臺海丸の船歴

 年 月 日:船歴

T06.02.05:起工 T06.11.14:進水、命名:冨浦丸 T06.12.06:竣工、船主:三菱合資會社、船籍港:東京、船舶番号:20841、信号符字:NKVW、      登録総噸数:3,810、登録純噸数:2,343
T07.--.--:改名:臺海丸      船主:臺灣製糖株式會社、船籍港:打狗港、船舶番号:臺灣59、信号符字:KBGVに変更 T07.05.07:臺灣總督府告示第59号:信号符字點付 T07.08.15:逓信省告示第1048号(08.17附):電信取扱所設置 T11.--.--:船籍港:打狗に変更 T12.--.--:船籍港:高雄に変更 T12.11.01:スマトラ〜大阪〜11.24横浜 T14.02.18:高雄〜02.25横浜 02.07.26:船主:明治海運株式會社、船籍港:兵庫縣垂水、船舶番号:32977、信号符字:TLCM、      登録総噸数:3,812、登録純噸数:2,342に変更 08.01.01:信号符字:JEEDに変更
16.09.26:徴傭:陸軍 16.09.26:門司〜10.07基隆10.07〜10.11西貢10.12〜10.19黄埔10.19〜10.21高雄 16.10.26:高雄〜11.05釜山11.05〜11.07高雄11.10〜11.19西貢 16.11.20:西貢〜11.27三亞12.02〜12.07黄埔12.11〜12.13虎門12.13〜12.13宝安12.13〜      〜12.14虎門12.15〜12.17黄埔12.18〜汕頭〜12.25基隆12.26〜12.28高雄〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第二分隊(船番号:13) 16.12.31:(第一輸送船隊第二分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.23:シンゴラ〜01.24聖雀01.25〜01.28汕頭02.17〜02.20高雄 17.02.22:高雄〜02.26門司 17.02.29:宇品〜03.10昭南 17.03.11:昭南〜04.19蘭貢04.20〜04.23昭南 17.--.--:昭南〜ムントク〜05.10パレンバン05.12〜05.15西貢 17.05.16:西貢〜06.03バタビヤ06.14〜06.18昭南 17.06.21:昭南〜06.26西貢06.30〜07.04海防07.08〜07.12聖雀07.18〜07.21バタビヤ 17.07.25:バタビヤ〜07.27スラバヤ 17.08.02:スラバヤ〜08.05パレンバン08.14〜08.17昭南 17.08.22:昭南〜08.26聖雀08.30〜09.04ホンゲイ09.09〜09.11聖雀09.14〜09.17昭南 17.09.21:昭南〜09.25スラバヤ 17.10.04:スラバヤ〜10.06バタビヤ 17.10.14:バタビヤ〜03.21ムントク〜04.03昭南 18.11.--:陸軍配當船として運航 18.12.14:昭南〜12.18聖雀12.21〜12.30高雄 19.01.03:高雄〜01.10門司 19.01.10:解傭
19.02.--:陸軍配當船として運航終了 19.02.17:第36次海軍指定船 19.03.16:指定解除
19.03.16:徴傭:陸軍 19.04.01:(東松四号船団)東京湾第二錨地(木更津)発〜      〜04.01 1600 海防艦天草」、同「隠岐」「第二號海防艦」が船団に合同〜      〜04.01 1830 「第二十七號掃海艇」が船団に合同し前方を警戒〜      〜04.02 0730 敵潜出現により船団が南方に一時避退、海防艦「天草」「第二號海防艦」             「第三號海防艦」が爆雷攻撃〜        〜04.02 0800 水雷艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃12個〜      〜04.02 1200 「第二號海防艦」「第三號海防艦」が攻撃を止め船団を追及、合同〜      〜04.02 1330 驅逐艦「朝凪」が船団に合同〜      〜04.03 0700 海防艦「天草」が掃蕩を止め船団を追及〜      〜04.03 1457 陸軍徴傭船東征丸」被雷〜      〜04.03 1510 海防艦「天草」、同「御藏」が爆雷攻撃〜      〜04.03 1530 「第二號海防艦」が爆雷攻撃14個〜      〜04.03 1615 陸軍徴傭船「東征丸」沈没〜      〜04.04 1250 驅逐艦「朝凪」、海防艦「隠岐」が船団を追及、合同〜      〜04.04 1345 「第三號海防艦」が合同〜      〜04.04 1450 驅逐艦「朝凪」、海防艦「隠岐」「第五十號驅潜艇」が爆雷攻撃〜      〜04.04 1530 海防艦「隠岐」が掃蕩を打切り船団を追及〜      〜04.04 1629 驅逐艦「五月雨」が爆雷攻撃6個、海防艦m]」が協力〜      