第十八號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.11.01:起工、仮称艦名:第2709號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第十八號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第二號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:佐世保鎮守府 19.01.11:進水 19.01.30:艤装員長:海軍大尉 下方 弘麿 19.02.07:艤装員事務所を飽ノ浦町長崎海軍監督官事務所内に設置し事務を開始 19.03.08:竣工、艤装員事務所を撤去 19.03.08:本籍:内令第406号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.03.08:海防艦長:海軍大尉 下方 弘麿
19.03.08:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.04.18:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.04.19:艦船番号:(58) 19.04.21:軍隊区分:横須賀鎮守府長官指揮下 19.04.20:〜04.22横須賀 19.04.--:工事 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 下方 弘麿 19.05.24:軍隊区分:横須賀鎮守府長官の作戦指揮を解く 19.05.25:横須賀〜05.28佐世保 19.05.28:船体兵器機関の整備(05.31まで) 19.06.02:(ミ05船団護衛)門司〜      〜06.04 1105 視界不良の為、本隊から分離した船団8隻を「第十七號掃海艇」と護衛〜      〜06.04 2335 船団9隻を右舷40度6,000mに発見〜      〜06.05 0015 濃霧の為、視界不良により再び本隊を見失う〜      〜06.05 0800 本隊に合同〜      〜06.08基隆 19.06.09:(ミ05船団護衛)基隆〜      〜06.10 1212 水雷艇」、「第三十八號哨戒艇」と共に船団から分離〜      〜06.10高雄 19.06.11:高雄〜      〜06.11 0945 水雷艇「鷺」と共にミ05船団に合同〜      〜06.11 1025 「第三十八號哨戒艇」が船団に合同〜      〜06.13 1551(N16.00-E119.41)「まりふ丸」被雷小破〜      〜06.14 1410 ミ05船団の護衛を止め反転、「第十七號掃海艇」と「まりふ丸」護衛に向かう〜      〜06.14マニラ 19.06.18:(ミ05船団護衛)マニラ〜06.23ミリ 19.06.25:(ミシ03船団護衛)ミリ〜      〜06.29 0214(N00.45-E105.45)陸軍配當船日邦丸」被雷沈没、水上機母艦能登呂」中破、敵潜掃蕩〜      〜06.30昭南 19.07.04:(シミ05船団護衛)昭南〜      〜07.04 「第十七號掃海艇」と共に船団航路の前路を探信掃蕩〜      〜07.04 1430 前路の探信掃蕩を止め船団に合同、護衛開始〜      〜07.08ミリ 19.07.10:(ミ08船団護衛)ミリ〜      〜07.10 1945 前路の探信掃蕩を止め船団に合同、護衛開始〜      〜07.11 1345 船団から分離〜      〜07.12 1015 ギマニス湾入港、船団に合同〜      〜07.12 1300 出港〜      〜07.16 0820 水雷艇」が船団に合同、護衛開始〜      〜07.16 1400 水雷艇「鵯」が護衛を止め分離、北上〜      〜07.16マニラ 19.07.24:(ミ08船団護衛)マニラ〜       〜07.24 ---- 「第十七號掃海艇」が前路の探信掃蕩を止め船団に合同、護衛開始〜      〜07.26 1700 驅逐艦呉竹」が船団に合同、護衛開始〜      〜07.27 0920 「第七十四號驅潜特務艇」、特設驅潜艇旺洋丸」が船団に加入〜      〜07.27 1350 護衛を止め、船団を嚮導〜      〜07.27 1425 船団嚮導を止め、高雄に先航〜      〜07.27高雄 19.07.30:(ミ08船団護衛)高雄〜08.01基隆 19.08.04:(ミ08船団護衛)基隆〜      〜08.07 機関故障〜      〜08.08那覇 19.08.09:那覇〜敵潜掃蕩〜      〜08.11 0600 ミ08船団護衛〜      〜08.13 護衛終了〜      〜08.13伊万里湾 19.08.14:伊万里湾〜08.14佐世保 19.08.14:佐世保海軍工廠にて送水喞筒減速歯車修理工事(08.22まで) 19.08.23:佐世保〜08.23門司 19.08.27:(ミ17船団護衛)門司〜09.01馬公09.04〜09.06アパリ09.06〜      〜09.07 1034 「第二十號掃海艇」「第十七號掃海艇」「第四十一號驅潜艇」が船団から分離〜      〜09.07ラポック09.07〜09.08サンフェルナンド09.09〜09.09マシンロック09.10〜      〜09.10マニラ 19.09.12:マニラ〜ヒ72船団遭難者救助〜09.15楡林 19.09.16:(ヒ72船団第一分団護衛)楡林〜      〜09.20 0110(N23.20-E119.12)B-24の攻撃を受ける〜      〜09.20 0112(N23.35-E119.04)特設運送船護國丸」が直撃弾に依り舵機故障〜      〜09.20 01-- 特設運送船淺香丸」が至近弾により航行不能〜      〜09.20 0142(N29.31-E117.00)海防艦御藏」が爆撃により航行不能〜      〜09.20馬公 19.09.21:馬公〜救難作業〜09.23高雄 