橘丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.10.22:起工 10.03.22:進水、命名:橘丸 10.05.31:竣工、船主:東京灣汽船株式會社
10.05.31:船長:青木 吉蔵 10.05.31:神戸〜05.31鳥羽05.31〜06.01下田06.01〜06.01東京霊岸島 10.06.03:東京〜06.04伊豆大島06.04〜06.04下田06.04〜06.04伊豆大島06.04〜06.04東京 11.06.--:三菱神戸で入渠 11.--.--:神戸〜08.05恵美須湾08.05〜08.05佐世保 11.08.06:佐世保〜08.10佐世保
13.06.27:徴傭 13.06.29:入籍:内令第556号:特設病院船、呉鎮守府所管
13.06.29:病院長:海軍軍医中佐 田村 明 13.07.13:呉〜07.15呉淞〜07.17南京〜蕪湖〜安慶〜07.26九江〜07.27鄱陽湖 13.07.29:沈没 13.09.07:引揚 13.09.--:(被曳航)鄱陽湖〜09.11上海 13.09.--:江南造船所で応急修理 13.10.26:病院長:海軍軍医中佐 馬渕 渉 13.11.01:上海〜11.03呉 13.--.--:三菱神戸造船所にて復旧工事
13.11.08:除籍:内令第920号 14.03.02:解傭
喪失場所:陽湖付近(大孤山より西西北約1kmの地点) 喪失原因:カーチス・ホーク戦闘爆撃機による空爆
14.--.--:日清汽船が傭船  14.03.20:上海〜南京〜04.08漢口 14.04.11:漢口〜04.12蕪湖04.13〜05.25南京05.25〜蕪湖05.31〜06.07南京 14.06.07:南京〜06.20南京06.20〜06.26蕪湖06.26〜07.03南京〜08.21蕪湖 14.10.05:鎮江〜10.14鎮江〜10.22安慶 14.10.22:安慶〜10.27安慶10.27〜12.09鎮江12.09〜南京 14.12.16:南京〜12.17南京 14.12.17:南京〜 14.12.--:大島航路に復帰 17.08.28:船主:東海汽船株式會社に変更 --.--.--:船長:安田 喜四郎
18.03.16:徴傭:船舶運營會 18.03.16:芝浦〜03.18宇品 18.04.--:陸軍配當船として運航 18.04.30:(鹿6船団)鹿児島〜05.01名瀬05.01〜      〜05.02 那覇港外にて船団より分離〜       〜05.04高雄 18.05.--:高雄〜昭南 18.06.--:陸軍配當船として運航終了 18.07.--:陸軍配當船として運航 18.07.--:フィリピン及びビルマ訪日視察団及び一般人525名乗船 18.07.--:門司〜マニラ 18.07.--:28名下船 18.08.01:(第916船団)マニラ〜      〜08.03 1714(N09.53-E117.37)パラワン島ロングポイント岬288度47浬にて          対潜戦闘:八糎砲2発発射〜      〜08.07昭南 18.--.--:昭南で入渠、病院船に改造 18.10.--:陸軍配當船として運航終了 18.10.--:解傭
18.10.07:徴傭:陸軍病院船、第三船舶司令部所属 18.10.09:陸亞普第1595号:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼
18.10.11:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)乗船 18.10.22:昭南〜10.27マニラ 18.10.28:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)退船
18.10.30:マニラ〜11.04パラオ
18.11.05:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)乗船 18.11.06:パラオ〜11.09ウエワク11.09〜11.12パラオ 18.11.13:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)退船
18.11.14:パラオ〜11.17ウエワク11.17〜12.04パラオ 18.12.07:パラオ〜12.10ウエワク12.11〜12.14パラオ 18.12.19:パラオ〜12.25マニラ12.28〜12.31高雄01.03〜01.04基隆01.06〜01.13宇品 19.02.08:門司〜02.12馬公02.14〜02.15基隆02.19〜02.23パラオ 19.02.27:パラオ〜03.01マニラ03.04〜03.08パラオ 19.03.11:パラオ〜      〜03.14(S02.14-E124.37)B24の攻撃により被弾〜      〜03.14ウエワク 19.03.14:ウエワク〜03.15ホーランジャ03.18〜03.18パラオ 19.03.29:パラオ〜04.01マニラ04.07〜04.09高雄 19.04.10:高雄〜04.11基隆04.12〜04.15門司 19.04.21:19.03.14に銃爆撃を受けたことに対して対米抗議提出 19.05.06:宇品〜基隆
