摩耶丸の船歴

 年 月 日:船歴

T13.12.24:起工 T14.07.01:進水、命名:摩耶丸 T14.08.29:竣工、船主:日本郵船株式會社
07.02.03:徴傭:陸軍 07.08.03:解傭
07.08.30:傭船主:日魯漁業株式會社(09.13まで) 14.09.01:船主:東亞海運株式會社に変更
16.10.26:徴傭:陸軍 16.10.26:宇品〜11.09広東11.18〜11.24西貢12.01〜12.09高雄 16.12.10:高雄〜12.17宇品 16.12.21:宇品〜01.12盤谷01.12〜01.17呉淞02.08〜02.11宇品 17.02.13:宇品〜02.16高雄 17.03.20:高雄〜03.24リンガエン04.01〜04.04高雄 17.04.04:高雄〜04.05香港04.05〜04.25リンガン04.27〜05.03高雄 17.06.01:高雄〜06.06マニラ 17.06.06:マニラ〜06.08高雄 17.06.10:高雄〜07.07マニラ 17.07.08:マニラ〜07.09高雄 17.07.15:高雄〜07.19マニラ 17.07.23:マニラ〜07.25高雄 17.08.--:高雄〜香港09.12〜09.16マニラ 17.09.16:マニラ〜09.18高雄 17.09.18:高雄〜09.22上海 17.09.25:上海〜09.28高雄 17.10.05:高雄〜10.07香港10.09〜10.10高雄 17.10.13:高雄〜10.16マニラ 17.10.22:マニラ〜10.25高雄 17.11.01:高雄〜11.03香港11.04〜11.05宇品 17.11.29:宇品〜12.02釜山12.02〜12.03門司 17.12.04:門司〜12.04釜山12.04〜12.05門司 17.12.06:門司〜12.07釜山12.07〜12.08門司 17.12.09:門司〜12.09釜山12.09〜12.10門司 17.12.11:門司〜12.12釜山12.12〜12.13門司 17.12.14:門司〜12.14釜山12.14〜12.15門司 17.12.16:門司〜12.17釜山12.17〜12.18門司 17.12.19:門司〜12.19釜山12.22〜12.23門司 17.12.24:門司〜12.24釜山12.24〜12.25門司 17.12.26:門司〜12.27釜山12.27〜12.28門司 17.12.29:門司〜12.29釜山12.29〜12.30門司 17.12.31:門司〜01.01釜山01.01〜01.02門司 18.01.03:門司〜01.03釜山01.04〜01.07門司 18.01.18:門司〜01.23上海01.27〜01.30宇品 18.01.31:宇品〜02.08釜山02.09〜02.10門司 18.02.11:門司〜02.16パラオ 18.03.19:パラオ〜03.24ラバウル 18.03.28:ラバウル〜04.05パラオ 18.04.05:パラオ〜04.06セブ04.10〜04.19マニラ 18.04.22:マニラ〜04.27パラオ 18.05.08:(第4次ウエワク輸送作戦)パラオ〜05.13ウエワク05.13〜05.17パラオ 18.06.05:(第5次ウエワク輸送作戦)パラオ〜06.10ウエワク06.10〜06.15パラオ 18.07.05:(第6次ウエワク輸送作戦)パラオ〜07.10ウエワク07.11〜      〜07.12 船団に合同〜      〜07.16パラオ 18.08.02:パラオ〜08.08ハンサ08.08〜08.14パラオ 18.09.24:(第10次ウエワク輸送作戦)パラオ〜09.28ウエワク09.29〜10.04パラオ 18.10.16:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)乗船 18.10.17:(第11次ウエワク輸送作戦)パラオ〜10.22ウエワク10.23〜10.28パラオ 18.10.29:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)退船 18.11.15:(第13次ウエワク輸送作戦)パラオ〜11.20ウエワク11.21〜11.26パラオ 18.11.30:パラオ〜12.11ウエワク12.11〜12.18宇品 19.01.16:宇品〜六連 19.01.19:(第130船団)六連〜      〜01.23 1638(N27.17-E120.43)大魚湾口沖18km附近にて陸軍徴傭船ぱなま丸」被爆〜      〜01.23 2000 陸軍徴傭船「ぱなま丸」を曳航し水深11mの地点に投錨させる      〜01.25(N26.10,E121.05)東引島東方にて「第一小倉丸」と衝突浸水〜      〜01.25基隆 19.01.26:基隆〜01.29高雄 19.05.07:高雄〜05.23マニラ 19.05.24:マニラ〜05.28セブ 19.06.02:セブ〜06.08マニラ 19.06.09:マニラ〜06.15聖雀06.26〜06.30マニラ 19.07.12:マニラ〜07.13セブ07.14〜
19.07.17:沈没 19.07.17:解傭
喪失場所:N07.42-E122.05 ザンボアンガ北方80km附近 喪失原因:米潜水艦Cabrilla(SS-288)の雷撃

同型船

 生駒丸笠置丸三笠丸

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1991年12月号「日本商船隊の懐古 No.149」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.195)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.128)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.77)
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.456)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る