〜04.04 1735 陸軍徴傭船加古川丸」が発砲〜      〜04.04 2135 海防艦「m]」が爆雷攻撃、驅逐艦「朝凪」が協力〜      〜04.05 0400 海防艦「m]」は爆雷補充の為、父島に向う〜      〜04.05 1346 「第百四十九號輸送艦」が船団に合同〜      〜04.06 0600 海防艦「m]」が船団に合同〜      〜04.06 2045 「第五十號驅潜艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃〜   〜04.06 2100 驅逐艦「朝凪」を「第五十號驅潜艇」の敵潜探知現場に派遣〜      〜04.06 2300 驅逐艦「朝凪」、「第五十號驅潜艇」が船団に復帰〜      〜04.08 0228 驅逐艦「朝凪」が対潜攻撃〜      〜04.08 0350 驅逐艦「朝凪」と海防艦「隠岐」が敵潜制圧〜      〜04.08 0457 驅逐艦「五月雨」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃4個〜      〜04.08 1445 海防艦「隠岐」が追及合同〜      〜04.08 1630(N17.45-E143.14)パラオ行き船団            (海防艦「m]」「第二號海防艦」「第三號海防艦」、運送艦間宮」、             一般徴傭船~丸」、陸軍徴傭船大安丸」、一般徴傭船天龍川丸」、   陸軍徴傭船第五眞盛丸」)解列〜   〜04.08 1830 驅逐艦「朝凪」が合同〜      〜04.09 0800 海防艦御藏」解列、サイパンに先行〜      〜04.09 1615 一般徴傭船美作丸」右舷後部に被雷〜      〜04.10サイパン 19.04.15:(東松四号船団)サイパン〜       〜04.15 1300 一般徴傭船東崗丸」機関故障の為落伍〜      〜04.15 1320 一般徴傭船「東崗丸」護衛の為水雷艇「鵯」を派遣〜      〜04.15 1335 一般徴傭船「東崗丸」故障復旧〜      〜04.15 1340 一般徴傭船「東崗丸」収容の為斉動にて反転〜      〜04.15 1405(N16.07-E145.45)海防艦「隠岐」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃3個〜      〜04.15 1545 海防艦「隠岐」追及合同〜      〜04.17 0530(N20.44-E147.17)驅逐艦「朝凪」が敵潜らしきものを探知脅威投射3個〜      〜04.17 0645 「第五十號驅潜艇」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃15個〜      〜04.17 0845 「第五十號驅潜艇」が制圧を打切り船団を追及〜      〜04.17 1030 「第五十號驅潜艇」が船団に合同〜      〜04.17 2300 陸軍徴傭船「加古川丸」タービン翼歯車損傷落伍、水雷艇「鵯」を派遣〜      〜04.18 0520 「第五十號驅潜艇」が解列、陸軍徴傭船「加古川丸」護衛に向う〜      〜04.20 0345 一般徴傭船白峰丸」舵故障落伍、護衛に向う〜      〜04.20 1510(N19.18-E143.53)海防艦「隠岐」が敵潜らしきものを探知爆雷攻撃3個〜      〜04.20 1630 海防艦「隠岐」が制圧を打切り船団を追及〜       〜04.20 1715 海防艦「隠岐」が船団に合同〜   〜04.20 1910 一般徴傭船第八雲洋丸」が右舷に向かい機銃発砲、驅逐艦「朝凪」が捜索〜      〜04.20 2015 驅逐艦「朝凪」原位置に復帰〜      〜04.23 1030 船団解列〜      〜04.23東京 19.04.26:伊東沖にて衝突小破 19.05.27:大阪〜05.31釜山06.01〜06.03大阪 19.06.04:大阪〜07.02マニラ 19.07.16:ビートン〜07.19ナムレア 19.07.20:(H31船団)ナムレア〜07.20アンボン 19.07.31:アンボン〜08.05ビートン〜バンカ〜メナド〜09.15タラカン 19.09.15:タラカン〜09.17サンダカン09.17〜コロン〜09.25マニラ 19.10.17:マニラ〜ミリ向け航行
19.10.18:沈没 19.10.18:解傭
喪失場所:N12.30-E119.10 パラワン島北端リブロ岬北北西120km附近 喪失原因:米潜水艦Raton(SS-270)の雷撃

同型船

 秋田丸山形丸長野丸富浦丸まどらす丸

兵装

 要調査。

写真資料

 "State Library of New South Wales", Digital order No. a639764r, a639765r

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る