19.05.12:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)の一部乗船 19.05.12:基隆〜05.16宇品 19.05.--:病院船衛生第五六班(曉第六七七九部隊)退船 19.05.--:宇品〜05.27大阪 19.05.28:大阪〜06.06マニラ
19.06.08:病院船衛生第二班(曉第四〇三二部隊)乗船 19.06.09:マニラ〜06.15大阪 19.06.16:大阪〜06.16門司 19.06.23:門司〜マニラ 19.06.27:マニラ〜07.08大阪 19.07.09:大阪〜07.13香港07.21〜08.02神戸 19.08.20:宇品〜08.24基隆08.24〜08.27マニラ09.02〜09.04大阪 19.09.05:大阪〜09.07ハルマヘラ09.07〜09.09メナド09.10〜09.17高雄 19.09.17:高雄〜09.22門司 19.09.26:門司〜09.29基隆09.30〜10.03マニラ 19.10.07:マニラ〜10.09基隆10.10〜10.13門司 19.10.15:門司〜10.15宇品 19.10.19:門司〜10.23高雄10.24〜10.26マニラ 19.11.05:マニラ港西方約16浬にて米グラマンから機銃掃射を受ける 19.11.06:マニラ〜11.08高雄11.13〜11.16鹿児島 19.11.--:鹿児島〜11.30門司 19.11.30:病院船衛生第二班(曉第四〇三二部隊)退船
19.--.--:門司〜鹿児島 19.12.02:鹿児島〜12.07基隆12.12〜12.17マニラ12.19〜12.22高雄 19.12.26:高雄〜12.28マニラ12.29〜01.01聖雀01.05〜01.09昭南 20.01.10:昭南〜01.14ベラワン01.15〜01.18昭南 20.01.18:昭南〜01.19アピー〜01.25昭南 20.01.26:昭南〜イヤ〜02.03ジャカルタ〜アンボン〜マカッサル〜スルメ〜クーパン〜      〜ビマ〜プロホリンゴ〜03.21ジャカルタ03.21〜03.22昭南 20.03.--:昭南〜03.26ポートブレヤ〜04.04昭南 20.04.05:昭南〜04.07ポートブレヤ〜04.23昭南 20.04.23:昭南〜04.24聖雀04.25〜04.30昭南 20.05.01:昭南〜05.03ジャカルタ05.03〜05.05昭南 20.05.06:昭南〜05.07ジャカルタ05.11〜05.24昭南 20.--.--:昭南〜08.01カイ諸島 20.08.01:カイ諸島〜      〜08.03 米驅逐艦の臨検を受け拿捕される〜      〜08.07モロタイ島08.14〜マニラ〜ウェーキ島〜10.15浦賀沖
20.08.15:残存:SCAJAP No. T-002 20.08.24:解傭
拿捕場所:オーストラリア北部バンダ海上 拿捕原因:米驅逐艦Charrette(DD-581)及びConner(DD-582)の臨検      (注:Harrison及びJohn Rodgersの臨検によるとする文献もあるがこれは誤り)

同型船

 なし

兵装

(18.08.03現在)
 四十口径八糎砲1門。

(18.10.07以降)
 なし。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.42)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年4月号、昭和10年6月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1972年12月号(P.102)、1980年4月号(P.22)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1995年11月号(P.141)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.202)
 雑誌「丸エキストラ戦史と旅」No.29 潮書房2001年7月号「病院船「橘丸」の拿捕事件」
 モデルアート 日本の客船シリーズ No.1 橘丸 西村慶明
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.241) 
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2489)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.129)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十七巻(P.7,91,95,99)
 "Australian War Memorial", ID Nos. P01299.002, P01464.003, P02555.001-008
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.35)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.27)

前の船へ ← 特設病院船 → 次の船へ

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る