第三十六號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.03.20:起工、仮称艦名:第2718號艦 19.06.05:命名:達第181号:「第三十六號海防艦」 19.06.05:類別等級制定:内令第738号:種別:海防艦、艦型:第二號型 19.06.05:本籍仮定:内令第734号:呉鎮守府 19.09.16:進水 19.09.30:艤装員長:海軍大尉 檜尾 忠一 19.10.21:竣工、艤装員事務所を撤去 19.10.21:本籍:内令第1206号:呉鎮守府、役務:警備海防艦 19.10.21:海防艦長:海軍大尉 檜尾 忠一
19.10.21:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.11.01:海防艦長:海軍少佐 檜尾 忠一
19.12.28:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.01.--:艦隊区分:隊番号:20、艦船番号:(20) 20.01.01:(モタ30船団護衛)門司〜01.04泗礁山01.07〜      〜01.08 1--0(N24.59-E120.25)「久川丸」被雷小破〜      〜01.08 1830(N24.50-E120.35)「辰洋丸」被雷沈没〜      〜01.08 2132(N24.34-E120.37)「安洋丸」被雷沈没〜      〜01.08 2231(N24.30-E120.35)海軍配當船滿珠丸」被雷小破〜      〜01.08 敵潜掃蕩〜      〜01.09 船団捜索〜      〜01.10馬公 20.01.--:入渠修理 20.01.14:馬公〜      〜01.16 1800 タモ37船団に合同護衛〜      〜01.17七口洋 20.01.17:七口洋〜      〜01.18 1430 「第二十一號掃海艇」、陸軍徴傭船伯剌西爾丸」、同「大威丸」と合同〜      〜01.18 1510 「第二十一號掃海艇」は船団を追及〜      〜01.18黒牛湾
20.01.20:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第十一海防隊 20.01.20:艦隊区分:第十一海防隊、隊番号:(12) 20.01.20:海防隊編制:内令第52号:第十一海防隊 20.01.20:(「伯剌西爾丸」「大威丸」護衛)黒牛湾〜01.22泗礁山 20.01.22:(タモ37B船団護衛)泗礁山〜01.24馬路海01.25〜01.25麗水01.26〜01.26鎮海01.28〜      〜01.29六連 20.01.29:六連〜01.29呉 20.01.--:修理 20.02.03:呉〜02.03因島 20.02.03:因島造船所にて入渠、船体兵器機関の修理整備中(02.10まで) 20.02.11:因島〜02.11呉 20.02.11:呉海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備中(02.04まで) 20.02.18:呉〜02.18門司 20.02.20:(モユ01船団護衛)門司〜02.21麗水02.21〜02.25白犬列島02.25〜02.27大潭湾02.28〜      〜03.01 0813 濃霧並に敵機に依る霧中爆撃に依り船団と分離〜      〜03.01 1441 碯州島に避泊〜      〜03.02 1306 避泊地発〜      〜03.02 ---- 船団に合同〜      〜03.03楡林 20.03.03:1100 海軍配當船東亞丸」に横付け、重油搭載75t 20.03.--:艦隊区分:第十一海防隊、隊番号:25 20.03.04:1410 清水搭載30t      1915 内港陸岸に転錨、重油搭載 20.03.05:午前 離岸、外港に転錨 20.03.06:1315 対空戦闘:高角砲41發、機銃243発発射 20.03.08:(ユモ01船団護衛)楡林〜      〜03.08 0940 船団と合同〜      〜03.08 1955 「第六十九號海防艦」被爆、機械室満水、航行不能〜      〜03.08 2000 特設運送船辰宮丸」は大花角に避退〜      〜03.09 0640 「第六十九號海防艦」を曳航開始〜      〜03.09大沙島 20.03.09:特設運送船「辰宮丸」と会合 20.03.10:午前 特設驅潜艇第二鈴谷丸」入港      「第六十九號海防艦」より爆雷補給 20.03.11:未明 「第二十一號驅潜艇」入港      1900 B29 1機と対空戦闘:高角砲11発、機銃538発、迫撃砲2発発射 20.03.11:(ユモ01船団護衛)大沙島〜      