19.09.25:高雄〜海防艦「御藏」を護衛〜09.25馬公 19.09.26:馬公〜09.26高雄 19.09.30:(ミ19船団護衛)高雄〜10.02アパリ10.02〜10.03ラポック10.04〜      〜10.04サンフェルナンド10.05〜10.05サンタクルーズ10.06〜10.07マニラ 19.10.08:(ミ19船団護衛)マニラ〜      〜10.09 1945(N12.48-E118.05)海軍配當船コ和丸」、さんるいす丸」被雷〜      〜10.10バクダナン10.11〜10.12ダラワン港10.13〜      〜10.14 0209(N06.02-E115.59)海軍配當船日鐵丸」、永享丸」、陸軍配當船大善丸」被雷〜      〜10.14キマニス10.14〜10.14ブルネイ10.15〜10.15ラブアン10.16〜      〜10.16ピクトリアパッチ10.17〜10.17ミリ 19.10.18:ミリ〜10.20パキット10.21〜      〜10.21 分離〜      〜10.23ミリ 19.10.25:(サマ13船団護衛)ミリ〜10.25ラブアン10.26〜10.26ガヤ10.27〜10.27ネブラバンガ10.28〜      〜10.30バキット10.31〜10.31コロン〜11.02マニラ 19.11.05:(マタ31船団護衛)マニラ〜      〜11.05 1300 「第二十一號掃海艇」と合同〜      〜11.05 1315 「第二十一號掃海艇」と分離〜      〜11.05 特設運送船香久丸」救難〜      〜11.05 スービック湾 19.11.06:(タマ31A船団護衛)スービック〜      〜11.06 シランギン湾避泊〜      〜11.06 一般徴傭船道了丸」が巡洋艦「熊野」を曳航〜      〜11.07サンタクルーズ 19.11.08:(「道了丸」護衛)サンタクルーズ〜11.08サンフェルナンド 19.11.10:サンフェルナンド〜 11.11ラポック 19.11.12:(タマ31A船団護衛)ラポック〜11.13ムサ11.13〜11.13サブタン11.14〜11.15高雄 19.11.18:高雄〜ホタ01船団に合同〜11.21高雄 19.11.23:高雄〜11.24基隆 19.11.26:(タモ30船団護衛)基隆〜11.26小安水道11.27〜
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.01.13:佐世保海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備(01.21まで) 
20.01.20:戦時編制:大海幕機密第608号ノ183:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第百三戦隊 20.01.20:艦隊区分:隊番号:20、艦船番号:(17) 20.01.20:軍隊区分:第一海上護衛部隊 20.01.21:佐世保〜01.21門司 20.01.22:(モホ01船団護衛)門司〜01.23仁川01.24〜01.24長歖島水道01.25〜02.02香港 20.02.04:(ホモ01船団護衛)香港〜02.05南澳島02.06〜02.06鎮海南東灯台02.07〜02.07馬山東端02.08〜      〜02.08長塗島西02.09〜02.09黒水湾02.10〜02.10キドウ山東02.11〜      〜02.11 1735(N30.35-E122.00)海軍配當船橋立丸」触雷小破〜      〜02.15上海 20.02.11:軍隊区分:第一南遣部隊作戦指揮下 20.02.--:上海〜聖雀 20.02.20:(サシ42船団護衛)聖雀〜02.24昭南 20.02.23:西部方面部隊電令作第12号:      1.ヒ88G船団及び第三十五號驅潜艇被爆(B25 9機P24 10機来襲)の状況に鑑み        ヒ94、ヒ96船団の現編成を以てしてはカムラン沖強行通過極めて困難なり      2.第十一海防隊及び第十八號海防艦は準備出来次第、昭南発ヒ94船団追及キノン附近まで        護衛に任じたる後、聖雀(西貢にて補給)にてヒ98船団に合同内地に回航すべし、      3.ヒ94、ヒ96船団は第十一海防隊及び第十八號海防艦の合同迄、カモー岬北方海面        (N08.55-E104.37)に避泊待機すべし 20.02.26:西部方面部隊電令作第16号:       第十八號海防艦は針尾機密第261345番電に依りヒ94船団を内地迄護衛すべし 20.02.--:昭南〜      〜02.26 1230 オビ島沖にてヒ九四船団に合同〜      〜02.27 2215(N11.33-E109.13)敵浮上潜水艦発見〜      〜02.28 0010 第十一海防隊(「第一號海防艦」「第百三十號海防艦」)が船団より分離〜      〜03.01 1340 海軍配當船東亞丸」と合同、護衛に就く〜      〜03.01 2330 三亞港西口に仮泊〜      〜03.02 ---- 仮泊地発〜      〜03.02楡林 20.03.18:軍隊区分:第一海上護衛部隊 20.03.--:艦隊区分:第一〇三戦隊、隊番号:13 20.03.19:(ヒ88J船団護衛)昭南〜03.23カモー岬03.24〜03.27ナトラン03.28〜      〜03.28 2035 ボンベイ島南岸にて陸軍徴傭船鳳南丸」救助〜      〜03.29 ----(N14.44-E109.16)敵機と交戦後行方不明
20.03.29:沈没 20.03.29:海防艦長:海軍中佐 下方 弘麿(戦死) 20.05.25:類別等級削除:内令第472号 20.05.25:除籍:内令第470号
喪失場所:N15.10-E109.26 喪失原因:米陸軍航空隊(第5航空隊)のB-25による空爆

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2343)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る