第十號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.10.20:起工、仮称艦名:第2705號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第十號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第二號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:佐世保鎮守府 19.01.11:進水 19.01.23:艤装員事務所を飽ノ浦町長崎監督官事務所内に設置し事務を開始 19.01.30:艤装員長:海軍大尉 一ノ瀬 志朗 19.02.29:竣工、艤装員事務所を撤去 19.02.29:本籍:内令第367号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.02.29:海防艦長:海軍大尉 一ノ瀬 志朗
19.02.29:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊
19.03.25:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.03.25:艦船番号:(50) 19.03.27:佐伯〜03.28呉 19.04.08:呉〜04.08門司 19.04.09:舵取機故障修理(04.13まで) 19.04.20:(ヒ59船団護衛)門司〜04.28高雄04.29〜05.02マニラ 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 一ノ瀬 志朗 19.05.05:(臨時船団護衛)マニラ〜05.10バリクパパン 19.05.11:バリクパパン〜05.12タラカン 19.05.14:軍隊区分:聯合艦隊司令長官の作戦指揮下 19.05.16:タラカン〜05.18マニラ 19.07.05:軍隊区分:聯合艦隊司令長官の作戦指揮を解く 19.07.16:(マタ25船団護衛)マニラ〜07.18サンフェルナンド 19.07.--:サンフェルナンド〜      〜07.21 ルソン島ビガン南南西7km付近で座礁した特設砲艦北京丸」を警戒〜      〜07.27 救難任務解除〜      〜高雄 19.07.31:(タモ22船団護衛)高雄〜08.01基隆08.04〜      〜08.06 0430(N30.52-E129.40)「昭南丸」被雷沈没〜      〜08.08佐世保 19.08.10:佐世保海軍工廠にて入渠修理工事(08.14まで) 19.08.15:(モタ23船団護衛)佐世保〜      〜08.16 1230 直衛機が敵潜発見、本艦が爆雷投射〜      〜08.16 1237 「第六十三號驅潜艇」「第二十號掃海艇」と共に対潜掃蕩〜      〜08.18鹿児島 19.08.20:(モタ23船団護衛)鹿児島〜      〜08.24 0705 三貂角沖にて陸軍輸送船第三吉田丸」被雷沈没、「w芒ロ」中破〜      〜08.24 1034 敵潜掃蕩並に救難〜      〜08.25基隆 19.08.27:(モタ23船団護衛)基隆〜08.28高雄 19.08.30:(ミ15船団護衛)高雄〜      〜08.31 0330(N21.24-E121.07)「千代田丸」被雷沈没〜      〜08.31 0435(N21.30-E121.19)「力行丸」被雷中破〜      〜08.31 0730(N21.11-E121.17)敷設艦白鷹」被雷沈没〜      〜08.31 0740(N20.55-E121.17)「大國丸」被雷沈没〜      〜08.31枋寮沖〜      〜09.01東港 19.09.03:東港〜対潜掃蕩〜ミ15船団護衛〜09.05サンフェルナンド 19.09.06:サンフェルナンド〜09.07マニラ 19.09.10:(マモ03船団護衛)マニラ〜      〜09.11 0815 ヒ72船団に会合、マモ03船団の護衛終了〜      〜09.11 0835 「第二十一號掃海艇」「第二十號海防艦」と共に反転〜      〜09.12 0955 解列〜      〜09.12マニラ 19.09.12:マニラ〜ヒ72船団遭難者救助〜09.15楡林 19.09.16:(ヒ72船団第一分団護衛)楡林〜      〜09.20 0110(N23.20-E119.12)B-24の攻撃を受ける〜      〜09.20 0112(N23.35-E119.04)特設運送船護國丸」が直撃弾に依り舵機故障〜      〜09.20 01-- 特設運送船淺香丸」が至近弾により航行不能〜      〜09.20 0142(N29.31-E117.00)海防艦御藏」が爆撃により航行不能〜      〜09.21基隆 19.09.23:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.24 1045 陸軍徴傭船吉備津丸」護衛〜      〜09.24基隆 19.09.25:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.27 0150 被雷沈没
19.09.27:沈没 19.11.10:類別等級削除:内令第1247号 19.11.10:除籍:内令第1254号
喪失場所:N29.41-E128.02 奄美大島の北北西100マイル 喪失原因:米潜水艦Plaice(SS-390)の雷撃

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る