彼南丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T元.11.22:進水、命名:彼南丸 T02.--.--:竣工、登録総噸数:4,966、登録純噸数:3,230、      登録長:405.0呎、登録幅:52.2呎、登録深さ:27.4呎に変更
T02.--.--:登録総噸数:5,279、登録純噸数:3,273、      登録長:406.8尺、登録幅:50.6尺、登録深さ:27.5尺に変更
T03.09.--:徴傭 T03.09.22:入籍:内令第241号:艦隊用運送船(給炭船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府所属 T03.09.--:神戸〜09.29横須賀 T03.10.07:横須賀〜10.15サイパン〜ポナペ〜11.08横須賀 T03.11.15:横須賀〜12.06スバ〜12.12ヌメア〜01.16横須賀 T04.02.01:横須賀〜08.25横須賀 T04.08.25:除籍:内令第225号 T04.09.01:解傭
T04.--.--:登録総噸数:5,205、登録純噸数:3,261、      登録長:404.9呎、登録幅:52.0呎、登録深さ:30.0呎に変更 T07.--.--:登録総噸数:5,229、登録純噸数:3,215に変更 T08.--.--:登録総噸数:5,214、登録純噸数:3,230に変更 T10.06.21:神戸にて定期検査完了 T11.09.--:中間検査 T12.08.--:中間検査 T13.01.20:孟買〜新嘉坡〜長崎〜神戸〜大阪〜四日市〜02.26横浜 T13.06.--:中間検査 T13.08.11:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜香港〜門司〜神戸〜09.21横浜 T13.11.15:甲谷陀〜蘭貢〜新嘉坡〜香港〜上海〜門司〜神戸〜12.28横浜 T14.04.--:中間検査 T15.06.--:定期検査 02.07.--:中間検査 03.07.--:中間検査 04.08.--:中間検査 05.08.--:玉にて定期検査 09.10.--:横浜にて定期検査 10.10.--:中間検査 11.10.--:中間検査 12.12.--:中間検査
13.09.27:徴傭:陸軍 14.01.11:彦島にて定期検査完了 14.01.16:解傭
14.12.--:中間検査 16.03.--:中間検査
16.07.09:徴傭:陸軍 16.10.07:東京〜10.19海口11.04〜11.05青島11.07〜11.15高雄 16.11.15:高雄〜基隆
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第三輸送船隊第十分隊(船番号:10) 16.12.17:(第三輸送船隊)基隆〜      〜12.20 0540 第一、第二護衛隊に合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.30:リンガエン〜01.02宇品 17.01.02:宇品〜01.05アパリ01.11〜01.26ビガン01.27〜01.30リンガエン02.03〜02.09盤谷 17.02.14:盤谷〜02.19高雄 17.03.02:高雄〜03.10宇品 17.03.11:博多〜03.27昭南 17.04.12:昭南〜04.19蘭貢04.22〜05.01盤谷05.09〜05.21高雄 17.05.29:高雄〜06.03宇品 17.06.02:解傭
17.07.--:中間検査
17.07.28:徴傭:船舶運營會 17.12.09:解傭
17.12.09:徴傭:陸軍 17.12.09:宇品〜12.16高雄 17.12.21:高雄〜01.07西貢01.07〜01.08昭南 18.01.08:昭南〜バターン〜02.06スラバヤ02.07〜02.12クーパン〜03.03スラバヤ 18.03.04:スラバヤ〜アンボン〜バボ〜03.31スラバヤ 18.04.05:スラバヤ〜アンボン向け航行〜      〜04.09 0906(S05.31-E123.09)セレベス島南端ブトン水道中央附近にて被雷〜      〜04.09 1105 任意擱坐〜      〜04.09 1320 船体切断
18.04.09:沈没 18.04.09:解傭
喪失場所:ブトン島南部ワポンマル海岸 喪失原因:米潜水艦Tautog(SS-199)の雷撃

同型船

 要調査。

兵装

 八糎砲、機銃2基.爆雷4個。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 2000年2月号「日本商船隊の懐古 No.247」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.158)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.263)
 "Scottish Built Ships"
 小樽市博物館所蔵(11-1)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る