朝日丸の船歴

 年 月 日:船歴

T03.09.--:起工 T03.11.28:進水、命名:Dante Alighieri T04.02.--:竣工、船主:Transatlantica Italiana Societa Anonima di Navigazione
T04.02.10:ジェノバ〜Palermo〜ナポリ〜ニューヨーク 02.10.--:ジェノバ〜Palermo〜ナポリ〜11.05ニューヨーク11.15〜リスボン〜ナポリ〜ジェノバ 03.--.--:近海郵船株式會社が購入、「朝日丸」と改名。登録純噸数:5,653 03.07.23:神戸〜基隆 05.--.--:登録純噸数:5,645に変更 10.01.05:神戸〜(出帆表) 10.01.19:神戸〜(出帆表) 10.02.02:神戸〜(出帆表) 10.02.16:神戸〜(出帆表) 10.03.02:神戸〜(出帆表) 10.03.16:神戸〜(出帆表) 10.03.30:神戸〜(出帆表) 10.04.12:神戸〜(出帆表) 10.04.27:神戸〜(出帆表) 10.06.07:神戸〜(出帆表) 10.07.04:神戸〜(出帆表) 10.07.19:神戸〜(出帆表) 10.08.02:神戸〜(出帆表) 10.08.16:神戸〜(出帆表) 10.08.30:神戸〜(出帆表) 10.09.14:神戸〜(出帆表) 10.09.28:神戸〜(出帆表) 10.10.10:神戸〜(出帆表) 10.10.24:神戸〜(出帆表) 10.11.05:神戸〜(出帆表) 10.11.19:神戸〜(出帆表) 10.12.02:神戸〜(出帆表) 10.12.16:神戸〜(出帆表) 10.12.30:神戸〜(出帆表)
12.08.17:徴傭 12.08.17:入籍:内令第487号:特設病院船、呉鎮守府所管
12.08.17:呉海軍工厰にて艤装工事開始 12.08.17:病院長:海軍軍医大佐 若生 良穂 12.08.18:内令第488号:呉鎮守府所属 12.08.25:工事完了 12.08.25:呉〜08.27呉淞08.29〜08.30呉 12.09.01:呉〜泗礁山09.03〜09.08呉
12.09.05:内令第577号:第三艦隊所属 12.09.09:呉〜中支方面〜09.17呉 12.09.19:呉〜09.27石洞口沖09.28〜09.30佐世保 12.10.01:佐世保〜10.17呉淞沖10.18〜10.20佐世保
12.10.20:内令第734号:支那方面艦隊所属 12.10.22:佐世保〜 12.11.10:呉淞〜 12.11.13:呉淞〜11.16呉 12.11.22:佐世保〜11.24上海11.24〜11.27呉 12.11.29:呉〜中支方面〜12.04佐世保 12.12.05:佐世保〜中支方面〜12.10佐世保 12.12.12:佐世保〜中支方面〜12.17呉 12.12.26:馬公〜12.27銅澳島12.28〜01.02佐世保 13.01.05:長崎〜中支方面〜01.09佐世保 13.01.23:佐世保〜中支方面〜01.29佐世保 13.02.14:佐世保〜中南支方面〜02.24馬公02.26〜中支方面〜03.04佐世保 13.03.25:支那方面艦隊附属第二特務隊 13.03.26:定期検査及び設備改善のため神戸三菱造船所第一岸壁に係留中横転 13.05.03:浮揚 13.06.09:修理完了 13.06.09:神戸〜呉06.12〜上海〜07.15佐世保 13.07.17:佐世保〜07.22後澳〜07.26馬公07.26〜南支方面〜07.29基隆 13.07.30:基隆07.30〜中支方面〜08.07佐世保 13.08.22:佐世保〜中支方面〜09.06佐世保 13.09.07:佐世保〜中支方面〜09.28佐世保 13.10.01:佐世保〜中支方面〜10.15佐世保 13.10.18:佐世保〜南支方面〜11.02馬公〜基隆11.05〜中支方面〜11.25佐世保 13.11.15:病院長:海軍軍医大佐 上原 純之助 13.12.09:佐世保〜道令島 13.12.16:0845-0920 特設砲艦でりい丸」の左舷に横付け 13.12.