第六號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.10.05:起工、仮称艦名:第2703號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第六號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第二號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:横須賀鎮守府 19.01.15:進水 19.01.15:本籍:内令第123号:横須賀鎮守府 19.01.15:内令第129号:当分の間定員を置かない 19.01.20:艤装員長:海軍大尉 原 利久 19.01.30:艤装員長:海軍大尉 西部 貞三 19.02.02:艤装員事務所を横須賀海軍工廠内に設置し事務を開始 19.03.15:竣工 19.03.15:役務:内令第442号:警備海防艦 19.03.15:海防艦長:海軍大尉 西部 貞三
19.03.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.04.05:戦時編制:海上護衛総司令部第二海上護衛隊      〜04.11 1600(N33.28-E135.35.5)爆雷攻撃4個〜      〜04.12 1115(N33.26-E135.37)爆雷攻撃18個〜 19.04.15:(東松6号船団護衛)木更津沖〜      〜04.20 0842 「第二十號掃海艇」が爆雷投射〜      〜04.20 0903 飛行機が爆弾投下〜      〜04.20 0905 「第二十號掃海艇」が爆雷投射〜      〜04.20 0914 爆雷投射、飛行機が爆弾投下〜      〜04.21 1800 「第十號駆潜艇」が敵潜補足攻撃〜      〜04.22 2120 「第二十號掃海艇」が爆雷脅威投射〜      〜04.23 0300 駆逐艦「卯月」、敷設艇猿島」、「第二十號掃海艇」、             陸軍徴傭船利根川丸」、一般徴傭船稲荷丸」が船団より分離〜      〜04.23サイパン 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 西部 貞三 19.06.22:機関整備(06.27まで) 19.06.28:セブ〜タパ09船団護衛〜06.28セブ 19.06.30:(タパ09船団護衛)セブ〜
19.07.18:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.07.18:艦船番号:(46) 19.07.25:(Z258船団護衛)ダバオ〜      〜07.25 1452 哨戒機が右140度陸岸近くに爆弾投下、           「第四十九號驅潜艇」「第五十八號驅潜艇」が攻撃に向う〜      〜07.25 1600 「第百二十七號特設輸送艦」、一般徴傭船柳河丸」、特設驅潜艇第二鶚丸」、           特設捕獲網艇第一號東光丸」が船団より分離サランガニ湾に向う〜      〜07.27 0052(N05.18-E121.48)特設運送船第二共榮丸」被雷沈没、             「第十六號海防艦」、「第五十八驅潜艇」と共に対潜掃蕩〜      〜07.27ザンボアンガ 19.07.28:(C294船団護衛)ザンボアンガ〜07.31セブ〜08.01マニラ 19.08.02:マニラ〜08.03バグダナン 19.08.04:(シマ02船団護衛)バグダナン〜08.05マニラ 19.08.08:マニラ〜マニラ湾口敵潜掃蕩〜      〜08.09 マタ26船団護衛、サンフェルナンド避泊 19.08.12:(マタ26船団護衛)サンフェルナンド〜      〜08.13 0400 サブタン沖にて海軍配當船武津丸」被雷沈没〜      〜08.18基隆 19.08.20:(タモ23船団護衛)基隆〜      〜08.22 1959(N29.53-E125.19)海軍配當船第二圖南丸」被雷沈没〜      〜08.26 護衛終了〜      〜08.26門司 19.08.27:門司〜08.27佐世保 19.08.27:佐世保海軍工廠にて船体機関兵器整備(08.31まで) 19.09.01:佐世保海軍工廠にて訓令工事並に小修理 19.09.06:佐世保〜09.06門司 19.09.09:(ミ19船団護衛)門司〜      〜09.10 1213(N33.47-E127.37)「千早丸」被雷沈没、対潜掃蕩〜      〜09.12珍島09.13〜09.16基隆港外09.17〜09.18高雄 19.09.25:(タマ27船団護衛)高雄〜09.26サブタン海峡09.27〜09.27アパリ09.28〜09.28ラポック09.29〜      〜09.29サンフェルナンド09.30〜09.30サンフェルナンド 19.10.03:(マタ27船団護衛)サンフェルナンド〜10.03マシンロック10.04〜      〜10.04 陸軍徴傭船「大敏丸」救助並に掃蕩〜      〜10.05 1115 対潜掃蕩〜      〜10.05 1955 船団に合同〜      〜10.06 タマ29船団護衛〜      〜10.08サンフェルナンド 19.10.10:サンフェルナンド〜10.10マシンロック10.11〜10.11マニラ 19.10.17:マニラ〜10.21楡林 19.10.24:(ユタ13船団護衛)楡林〜10.29高雄(新港岸壁、「第四十一號掃海艇」を右舷に横付け)
19.11.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊 19.11.04:高雄〜対潜掃蕩〜タモ28船団護衛〜11.12福岡湾 19.11.13:福岡湾〜11.13六連 19.11.13:軍隊区分:第一海上護衛隊司令官の作戦指揮を解く 19.11.13:軍隊区分:横鎮護衛部隊 19.12.07:甲直接護衛部隊信電令作第322号:       彌榮丸、昭東丸、海光丸、い號壽山丸、第十二號海防艦、第六號海防艦、第二十九號掃海艇       及び第四十二號驅潜艇を以て第3209船団を編成 19.12.12:(第3209船団護衛)館山〜      〜12.13 1136 荒天のため八丈島洞輪沢に避泊〜      〜12.13 1653 避泊地発〜      〜12.16 0229 一般徴傭船い號壽山丸」被雷沈没〜      〜12.16父島 19.12.17:(第4217船団護衛)父島〜      〜12.20 1504 荒天のため八丈島洞輪沢に避泊〜      〜12.21 0700 避泊地発〜      〜12.21 0800 船団より分離〜      〜12.21浦賀 20.04.10:海防艦長:海軍大尉 安藤 英郎 20.05.01:海防艦長:海軍少佐 安藤 英郎 20.05.08:横須賀〜05.10大湊 20.05.14:(船団護衛)大湊〜05.15小樽05.22〜05.23稚内05.24〜05.27松輪05.29〜
20.08.13:沈没 20.08.13:海防艦長:海軍中佐 安藤 英郎(戦死) 20.09.15:除籍:(機密第091753番電にて予定) 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
喪失場所:N42.16-E142.12 北海道沖 喪失原因:米潜水艦Atule(SS-403)の雷撃

同型艦

 第二號第四號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る