滿珠丸の船歴

 年 月 日:船歴

T09.12.20:起工 T10.07.23:進水、命名:滿珠丸 T09.09.02:竣工、船主:帝國石油株式會社、船籍港:山口縣徳山、登録吃水:7.7
T--.--.--:満州〜北米加州航路 T11.12.08:船主:旭石油株式會社に変更 02.08.07:徳山燃料廠突堤からの離岸作業中、強風に流され浮標附近に座州 05.   〜06.30オハ 05.07.01:2000 重油8,236t搭載開始 05.07.06:0000 重油8,236t搭載終了 05.07.06:オハ〜      〜07.24オハ 05.07.25:1305 重油7,754t搭載開始 05.07.26:1840 重油7,754t搭載終了 05.07.26:オハ〜      〜08.15オハ 05.08.16:0800 重油7,024t搭載開始 05.08.17:1200 重油7,024t搭載終了 05.08.18:オハ〜 06.--.--:船籍港:東京に変更 10.--.--:登録吃水:8.0に変更 13.--.--:〜09.09旅順09.11〜 16.--.--:〜08.08四日市
16.08.08:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管 16.08.09:四日市〜08.10横須賀 16.08.12:横須賀〜川崎〜片岡湾〜08.28大泊08.29〜08.31ナピリスキー09.12〜      〜09.18徳山09.21〜鹿川〜呉 16.09.24:解傭
16.11.03:徴傭通知:兵備三機密第1346号 16.11.07:徴傭:一般徴傭船(給油船) 16.11.08:呉〜鹿川〜函館〜小樽〜四日市〜下津〜馬公〜高雄〜大連〜徳山〜下松〜      〜馬公〜01.24呉
16.12.01:入籍:内令第1573号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
16.12.01:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.01.27:呉〜02.08トラック02.13〜02.18パラオ02.21〜      〜02.28(N29.44-E137.56:米側記録ではN29.15-E138.15)            米潜水艦"Narwhal"(SS-167)の雷撃を受け中破〜      〜03.02横須賀 17.04.24:横須賀〜04.27相生 17.04.28:株式會社播磨造船所で修理 17.08.01:船主:昭和石油株式會社に変更 17.09.30:修理完了 17.10.01:相生〜10.02呉 17.10.05:呉〜10.05広10.07〜10.08串本10.09〜10.10横浜 17.10.12:横浜〜10.13串本10.14〜10.15広10.19〜10.19徳山10.21〜10.21門司 17.10.22:門司〜10.27馬公11.02〜11.07聖雀11.10〜11.13昭南 17.11.19:昭南〜11.22聖雀11.22〜12.01馬公12.02〜12.09呉 17.12.15:呉〜12.19大連12.21〜12.24佐世保 17.12.27:佐世保〜12.31高雄01.05〜01.11聖雀 18.01.12:聖雀〜01.16パレンバン01.19〜01.21昭南 18.01.28:昭南〜02.01聖雀02.03〜02.10高雄02.11〜02.19呉 18.02.15:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(甲) --.--.--:船長:海軍嘱託 中河原 武市 18.02.20:呉〜02.21徳山02.23〜02.23呉 18.03.03:呉〜03.08大湊03.09〜03.09野内03.10〜03.15占守島片岡湾 18.03.16:---- 特設運送船帝洋丸」に一号重油3,799t補給      0725 巡洋艦「阿武隈」を横付け、燃料補給 18.03.17:片岡湾〜      〜03.21 0330(N41.37-E142.37)米潜水艦"Scamp"(SS-277)の雷撃を受ける、損害なし〜      〜03.21 0550(N41.40-E142.26)米潜水艦"Scamp"(SS-277)の雷撃を受け2本命中             機関室を大破、航行不能〜      〜03.21 1800 驅逐艦「沼風」により室蘭へ曳航開始〜      〜03.23 0130 伊達錨地(室蘭北北西)に投錨〜      〜03.25 錨地発       〜03.25室蘭 18.04.25:(特設運送船玉島丸」が曳航)室蘭〜04.26函館 18.04.--:函館船渠にて入渠、船体戦傷箇所修理 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37(08.31附解傭予定)
18.08.31:除籍:内令第1776号 18.12.11:解傭 18.12.11:中川原船長嘱託を解く