〜03.13 1035 大潭湾仮泊〜      〜03.13 1045 B29 1機と対空戦闘:高角砲4発発射〜      〜03.13 1120 仮泊地発〜      〜03.13香港 20.03.13:清水搭載20t 20.03.14:(ユモ01船団護衛)香港〜      〜03.15 0825 B24 1機来襲〜      〜03.15 1000(N23.03.E116.52)南澳島南側にてB25 8機来襲、対空戦闘             「第二十一號驅潜艇」被爆中破      〜03.15 1030 本艦被爆小破〜      〜03.17 1300 B29 1機来襲〜      〜03.18 1815 泗礁山仮泊〜      〜03.21 1600 転錨〜      〜03.21 2030 北鼎新仮泊〜      〜03.22 0600 仮泊地発〜      〜03.25六連 20.03.26:六連〜03.26門司(七号岸壁横付け) 20.03.26:重油補給24t 20.03.26:門司〜03.27恵美須湾03.27〜03.27佐世保(コ6繋留) 20.03.28:0600 爆雷陸揚げ      0910 佐世保海軍工廠第五船渠にて入渠、諸修理工事 20.03.30:三式爆雷投下装置改造、石炭庫拡大修理(04.03まで) 20.04.01:四、五番機銃中間防弾鈑新設(04.02まで)、機銃弾による破孔修理(04.03まで) 20.04.04:1030 出渠、第四岸壁に横付け 20.04.05:午後 弾薬、爆雷搭載 20.04.06:佐世保〜自差修正〜04.06佐世保沖(十五番浮標) 20.04.09:コ六番浮標に繋留 20.04.10:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第37号:AS三部隊第二哨戒部隊 20.04.11:午前 重油搭載150t 20.04.12:午前 清水搭載20t 20.04.13:午後 重油搭載40t 20.04.14:午前 清水搭載 20.04.16:午後 清水搭載      1840 出撃の為、沖に転錨 20.04.17:佐世保〜      〜04.17 0830 敵潜探知、二式爆雷改一6個投射〜      〜04.17巨文島 20.04.19:軍隊区分:第一護衛艦隊第190059番電:第二哨戒部隊より除く 20.04.22:巨文島〜04.23青島(内港仮泊) 20.04.24:午前 青島一番埠頭に横付け 20.--.--:青島〜05.21大湊 20.05.30:宗谷防備部隊電令作第15号:機密第300331番電:       擇捉は第三十六號海防艦を指揮し準備出来次第出港「チ」船団攻撃の敵潜制圧に任ずべし 20.06.26:軍隊区分:北東部隊電令作第160号:第一掃蕩隊 20.08.25:役務:内令第747号:第一豫備海防艦 20.10.20:海防艦長:欠員 20.11.25:海防艦長:海軍大尉 伊藤 年典 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第6号:特別輸送艦、呉地方復員局所管 20.12.01:艦長:第二復員官 伊藤 年典 20.12.20:内令第12号:「海第三十六號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.04.01:艦長:第二復員事務官 伊藤 年典 21.06.15:艦長:復員事務官 伊藤 年典 21.12.10:復二第448号:特別保管艦に指定 22.01.20:艦長:欠員 22.02.01:復二第85号:横須賀地方復員局所管に改む
22.07.19:除籍:復二第539号

同型艦

 第二號第四號第六號第八號第十號第十二號第十四號第十六號第十八號第二十號第二十二號第二十四號第二十六號第二十八號第三十號第三十二號第三十四號第三十八號第四十號第四十二號第四十四號第四十六號第四十八號第五十號第五十二號第五十四號第五十六號第五十八號第六十號第六十二號第六十四號第六十六號第六十八號第七十號第七十二號第七十四號第七十六號第七十八號第八十號第八十二號第八十四號第百二號第百四號第百六號第百十二號第百十六號第百十八號第2761號艦第百二十四號第百二十六號第百三十號第百三十二號第百三十四號第百三十八號第百四十二號第百四十四號第百五十號第百五十四號第百五十六號第百五十八號第百六十號第百八十六號第百九十號第百九十二號第百九十四號第百九十六號第百九十八號第二百號第二百二號第二百四號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2349)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る