--:道令島〜12.25旅順 14.01.01:佐世保〜南支方面〜01.13馬公01.16〜中支方面〜01.24佐世保 14.01.29:入渠 14.02.05:佐世保〜02.14三亞02.20〜02.25馬公02.27〜南支方面〜03.02基隆 14.03.03:基隆〜中支・北支方面〜03.14旅順 14.03.20:佐世保〜中支方面〜04.12佐世保 14.04.20:呉〜南支方面〜05.14馬公05.17〜南支方面〜05.22佐世保 14.05.30:佐世保〜06.01上海〜北支方面〜06.12佐世保 14.06.20:馬公〜南支方面〜07.01基隆 14.07.04:基隆〜南支方面〜07.16馬公07.19〜上海 14.07.31:転錨 14.08.01:上海〜08.03佐世保 14.08.11:呉〜08.14上海〜09.04基隆09.08〜南支・中支方面〜09.20高雄 14.09.25:馬公〜中支方面〜10.06佐世保 14.09.08:船主:日本郵船株式會社に変更 14.11.09:佐世保〜中支・北支方面〜11.17佐世保 14.11.19:佐世保〜中支・北支方面〜11.26佐世保 14.11.15:病院長:海軍軍医大佐 田邊 優 14.12.07:基隆〜南支方面〜12.18高雄〜馬公12.22〜南支・中支方面〜12.28佐世保 15.01.14:佐世保〜中支方面〜01.22基隆 15.01.23:基隆〜南支方面〜02.09馬公02.11〜中支方面〜02.18佐世保 15.02.26:基隆〜南支方面〜03.27高雄〜基隆04.13〜南支方面〜05.10佐世保 15.05.15:佐世保〜中支方面〜05.22佐世保 15.06.09:基隆〜南支方面〜07.02馬公07.02〜南支方面〜07.06佐世保 15.07.10:佐世保〜中支方面〜07.17佐世保 15.07.25:基隆〜南支方面〜08.19馬公08.21〜南支方面〜08.27佐世保 15.09.12:佐世保〜北支方面〜09.19旅順 15.10.01:基隆〜南支方面〜10.09高雄〜馬公10.11〜南支方面〜10.15佐世保 15.10.19:佐世保〜中支方面〜10.24佐世保 15.10.26:佐世保〜中支方面〜10.31佐世保 15.11.04:佐世保〜中支方面〜11.09佐世保 15.11.15:戦時編制:聯合艦隊附属 15.11.15:病院長:海軍軍医大佐 杉村 好次 15.11.15:船長:海軍嘱託 野田 俊彦(部内限り奏任官待遇) 15.--.--:横浜船渠で改造修理、ダミー煙突撤去 15.11.--:医療任務、防疫、患者輸送 16.01.14:横須賀〜南洋方面〜02.16横須賀 16.02.25:横須賀〜南支方面〜03.03高雄 16.06.06:佐世保〜06.22馬公06.24〜07.01高雄〜馬公08.17〜08.26佐世保 16.09.20:病院長:海軍軍医大佐 神立 金作 16.09.29:佐世保〜南支方面〜10.12馬公10.15〜中支・南支方面〜10.23佐世保 16.12.01:(現在)軍隊区分:南方部隊付属 16.12.01:別府〜12.01佐伯 16.12.02:清水250t搭載 16.12.03:佐伯〜12.09パラオ 16.12.23:官房第6649号:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼(JACAR:B02032923100) 17.01.02:第一砲艦隊に治療品補給 17.01.04:パラオ〜01.06ダバオ 17.01.10:巡洋艦「足柄」に治療品補給 17.01.12:特設運送船千光丸」その他に治療品補給 17.01.14:巡洋艦「足柄」その他に治療品補給 17.01.14:特設運送船五隆丸」より清水350t搭載 17.01.16:巡洋艦「那珂」その他に治療品補給 17.01.17:飛行艇不時着につき救助艇派遣 17.01.17:第二十四驅逐隊その他に治療品補給 17.01.--:特設運送船厚生丸」より生糧品6t搭載 17.01.19:特設運送船東京丸」より治療品受領 17.01.19:第二十四驅逐隊その他に治療品補給 17.01.20:第一砲艦隊その他に治療品補給 17.01.22:特設運送船霧島丸」に治療品補給 17.01.23:特設敷設艦日祐丸」その他に治療品補給 17.01.25:特設運送船第五日の丸」に治療品補給 17.01.28:第五十四驅潜隊その他に治療品補給 17.01.28:清水275t搭載 17.01.29:「第三十八號哨戒艇」その他に治療品補給 17.01.29:特設運送船朝山丸」より清水125t搭載 17.01.31:潜水母艦「長鯨」に治療品補給 17.02.04:第一砲艦隊に治療品補給 17.02.05:ダバオ〜02.11佐世保 17.02.11:清水230t搭載 17.02.12:佐世保〜02.13柱島02.14〜02.14呉 17.02.14:石炭130t、清水275t搭載 17.02.