18.12.12:徴傭:船舶運營會海軍配當船、呉鎮守府所管 18.12.12:第26次海軍指定船 18.12.12:船長:森 助治郎 18.12.--:積荷 昆布68t 18.12.16:函館〜12.24呉 18.12.--:全揚、積荷 重油8,000t 19.01.13:呉〜01.20横須賀 19.01.--:全揚 19.02.01:横須賀〜      〜02.05 0250 備讃瀬戸牛島西方約1浬に於て特設病院船朝日丸」と衝突、船首材屈曲、浸水少量〜      〜02.07相生 19.02.--:入渠 19.03.03:播磨〜03.04大阪 19.03.--:積荷 重油8,000t 19.03.05:大阪〜03.11横須賀 19.03.--:揚荷 重油4,000t 19.03.14:横須賀〜03.14鶴見 19.03.--:揚荷 重油4,000t 19.03.17:鶴見〜03.18大阪 19.03.--:積荷 重油3,462t 19.03.20:大阪〜03.21呉 19.03.--:全揚 19.03.22:呉〜03.22徳山 19.03.--:積荷 重油8,000t 19.03.24:徳山〜03.29横須賀 19.03.--:全揚 19.04.01:横須賀〜04.03徳山 19.04.--:積荷 重油8,100t 19.04.05:徳山〜04.14横須賀 19.04.--:全揚 19.04.17:横須賀〜04.17横浜 19.04.--:修理 19.04.20:横浜〜      〜04.23 対潜戦闘〜      〜04.26佐世保 19.04.--:積荷 重油8,000t 19.04.28:佐世保〜04.29徳山 19.04.--:全揚 19.05.03:徳山〜05.04相生 19.05.--:修理 19.05.20:相生〜05.21徳山 19.05.--:積荷 重油8,000t 19.05.22:徳山〜05.27大湊 19.06.--:全揚 19.06.01:大湊〜06.05徳山 19.06.--:積荷 重油8,000t、空2,317個 19.06.07:徳山〜06.13横須賀 19.06.13:船主:日本油槽船株式會社に変更 19.06.--:全揚 19.06.17:横須賀〜06.24徳山 19.06.--:積荷 重油5,000t、空ドラム78個 19.06.28:徳山〜06.29呉 19.06.29:全揚 19.06.30:呉〜06.30徳山07.02〜07.05大湊07.08〜07.09小樽 19.07.11:(ラ303船団)小樽〜07.12稚内 19.07.13:(ラ303船団)稚内〜      〜07.16 北緯50度線付近にて「第二十三號掃海艇」が護衛終了〜      〜07.17オハ 19.07.--:積荷8,593t 19.07.25:オハ〜07.28稚内〜08.01大湊 19.08.04:大湊〜08.10稚内 19.08.10:(キラ003船団)稚内〜      〜08.12 1900 「まやち丸」が船団から分離〜      〜08.12 2323(N50.35-E144.03)海防艦m]」が敵浮上潜水艦、雷跡3本発見〜      〜08.12 2300 「まやち丸」被雷沈没〜      〜08.14オハ 19.08.--:積荷 オハ原油8,102t 19.08.18:オハ〜08.23小樽08.24〜08.25大湊 19.08.--:全揚 19.08.29:大湊〜09.04徳山 19.09.--:港内転送3,000t 19.09.--:積荷 重油2,000t、揮発油298tドラム入 19.09.11:徳山〜09.15大湊 19.09.--:揚荷 重油2,000t 19.09.18:大湊〜09.18函館 19.09.--:揚荷 揮発油298t 19.09.21:函館船渠にて入渠、汽機缶取替 19.11.28:出渠 19.12.--:積荷 重油1,200缶(ドラム入)、木炭2,500俵 19.12.04:函館〜12.06新潟 19.12.--:全揚 19.12.09:新潟〜12.10舞鶴 19.12.10:積荷 泥油1,000t 19.12.11:積荷 泥油1,564t 19.12.12:積荷 泥油108t 19.12.13:舞鶴〜12.15下松 19.12.--:全揚 19.12.18:下松〜12.18徳山12.18〜12.19呉 19.12.--:積荷 セール油3,000t 19.12.24:呉〜12.26佐世保 19.12.--:全揚、積荷 工作機械200t、郵便物158t、便乗者154名 19.12.30:佐世保〜12.31六連 20.01.01:(モタ30船団)六連〜01.04泗礁山01.07〜      〜01.08 1--0(N24.59-E120.25)「久川丸」被雷小破〜      〜01.08 1830(N24.50-E120.35)「辰洋丸」被雷沈没〜      〜01.08 2132(N24.34-E120.37)「安洋丸」被雷沈没〜      〜01.08 2315(N24.27-E120.30)台湾西岸大安港北西10km付近にて米潜水艦"Picuda"(SS-382)の             雷撃を四、五、六番艙に受ける〜      〜01.09 0040 大安海岸に擱坐〜      〜01.20 ---- 空爆を受け爆弾命中、炎上、船体沈下、救助不可能となる
20.01.20:全損 --.--.--:解傭
喪失場所:大安海岸 喪失原因:米第38機動部隊の空爆

同型船

 橘丸、干珠丸。

兵装

 八糎砲、機銃、小銃、爆雷

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.288)

図面資料

 JACAR:C08021561700

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る