第四十二號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.04.15:起工、仮称艦名:第2721號艦 19.06.05:命名:達第181号:「第四十二號海防艦」 19.06.05:類別等級制定:内令第738号:種別:海防艦、艦型:第二號型 19.06.05:本籍仮定:内令第734号:佐世保鎮守府 19.07.07:進水 19.07.31:艤装員長:海軍少佐 江頭 冨也 19.08.03:艤装員事務所を飽ノ浦長崎監督官事務所内に設置し事務を開始 19.08.25:竣工、艤装員事務所を撤去 19.08.25:本籍:内令第995号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.08.25:海防艦長:海軍少佐 江頭 冨也
19.08.25:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.09.24:佐伯〜豊後水道にて「呂號第五百潜水艦」を目標に対潜捕捉訓練〜09.24佐伯 19.09.25:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.25佐伯 19.09.26:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.26佐伯 19.09.27:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.27佐伯 19.09.30:佐伯〜豊後水道北方海面にて各種訓練及び水上教練射撃〜09.30臼杵湾
19.11.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊 19.11.10:佐世保〜掃蕩〜      〜11.10 1712 敵潜を探知、爆雷攻撃42個〜      〜11.11 1230 特設運送船辰和丸」護衛〜      〜11.12鹿児島 19.11.15:(カタ416船団護衛)鹿児島〜11.17那覇 19.11.20:(カタ416船団護衛)那覇〜11.23基隆 19.11.26:(タカ608船団護衛)基隆〜11.29那覇 19.11.30:(タカ608船団護衛)那覇〜12.03鹿児島 19.12.09:(カタ608船団護衛)鹿児島〜12.11那覇12.14〜12.15石垣12.21〜12.22基隆 19.12.24:(タカ406船団護衛)基隆〜12.26那覇 19.12.28:(カタ506船団護衛)那覇〜12.31基隆
20.01.10:沈没 20.01.10:海防艦長:海軍中佐 江頭 冨也(戦死) 20.03.10:類別等級削除:内令第209号 20.03.10:除籍:内令第228号
喪失場所:N26.45-E126.11 東支那海 喪失原因:米潜水艦Puffer(SS-268)の雷撃

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.46)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.46)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.28「海防艦」(P.60)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2351)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る