--:煙突赤十字照明用投光器位置変更、2km信号灯新設、防雷具搭載(未完成) 17.02.15:石炭200t、2600t搭載 17.02.16:石炭360t搭載 17.02.17:氷15t、石炭450t、清水150t、酒保物品搭載 17.02.18:石炭400t、清水300t搭載 17.02.19:石炭360t、治療品、糧食搭載 17.02.20:清水200t、治療品、糧食搭載、戦艦「榛名」「金剛」行弾薬360発搭載 17.02.21:呉〜02.21臼杵02.22〜02.27ダバオ03.01〜03.02メナド03.02〜03.04スターリング湾 17.03.05:特設航空機運搬艦慶洋丸」その他に治療品補給 17.03.06:運送艦伊良湖」に治療品補給 17.03.08:巡洋艦「高雄」その他に治療品補給 17.03.08:清水20t搭載 17.03.09:特設航空機運搬艦葛城丸」その他に治療品補給 17.03.09:石炭150t搭載 17.03.10:運送艦「伊良湖」より生糧品搭載、石炭250t搭載 17.03.11:石炭25t搭載 17.03.12:石炭25t搭載 17.03.12:戦艦「榛名」その他に治療品補給 17.03.13:石炭100t搭載 17.03.13:戦艦「霧島」その他に治療品補給 17.03.14:「第十七號驅潜艇」その他に治療品補給 17.03.16:スターリング湾〜03.17マカッサル 17.03.18:清水200t搭載 17.03.19:清水300t搭載 17.03.19:巡洋艦「長良」その他に治療品補給 17.03.20:清水300t搭載 17.03.12:特設運送船球磨川丸」その他に治療品補給 17.03.24:特設運送船「厚生丸」より患者用氷5t搭載 17.03.24:マカッサル〜      〜03.26 0753 英軍機1機により爆撃を受け、爆弾5発左舷後方100mに着弾〜      〜03.26チモール島クーパン 17.03.27:爆撃を受け、右舷真横700mに数個着弾 17.03.27:特設運送船夕張丸」の遭難者救助 17.03.27:クーパン〜03.29マカッサル 17.04.04:03.26に英軍機により爆撃を受けたことに対して抗議提出 17.04.04:石炭50t、清水250t搭載 17.04.05:石炭50t搭載 17.04.07:清水100t搭載 17.04.08:清水70t、石炭搭載 17.04.09:水雷艇眞鶴」に治療品補給 17.04.10:軍隊区分:主力部隊付属 17.04.10:清水120t搭載 17.04.12:マカッサル〜04.13バリックパパン04.14〜04.15タラカン04.16〜04.18ダバオ04.18〜04.22高雄 17.04.20:艦本機密第3号4092:電気兵器新設通牒 17.04.22:清水200t搭載 17.04.23:官房機密第4974号:造水装置装備訓令 17.04.23:清水591t、石炭300t搭載 17.04.25:高雄〜04.25馬公04.25〜04.28佐世保04.29〜04.30柱島04.30〜04.30呉港外05.01〜05.01呉 17.04.27:官房機密第5111号:小防雷具装備訓令 17.05.01:官房機密第5752号:十四米特型運貨船搭載訓令 17.05.01:清水150t搭載 17.05.02:清水150t、石炭150t搭載 17.05.03:糧食搭載 17.05.03:呉〜05.04相生 17.05.04-05.24:      煙突赤十字灯位置変更(煙突照明電灯撤去、煙突直後部に夜間専用赤十字照明装置新設)      舷側赤十字模様替(赤十字2個)      伝染病室中、小室模様替      外来歯科室模様替      死体焼却炉新設      蒸化器換装      十四米特型運貨船搭載(未完了)      防雷具搭載 