27門司 17.10.27:患者62名揚陸 17.10.--:門司〜10.29大阪 17.10.29:患者718名揚陸 17.--.--:大阪〜宇品 17.11.04:宇品〜11.08大連 17.11.10:患者798名収容 17.11.10:大連〜11.13門司 17.11.13:患者132名揚陸 17.11.--:門司〜11.14宇品 17.11.14:患者666名揚陸 17.11.18:宇品〜12.01高雄12.01〜12.01昭南 17.11.21:陸亞密第4599號:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼 17.12.03:昭南〜12.10マニラ12.13〜12.15高雄 17.12.16:高雄〜12.17基隆12.19〜12.24門司 17.12.25:宇品〜12.26大連01.01〜01.03門司 18.01.04:大阪〜01.15大連01.17〜01.17大阪 18.01.23:大阪〜01.30大連01.31〜01.31門司 18.02.05:宇品〜02.09基隆02.11〜02.11門司 18.02.18:宇品〜02.26大連02.26〜02.26門司 18.03.02:大阪〜03.06基隆03.08〜03.08門司 18.03.15:宇品〜03.18大連03.26〜03.30宇品 18.04.04:宇品〜04.17パラオ 18.04.19:パラオ〜04.24ココボ04.24〜05.06マニラ 18.05.11:パラオ〜05.21ココボ05.21〜05.31パラオ 18.05.31:パラオ〜06.01高雄 18.06.05:高雄〜06.07マニラ 18.06.09:マニラ〜06.11高雄 18.06.13:高雄〜06.22大阪 --.--.--:病院船衛生第一六班(曉第七一四二部隊)退船
18.07.30:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 18.07.30:宇品〜07.30門司 18.08.01:門司〜08.10昭南08.14〜08.16聖雀08.18〜08.23香港08.25〜08.29門司 18.09.--:門司〜09.03宇品 18.09.03:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船
18.09.04:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)乗船 18.09.11:門司〜09.11佐伯09.11〜09.16パラオ09.30〜10.05マニラ 18.10.--:病院船衛生第五三班(曉第六一六五部隊)退船
18.10.10:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 18.10.11:マニラ〜10.15パラオ 18.10.16:パラオ〜10.21ラバウル 18.10.21:ラバウル〜10.26パラオ 18.10.27:パラオ〜10.31マニラ 18.11.03:マニラ〜11.05高雄 18.11.10:高雄〜11.15パラオ 18.11.17:パラオ〜11.20ウエワク11.22〜11.27マニラ 18.12.01:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)便乗 18.12.01:マニラ〜12.06門司〜12.08宇品 18.12.--:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)退船 18.12.09:宇品〜12.09大阪 18.12.14:大阪〜門司 18.12.15:病院船衛生第五五班(曉第六七七八部隊)便乗 18.12.26:門司〜12.23パラオ 18.12.24:病院船衛生第五五班(曉第六七七八部隊)退船 18.12.25:パラオ〜12.30ラバウル 18.12.30:ラバウル〜01.04パラオ 19.01.09:パラオ〜01.10マニラ 19.01.15:マニラ〜01.19パラオ 19.01.--:パラオ〜01.26ラバウル 19.01.26:ラバウル〜      〜01.26(S03.45-E151.42)ラバウル北方40浬にて敵哨戒機により至近弾を受ける〜      〜02.05 19.02.08:マニラ〜基隆02.12〜02.16大阪〜02.17神戸 19.02.17:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船 19.03.10:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 19.03.10:神戸〜大阪 19.03.12:大阪〜03.29ハルマヘラ03.29〜04.14大阪 19.04.14:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船 19.04.21:19.01.26に爆撃を受けたことに対して対米抗議提出 19.04.24:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 19.04.24:大阪〜05.14マニラ05.17〜05.25宇品 19.05.25:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船
19.05.28:病院船衛生第五一班(曉第六一六三部隊)乗船 19.05.28:宇品〜06.06パラオ06.07〜06.17宇品 19.06.17:病院船衛生第五一班(曉第六一六三部隊)乗船
19.06.28:宇品〜06.30釜山07.03〜07.04宇品 19.07.07:宇品〜 19.07.--:三井造船株式會社玉野造船所にて輸送船に改造
19.07.09:病院船衛生第二六班(曉第六四四六部隊)乗船 19.07.09:宇品〜07.24高雄 19.07.29:(ミ11船団)高雄〜      〜07.31 0340(N19.05-E120.55)被雷〜      〜07.31 0347 沈没
19.07.31:沈没 19.07.31:解傭
喪失場所:N19.05-E120.55 ルソン島北端マイライラ岬北方36km附近 喪失原因:米潜水艦Parche(SS-384)及びSteelhead(SS-280)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.36)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.168)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年7月号「日本商船隊の懐古 No.49」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.122)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.756)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.59)
 アジア歴史資料センター Ref. B02032926700-38画像目

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る