第七十六號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.08.01:起工、仮称艦名:第2738號艦 19.09.01:命名:達第288号:「第七十六號海防艦」 19.09.01:類別等級制定:内令第1016号:種別:海防艦、艦型:第二號型 19.09.01:本籍仮定:内令第1019号:横須賀鎮守府 19.11.18:進水 19.11.25:艤装員長:海軍大尉 澁谷 政光 19.11.29:艤装員事務所を飽ノ浦監督官事務所内に設置し事務を開始 19.12.23:竣工、艤装員事務所を撤去 19.12.23:本籍:内令第1378号:横須賀鎮守府、役務:警備海防艦 19.12.23:海防艦長:海軍大尉 澁谷 政光
19.12.23:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 20.02.02:清水搭載 20.02.04:佐伯〜      〜02.04 出動訓練(速力試験)〜      〜02.05 出動訓練(速力試験)〜      〜02.06 出動訓練(教練対空戦闘、教練水上戦闘、照射訓練)〜      〜02.07 出動訓練(教練爆雷戦)〜      〜02.08 出動訓練(爆雷投射訓練、教練水上戦闘)〜      〜02.08佐伯 20.02.09:清水搭載 20.02.10:佐伯〜      〜02.10 出動訓練(教練爆雷戦)〜      〜02.10佐伯 20.02.14:石炭搭載 20.02.16:佐伯〜      〜02.16 出動訓練(教練水上戦闘)〜      〜02.17 出動訓練(教練水上戦闘)〜      〜02.17佐伯 20.02.18:清水搭載 20.02.19:佐伯〜02.19呉
20.02.20:戦時編制:大海幕機密第608号ノ203:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.02.20:繋留替え、重油搭載 20.02.21:糧食搭載 20.02.23:呉〜02.23門司02.25〜02.25六連 20.02.26:(モタ39船団護衛)六連〜      〜02.27(N34.20-E126.24)馬路海仮泊〜      〜02.28 仮泊地発〜      〜02.28 戦闘爆雷戦〜      〜03.01 1912(N34.04-E122.05)仮泊〜      〜03.02 0608 仮泊地発〜      〜03.02 1954(N31.31-E122.28)仮泊〜      〜03.03 0627 仮泊地発〜      〜03.03 1012 浮流機雷発見〜      〜03.03 1042 浮流機雷処分〜      〜03.03 1653(N30.08-E122.30)泗礁山仮泊〜      〜03.04 1315 仮泊地発〜      〜03.04 1835(N29.12-E122.26)舟山島東方〜      〜03.05 0700 仮泊地発〜      〜03.05 1742(N29.18-E121.51)三門湾仮泊〜      〜03.06 0700 仮泊地発〜      〜03.06 1652(N28.28-E121.20)温州湾(虎頭島)仮泊〜      〜03.07 0700 仮泊地発〜      〜03.07 1711(N26.54-E121.20)インコグ東方仮泊〜      〜03.08 0736 仮泊地発〜      〜03.08 モタ船団から分離、「正島丸」「朝鳥丸」を厦門まで護衛〜      〜03.10 船団と分離〜      〜03.10 1852(N25.11-E120.23)淡水港仮泊〜      〜03.11 0655 仮泊地発〜      〜03.11基隆 20.03.--:艦隊区分:隊番号:40、艦船番号(26) 20.03.12:糧食搭載 20.03.13:下士官、兵15名便乗 20.03.13:(タモ48船団護衛)基隆〜      〜03.13 1646 仮泊〜      〜03.14 0209 仮泊地発〜      〜03.15 0200 仮泊〜      〜03.15 0825 仮泊地発〜      〜03.15 2350(N27.63-E121.21)北龍山(東瓜崎)仮泊〜      〜03.16 0630 仮泊地発〜      〜03.16 2029(N29.00-E121.58)三門湾仮泊〜       〜03.17 0700 仮泊地発〜      〜03.17 1624(N30.13-E122.23)舟山島東方仮泊〜      〜03.18 0653 仮泊地発〜      〜03.18 2035(N30.45-E122.22)北鼎新仮泊〜      〜03.19 0631 仮泊地発〜      〜03.19 0728 浮流機雷発見〜      〜03.19 0740 浮流機雷処分〜      〜03.19 0940 浮流機雷発見〜      〜03.19 0950 浮流機雷処分〜      〜03.20 1925(N34.32-E125.59)珍島仮泊〜      〜03.21 0628 仮泊地発〜      〜03.21 1838(N34.49-E127.18)巨済島仮泊〜      〜03.22 0628 仮泊地発〜      〜03.22 1954 六連(六連灯台120度1浬)仮泊〜      〜03.23 0626 仮泊地発〜      〜03.23門司(第七岸壁繋留) 20.03.23:糧食搭載、下士官、兵5名乗艦 20.03.25:軍隊区分:AS三作戦部隊第一哨戒部隊 20.03.25:門司〜哨区〜      〜03.26 0816 光島丸船団を認め反転同航〜      〜03.26 2246 仮泊(豆酸崎51度2,300m)〜      〜03.27 1300 仮泊地発〜      〜03.27豆酸湾 20.03.29:豆酸湾〜03.30勝本港(若宮島台の10度1.3浬) 20.03.30:勝本港〜03.31鎮海(K一浮標前後部繋留) 20.03.31:清水、重油搭載 20.04.01:整備補給 20.04.02:鎮海〜      〜04.02 1635 豆酸湾仮泊〜      〜04.05 0827 仮泊地発〜      〜04.06 対潜掃蕩〜      〜04.07 1207 鶏知湾仮泊〜      〜04.07 1800 仮泊地発〜      〜04.08 0823 的山大島仮泊〜      〜04.08 1803 仮泊地発、哨戒〜      〜04.09 0728 的山大島仮泊〜      〜04.09 1329 仮泊地発〜      〜04.09佐世保 20.04.10:清水搭載20t、糧食搭載 20.04.11:糧食搭載 20.04.12:軍隊区分:第一哨戒部隊電令作第1号:第一掃蕩隊 20.04.12:佐世保〜      〜04.12 1321 的山大島仮泊〜      〜04.12 1859 仮泊地発〜      〜04.13 0023(N33.38-E125.23)潜水艦らしきものを探知〜      〜04.13 0025 戦闘爆雷戦、使用爆雷10個〜      〜04.13豆酸湾 20.04.18:第一哨戒部隊電令第2号:      2.