17.05.06:清水60t搭載 17.05.07:陸岸繋留 17.05.08:清水60t搭載 17.05.09:清水75t搭載 17.05.12:艦本機密第4号4872:デリック装置新設通牒 17.05.14:株式會社播磨造船所第二船渠に入渠 17.05.16:清水300t搭載 17.05.17:清水375t搭載 17.05.18:清水70t搭載 17.05.19:出渠、陸岸繋留 17.05.20:清水220t搭載 17.05.22:清水570t搭載 17.05.24:相生〜05.25呉 17.05.25:清水150t、酒保物品搭載 17.05.26:貯蔵品18,000t、治療品搭載、清水150t、石炭220t、酒保物品搭載 17.05.27:生糧品150t、石炭450t、清水300t搭載 17.05.28:氷10t、燃料104缶、石炭500t搭載 17.05.29:清水600t、石炭550t、治療品搭載 17.05.30:清水300t、石炭700t搭載 17.05.31:石炭175t搭載 17.05.31:呉〜06.10トラック 17.06.12:清水155t搭載 17.06.13:清水180t搭載 17.06.18:特設運送船淀川丸」より石炭250t搭載 17.06.19:特設運送船「淀川丸」より石炭350t搭載 17.06.20:トラック〜06.22大宮島 17.06.23:清水250t搭載 17.06.23:大宮島〜06.28柱島06.28〜06.28呉 17.07.02:清水150t搭載 17.07.03:燃料、酒保物品搭載 17.07.05:清水280t、石炭270t搭載 17.07.06:清水265t、石炭350t、治療品搭載 17.07.07:清水290t、石炭400t搭載 17.07.08:清水100t、石炭430t搭載 17.07.09:清水100t搭載 17.07.13:治療品、酒保物品、糧食搭載 17.07.14:十四米特型運貨船搭載工事完了 17.07.14:呉海軍病院より別府海軍病院への転院患者102名収容 17.07.14:呉〜07.14亀川 17.07.14:呉海軍病院より別府海軍病院への転院患者102名下船 17.07.16:亀川〜07.17柱島 17.07.19:巡洋艦「愛宕」に治療品補給 17.07.20:巡洋艦「摩耶」に治療品補給 17.07.27:運送艦間宮」より生糧品1435t搭載 17.08.05:柱島〜08.05呉 17.08.05:清水150t搭載 17.08.06:清水150t搭載 17.08.07:清水150t搭載 17.08.08:清水220t搭載 17.08.09:清水300t搭載 17.08.10:治療品搭載 17.08.10:艦本機密兵電第691号:治療品補給倉庫新設に伴う電気兵器供給通牒 17.08.11:清水260t搭載 17.08.20:酒保物品搭載 17.08.21:貯蔵品5t搭載 17.08.22:清水280t、燃料、酒保物品搭載 17.08.23:清水270t、石炭380t搭載 17.08.24:石炭420t搭載 17.08.26:清水230t搭載 17.08.27:氷15t搭載、転錨 17.08.28:清水100t、糧食10t搭載 17.08.--:軍用冷蔵庫用冷却機新設工事完了 17.08.29:呉〜09.04ダバオ 17.09.05:清水60t、石炭50t搭載 17.09.06:清水70t、石炭150t搭載 17.09.07:ダバオ〜09.08メナド 17.09.09:清水60t搭載 17.09.09:メナド〜09.11アンボン 17.09.11:清水230t搭載 17.09.12:アンボン〜09.13ケンダリー09.14〜09.16クーパン09.16〜09.18マカッサル 17.09.19:清水750t、石炭180t搭載 17.09.20:清水270t搭載 17.09.21:清水328t搭載 17.09.21:マカッサル〜09.23バリックパパン 17.09.23:石炭75t搭載 17.09.24:石炭225t搭載 17.09.25:石炭170t搭載 17.09.27:バリックパパン〜09.29スラバヤ港外09.30〜09.30スラバヤ 17.09.30:清水200t、石炭100t搭載 17.10.03:スラバヤ〜昭南〜西貢〜11.01呉 17.11.--:病院長:海軍軍医大佐 小形 治郎 17.11.10:呉〜      〜11.10 敷設艇那沙美」が護衛〜       〜11.22カビエン〜12.07呉 17.12.16:呉〜01.19呉 18.02.03:呉〜03.20呉 18.04.02:呉〜05.04呉 18.05.13:呉〜サイパン〜07.01呉 18.10.01:呉海軍工廠にて艤装工事開始 18.11.07:艤装工事完了