本日1800より明日0600迄哨戒要領を左の通り定む        第一掃蕩隊 N哨区        各隊南北に移動哨戒2100、0300各哨区の北端に在る如く行動す 20.04.18:豆酸湾〜哨戒〜04.18豆酸湾 20.04.20:豆酸湾〜哨戒〜      〜04.21 0342 戦闘爆雷戦、使用爆雷20個〜      〜04.21鎮海 20.04.21:清水搭載 20.04.21:鎮海〜      〜04.21 1906 豆酸湾仮泊〜      〜04.23 0855 仮泊地発〜      〜04.23 1147 豆酸湾仮泊〜      〜04.24 0925 仮泊地発〜
20.04.25:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第一海防隊 20.04.25:海防隊編制:内令第356号:第一海防隊      〜04.25 0720 戦闘爆雷戦、使用爆雷21個〜      〜04.26 1418 戦闘爆雷戦、使用爆雷9個〜      〜04.27 0719 的山仮泊      〜04.27 0958 仮泊地発〜      〜04.27 1127 伊万里仮泊      〜04.29 1754 仮泊地発〜      〜04.30 0820 的山仮泊 20.05.01:海防艦長:海軍少佐 澁谷 政光 20.05.01:0531 教練射撃      糧食、爆雷搭載 20.05.01:的山〜      〜05.01 1916 教練水上戦闘〜      〜05.02勝本 20.05.04:勝本〜      〜05.04 1458 浮流機雷発見〜      〜05.04 1520 浮流機雷処分〜      〜05.04郷ノ浦 20.05.05:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第50号(05.01附):鮮南哨戒部隊第一哨戒部隊 20.05.14:郷ノ浦〜      〜05.14 1830 浮流機雷発見〜      〜05.14 1905 浮流機雷処分〜      〜05.15的山浦 20.05.15:的山浦〜05.15伊万里湾 20.05.18:生糧品及び真水搭載 20.05.18:伊万里湾〜05.18的山浦 20.05.26:第一哨戒部隊信電令作第1号:      4.第一掃蕩隊は現場に急行、新南、第三十九號海防艦と交代、敵潜掃蕩 20.05.26:的山浦〜      〜05.27 0530 浮流機雷発見〜      〜05.27 0557 浮流機雷処分〜      〜05.27 1839 浮流機雷発見〜      〜05.27 1950 浮流機雷処分〜      〜05.28 1901 教練水上戦闘〜      〜05.29的山浦 20.05.29:的山浦〜      〜05.29 1906 教練水上戦闘〜      〜05.30對馬 20.05.31:對馬〜      〜05.31 0910 浮流機雷発見〜      〜05.31 0950 浮流機雷処分〜      〜05.31鎮海 20.05.31:清水搭載 20.06.01:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第72号(05.27附):黄海方面護衛部隊 20.08.25:役務:内令第747号:第一豫備海防艦 20.09.15:戦時編制:呉鎮守府部隊 20.11.01:海防艦長:海軍大尉 山崎 俊夫 20.11.30:帝國海軍編制より除く(第281840番電にて予定) 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、呉地方復員局所管 20.12.01:所属:内令第7号:呉地方復員局 20.12.01:艦長:第二復員官 山崎 俊夫 20.12.15:艦長:第二復員官 上野 忠弘 20.12.20:内令第12号:「海第七十六號」と呼称 21.02.01:所属:内令第20号:佐世保地方復員局 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.04.05:艦長:第二復員事務官 河島 義夫 21.05.10:所属:内令第66号:大湊地方復員局 21.06.15:艦長:復員事務官 河島 義夫 21.09.01:移籍:復二第210号:特別輸送艦、呉地方復員局所管 21.09.05:復二第230号:特別保管艦に指定(09.01附) 21.10.08:艦長:復員事務官 最上 暢雄 21.11.18:艦長:復員事務官 有留 喜郎 22.01.28:艦長:復員事務官 田中 常治 22.02.01:復二第85号:横須賀地方復員局所管に改む 22.07.10:艦長:復員事務官 有留 喜郎
22.08.28:除籍:復二第605号

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十六號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.29)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.29)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2360)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る