18.11.10:移籍:内令第2382号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
18.11.10:戦時編制:呉鎮守府配属、特設運送船(乙) 18.11.10:機関換装、定例検査、改造工事 18.11.28:工事完了 18.11.28:呉〜11.29関門〜佐世保〜高雄 18.12.19: (ヒ24船団)昭南〜01.04佐世保〜01.07大阪 19.01.07:日立造船株式會社本社造船所にて修理工事(01.08まで) 19.01.09:大阪〜三池〜01.13佐世保 19.01.19;佐世保〜上海〜青島〜02.04呉 19.02.04:呉〜      〜02.05 0250 備讃瀬戸牛島西方約1浬に於て海軍配當船滿珠丸」と衝突、             幅約0.8m水線下約5mに至り破孔を生じ、機械室に浸水〜      〜02.05 ---- 沖ノ洲東北端に任意擱坐、右舷約3度後方約20度傾斜〜      〜02.05 ---- 機械室後方各船艙及同室前方缶室に満水、前方各船艙にも徐々に浸水 19.02.06:「海元丸」来着、救難作業開始 19.02.19:船体に亀裂発生 19.02.24:船体放棄 19.02.27:搭載貨物引き揚げ 19.04.29:搭載貨物引き揚げ完了
19.07.15:除籍:内令第868号 19.12.01:解傭
喪失場所:N34.21-E133.46 瀬戸内牛島の西 2km付近 喪失原因:「滿珠丸」と衝突、大破

同型船

 大和丸(ex-Giuseppe Verdi)。

兵装

 なし

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.37)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1968年6月号「渡辺進コレクションから」(P.74)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1995年11月号(P.142)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.173)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.245)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1981年10月号「日本商船隊の懐古 No.28」山田早苗
 雑誌「丸エキストラ戦史と旅」4 潮書房
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十八巻(P.77)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.241) 
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2986-2988)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.122)
 "Australian War Memorial", ID No. 302793
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.13)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.56)
 アジア歴史資料センター(Ref. C08030763000)
 "毎日フォトバンク"(00041550,0053102)

前の船へ ← 特設病院船 → 次の船へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る